テニス ダブルス

練習メニュー

テニスにおいて「雁行陣の弱点」をケアする為の練習メニュー

雁行陣は安定感のある陣形ですが、唯一の弱点が後衛の前のポジション。

そこをしっかりケアする実戦的な練習メニューです。

 

■人数:4~8人

■レベル:初級~上級

■目的:並行陣を相手にしたとき、自分達が雁行陣で浅いスペースを狙われたときの対応を磨く

 

【練習方法】

雁行陣対並行陣の形で行う練習。

サービスを打ってサーブ&ボレーから並行陣になったイメージで、雁行陣の後衛の前に浅いボールを返球したところからのラリー形式で行う。

この練習では、並行陣側のサーバーがシャドゥ(素振り)サーブを打って前にダッシュ、そのタイミングでコートの横から球出しをする。

その球出しを並行陣側の選手が浅くボレー、したところからスタートする。

相手側は浅いファーストボレーが来る!と分かっているので、しっかり前に入ってケアする。

そこからは自由にラリーでOK。

 

【発展練習】

①外からの球出しをスライス気味に出す。

ミックスダブルスで狙われがちな、リターン側の後衛が女性のパターンを想定した練習。

1球目からロブもOK、但し基本はクロスへサーバーの足元へ返球すること。

青の後衛が男性の場合、並行陣側は絶対にポイントを落としてはいけない。

ポイント形式の際にはサーバーが男性、リターンが女性の場合、青が負けたら-2点にしてプレッシャーをかけてやりましょう。

 

②外からの球出しを、ドロップショットのように浅く出す。

この際、並行陣側の前衛が取ってもOK。

判断を早く、声をかけて、赤の後衛は任せたらサイドチェンジしてカバーに入る。

ポイントは並行陣側の前衛の判断力。

「行くのか、行かないのか」「追い付いたらどこに打つのか」を意識して練習する。

リターン側のペアは慌てずに対応。

ポイント形式で行い、片方のペアが〇点取ったら全体でローテーション、または〇点先取という形で行う。

球出しの絶妙な精度が、ものすごく大事です。

 

【ポイント】

雁行陣にとって弱点は、後衛の前のスペース。

だからこそココをカバーできる技術は必ず必要になる。

追い付くまでは良いけど、その後にどういうボールを打つかのバリエーションが少ないと相手はとてもやりやすい。

「とりあえず前に打っておけば、こういう返球しか来ない・・・」と思われると、どんどん狙われる。

前を意識すると、深い球に対応できないという悪循環になりかねない。

前に走った後の選択としては、スライスは必須、そして是非スピンのショートクロス、ストレートを磨いてもらいたいです。

 

【メニュー作成者より一言】

「球出し役」を、皆さんはどの程度やったことがありますか?

普段スクールに通っている人はコーチがやってくれるし、サークルでの練習はラリーが中心・・・という方が多いと思います。

でもこの技術は、実はグループで練習するうえでものすごく重要。

特に今回のメニューでは、相手の前衛が取れるか取れないか・・・という微妙なところに出せればすごく良い練習になるが、甘いと簡単に赤の後衛のアプローチの餌食に。

 

この機会に是非、イメージした通りに「球出し」ができるように練習して下さい。

この練習メニューの球出しができるようになれば、そのボールが7割くらいは打てるようになったようなもの。

球出しこそ、実は一番良いショットの基本練習の一つなのです。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  2. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的でオススメなテキスト5つ
  3. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  4. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  5. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品

関連記事

  1. テニス メンタル

    練習メニュー

    テニスの練習、基本的な考え方は「試合よりも難しい環境」の中に身を置いて鍛えることです

    強いテニス選手、学校、チームの選手は、口を揃えてこう言います。…

  2. テニス メンタル

    練習メニュー

    ボレー対ストロークの練習は、ボレーヤーの位置に気を付けないと練習の意味が無い

    この練習、皆さんもよく実践しているんじゃないでしょうか?ボレー…

  3. テニス 雪

    練習メニュー

    「挑戦するキャプテン、しないキャプテン」によって、チームの挑戦力の絶対量は決まる

    部活やサークル、社会人チームやテニススクール。皆さんも色々な環…

  4. テニス メンタル
  5. テニス メンタル

    練習メニュー

    「ドロップボレーにも冷静に対応」できるように、浅いボールへの対応力を鍛える練習メニュー

    浅いボレーの処理はしっかり練習しないと身に付きません。ストロー…

  6. テニス メンタル

    練習メニュー

    テニスでの「ラリー練習」は一工夫することでより試合で活かせる練習になる!

    普段の練習で、何げなくやっている「ラリー練習」。でもどこか緊張…

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. サーブ

    テニスの試合、「山なりでスピンスライスのワイドサーブ」を身に付ければ、相手をコー…
  2. テニス ボレー

    ボレー

    テニスの試合で、「厳しいロブをしっかりカットして粘りたい」ときには、まず相手の出…
  3. テニス ボレー

    練習メニュー

    テニスの練習の基本、「自分のテーマと、相手のテーマ」を理解して実践出来ているだろ…
  4. その他

    試合で勝てるチームを作るテニス部のキャプテンは、「仕事を任せられる人」です
  5. テニス イベント

    ストローク

    「やっぱりバックハンドストロークが苦手・・・」打点が遅れてしまう悪循環について
PAGE TOP