テニス ダブルス

練習メニュー

テニスにおいて「雁行陣の弱点」をケアする為の練習メニュー

雁行陣は安定感のある陣形ですが、唯一の弱点が後衛の前のポジション。

そこをしっかりケアする実戦的な練習メニューです。

 

■人数:4~8人

■レベル:初級~上級

■目的:並行陣を相手にしたとき、自分達が雁行陣で浅いスペースを狙われたときの対応を磨く

 


 

【練習方法】

雁行陣対並行陣の形で行う練習。

サービスを打ってサーブ&ボレーから並行陣になったイメージで、雁行陣の後衛の前に浅いボールを返球したところからのラリー形式で行う。

この練習では、並行陣側のサーバーがシャドゥ(素振り)サーブを打って前にダッシュ、そのタイミングでコートの横から球出しをする。

その球出しを並行陣側の選手が浅くボレー、したところからスタートする。

相手側は浅いファーストボレーが来る!と分かっているので、しっかり前に入ってケアする。

そこからは自由にラリーでOK。

 

【発展練習】

①外からの球出しをスライス気味に出す。

ミックスダブルスで狙われがちな、リターン側の後衛が女性のパターンを想定した練習。

1球目からロブもOK、但し基本はクロスへサーバーの足元へ返球すること。

青の後衛が男性の場合、並行陣側は絶対にポイントを落としてはいけない。

ポイント形式の際にはサーバーが男性、リターンが女性の場合、青が負けたら-2点にしてプレッシャーをかけてやりましょう。

 

②外からの球出しを、ドロップショットのように浅く出す。

この際、並行陣側の前衛が取ってもOK。

判断を早く、声をかけて、赤の後衛は任せたらサイドチェンジしてカバーに入る。

ポイントは並行陣側の前衛の判断力。

「行くのか、行かないのか」「追い付いたらどこに打つのか」を意識して練習する。

リターン側のペアは慌てずに対応。

ポイント形式で行い、片方のペアが〇点取ったら全体でローテーション、または〇点先取という形で行う。

球出しの絶妙な精度が、ものすごく大事です。

 

【ポイント】

雁行陣にとって弱点は、後衛の前のスペース。

だからこそココをカバーできる技術は必ず必要になる。

追い付くまでは良いけど、その後にどういうボールを打つかのバリエーションが少ないと相手はとてもやりやすい。

「とりあえず前に打っておけば、こういう返球しか来ない・・・」と思われると、どんどん狙われる。

前を意識すると、深い球に対応できないという悪循環になりかねない。

前に走った後の選択としては、スライスは必須、そして是非スピンのショートクロス、ストレートを磨いてもらいたいです。

 

【メニュー作成者より一言】

「球出し役」を、皆さんはどの程度やったことがありますか?

普段スクールに通っている人はコーチがやってくれるし、サークルでの練習はラリーが中心・・・という方が多いと思います。

でもこの技術は、実はグループで練習するうえでものすごく重要。

特に今回のメニューでは、相手の前衛が取れるか取れないか・・・という微妙なところに出せればすごく良い練習になるが、甘いと簡単に赤の後衛のアプローチの餌食に。

 

この機会に是非、イメージした通りに「球出し」ができるように練習して下さい。

この練習メニューの球出しができるようになれば、そのボールが7割くらいは打てるようになったようなもの。

球出しこそ、実は一番良いショットの基本練習の一つなのです。

ピックアップ記事

  1. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  2. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  3. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  4. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  5. 今年も半分が過ぎましたので、アンケートを実施させて頂きます

関連記事

  1. テニス ボレー

    練習メニュー

    ボレーボレーの応用編、「両足固定」で何回続くかやってみよう!

    練習前のアップで、ボレーボレーをやる機会多いと思います。ここで…

  2. テニス メンタル

    練習メニュー

    練習から、「負けたまま」で終わる癖を付けないようにすることが大事

    テニスの試合って、ポイントの奪い合い。どっちかが取れば、次に取…

  3. テニス ストローク

    練習メニュー

    テニスに必要な「広いコートカバーリング」を身に付ける為の球出し基本練習メニュー

    テニスのストロークに必要な前後の動き。これをしっかり身に付ける…

  4. テニス 気付き

    練習メニュー

    良い練習をしていても、すぐに結果が出るとは限らないのがテニスというスポーツ

    なかなか、練習の成果が出ない。結果につながらない・・・と、悩ん…

  5. 練習メニュー

    「部活の練習の雰囲気を変える!」勝てるチームが実践している、競争原理に基づく工夫とは?

    高校や大学の体育会、サークルでも本気で試合に勝ちたいとテニスに取り組む…

  6. テニス 戦術

    練習メニュー

    「普通にクロスでストロークラリーを練習」していても、試合で勝てません。必要なのは・・・?

    部活や練習で、ストロークのクロスラリーの練習をする機会は多いと思います…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス 練習

    メンタル

    練習でも試合でも、テニスコートに立てば人格を変えられる人になろう
  2. テニス サーブ

    サーブ

    サーブ&ボレーでは、「打ちながら前に出る?打ってから、前に出る?」の疑問について…
  3. ストローク

    今一度考えて欲しい、「速くて低いストロークと、山なりで深いストローク」は、どちら…
  4. ボレー

    「試合が強い選手のボレーボレー」練習は、ココが違う!4つのポイント
  5. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合、「弱い側から動く」ことが出来ないから勝てないんです
PAGE TOP