テニス ダブルス

ダブルス

テニスの試合で「ダブルスの雁行陣の弱点」は、学生プレイヤーの皆さんにも覚えておいて欲しい

「雁行陣」という言葉が、テニスにはあります。

前衛と後衛が、はっきり分かれて前後にポジションを取る、ソフトテニスでも基本的なこの陣形。

よほどネットプレーに自信があったり全国出場を狙う選手であれば、学生の方でも並行陣を見る機会はありますが、ほとんどはこの雁行陣での戦いがベースにあるはず。

改めて、この陣形の「弱点」について確認してみませんか?

きっと知らず知らずのうちに、「なぜか勝てないダブルス」に陥っている人は、何か改善のヒントが見つかるかも知れません。

 

テニスの試合で「ダブルスの雁行陣の弱点」は、学生プレイヤーの皆さんにも覚えておいて欲しい

 

1.弱点はずばり、「後衛の前」のスペース

結論から言うと、弱点はずばり「後衛の前」のスペース。

浅いボールはチャンス!と思っていても、ドロップショットが上手い相手ではココを突かれてしまいます。

学生の皆さんはまだフットワークが良いので、前のスペースもある程度はカバーが出来る。

ですが・・・ありがちなのは、このボールを前衛が取るのか、後衛が取るのかがはっきりしないケース。

ペアとしての成熟度、連携度が浅いとスムーズな対応が難しい。

少しでも「2人で同時に追いかけてしまう」などの隙を見せると、ダブルス巧者のペアはそこを攻撃してくるので、注意が必要です。

 

2.深く押し込まれた後衛にとって、浅いボールの処理は厳しい

雁行陣でのクロスラリー、押し込まれていくと徐々にポジションを下げられていきますよね。

そうなると、この弱点はどんどん広がっていくことを、しっかり覚えておきましょう。

前衛はしっかりそれを悟って、後衛が押されているなら無理やりにでもポーチに出る、浅いボールは自分が走るなど、しっかり考えながらサポートしましょう。

特にストロークが協力な相手な試合では、こういった考え方が必要になります。

 

3.「弱点」を知れば「攻撃方法」が見えてくる

弱点をカバーする、という発想はもちろん大切です。

後ろにずるずる下がる戦い方をしないように、ライジングショットを磨いてベースラインから下がらないように技術を磨くことも出来る。

同時に、相手雁行陣を攻撃していくイメージも湧いてくるはずです。

後衛の前、前衛が触れないような場所に、ショートクロスやドロップショットを打てれば、きっと有効な攻撃方法になる。

そう考えると、ショートクロスやドロップショットといった技術も必要だと、肌で感じることでしょう。

漠然と技術を練習するのではなく、実際の試合でなぜ必要なのか、を考える癖を身に付けると上達も速いです。

 

年齢と共に、一番衰えてくるのは脚力です。

前方向へのダッシュ力は、必ず誰しも衰えてくるものなのです。

だからこそ、大人のプレイヤー、ベテラン選手は自然に前のスペースを潰す並行陣に移行していく。

雁行陣って、ある程度脚力が無いと成立しない陣形なのです。

どんな陣形、プレースタイルにもその特徴がある。

ただ調べるだけでなく、自分で考えて何かしらの結論を出してみて下さい。

きっと考えるテニスも身に付いて、試合にも強くなるはずです!

ピックアップ記事

  1. 【読者の皆さまへ】アンケートのお願いです
  2. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  3. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  4. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  5. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスで効果的な攻撃が出来る選手は、「常に2/4で空いているコートスペース」を意識している

    「上手い!」とうなるようなダブルスの名手、あこがれますよね。試…

  2. テニス 名著

    ダブルス

    ダブルスペアで、「最近、マンネリ化してるな・・・」と感じたなら、絶対試して欲しいこと

    どうも最近、ダブルスペアで勝てない・・・。この際、ペアを変える…

  3. テニス メンタル

    ダブルス

    「サーブが強い、ボレーも手堅い・・・」そんな強豪ダブルス並行陣ペアを倒すのに、必要な意識4つ

    ダブルスの試合をしていて、サーブもボレーも強力で手強い。並行陣…

  4. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスの試合で2バックの陣形から、「浅いボールに対しては2人で一気に」前に出て攻撃していこう!

    ストロークが得意な選手がペアを組んだり、相手のサーブが強力なときには、…

  5. ダブルス

    テニススクールでは教えてくれない、男子ダブルスの最前線

    最近の男子ダブルス、学生や一般のトップレベルの試合を観て、感じること。…

  6. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの並行陣で、実戦で使える得点パターンまとめ5つ

    ダブルスの試合、勇んで前に出て並行陣。でも・・・相手のミス待ち…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス 前衛

    ストローク

    テニスの試合で攻撃していくときには、「直前に打つコースを決める」感じだと上手くい…
  2. テニス 準備

    ストローク

    ドロップショットをしっかり止めるには、ラケットヘッドは「フォロースルーで前に出さ…
  3. その他

    「君はパワーポジション、を知っているか?」テニスの基本となる姿勢を覚えよう!
  4. テニス ラケット

    ストローク

    ストロークでしっかり伸びを出したいなら、「自分が打つときにラケットのしなり」を感…
  5. テニス メンタル

    メンタル

    本当にテニスの試合に強くなりたければ、「真剣勝負の場数を増やす」ことを最優先に考…
PAGE TOP