テニス 緊張

戦術

テニスの試合で「ポイントの取り方」が、上手い人と下手な人の違いについて

目次

試合運びが上手い人って、みなさんの周りにもいませんか?

上手くポイントを取るところ、を逃さない。

失うポイントもあるけど、さほどダメージが無いような場面でしか、失点しない。

こういう人の考え方って、どうでしょう。

私が想像していること、を書いてみたいと思います。

テニスの試合で「ポイントの取り方」が、上手い人と下手な人の違いについて

1.上手い人は、ポイントをつなげて考えている

ポイントを取るのが上手い人って、どんなイメージでしょう。

私は、「相手が何を考えているのか、を意識してプレー出来る人」だと思います。

試合の中でポイントを、つなげて考えることが出来るんですよね。

例えばシンプルな例なら、相手がダブルフォルトをした、としましょう。

当然、その後のサーブは、ファーストサーブを入れてくる可能性が高いですよね。

だから、セカンドサーブ並みに前に踏み込んで、攻撃していく。

その次は、もう一度ムキになって速いサーブ、を打って来るかもしれない。

ということを感じて、下がり目で待つ。

ポイントを、相手の目線でつなげて考えると、先回りが出来ますからね。

こういう人が、ポイントを取るのが上手い人、だと思います。

2.下手な人は、前のポイントもその次のポイントも、考えていない

良く言えば、目の前のポイントに集中している、になります。

でも、それは当たり前の話。

目の前のポイントに集中しながら、前のポイントがどうだったのか、相手は何を考えているのか。

今からやる作戦、ショットは、この後にどんな影響があるんだろうか。

これを考えること、が大事なんです。

例えば、その前のポイントをサーブ&ボレー、ネットプレーで失点しているなら、相手のリターンは浅くなる可能性が高い。

前に来る相手、を警戒している感じでしょうからね。

強い相手ほど、前のポイントをしっかり意識して、頭に入れて戦うのがテニスです。

3.ショットの良し悪し、ではなく使い方

ショットのレベル差なんて、私はそう無いと思います。

要は使い方。

ある技術を、どう使うのか。

そのために、ポイントがどうつながっているのか、を考えることが出来る人は強い。

上手くポイントを取れる人は、そういうパターンを持っているんですよね。

当然、ショットの種類も豊富だし、相手を動かすパターンも豊富。

だから、相手はより警戒して難しい選択を迫られるようになる、のがテニス。

ポイントを取るのが上手い人は、まずは多様性がある、ということ。

それから、相手目線でプレー出来ること、が出来る人ですね。

ショットの良し悪し、ではないと私は思いますよ。

4.「上手くやろう」とは、思わなくて良い

つい、試合ではこう考えてしまいがち。

ポイントを取るのが上手い人=涼しい顔で、楽に試合を進めている人、というイメージもありますよね。

でも、それは違います。

本当にポイントを取るのが上手い人は、実は泥臭く、色々な考えを緻密に巡らせている。

みなさんが考えている、4倍くらいは考えていると思った方が良いでしょう。

上手くやろう、ではなく、泥臭くいこうでちょうど良い。

それが結果的に、ポイントを取る近道になるはずです。

まずは、記憶力を鍛えましょう。

プレーしながら、前の前、その前のポイントをすぐに思い出せるかどうか。

こういうトレーニングは、練習試合から行っておくことが大事です。

テニスは、前のプレーに必ず影響される。

それを上手く活用しながら、正しくリスクを冒して試合を進めていきましょう!

ピックアップ記事

  1. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  2. ラジオ番組、始めました!
  3. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  4. Note はじめました
  5. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった

関連記事

  1. 戦術

    相手の良いショットは、「続かない」

    試合の中で、私自身がいつも意識していること。特に、格上相手と…

  2. テニス ストローク

    戦術

    集中力を上げる、自分のポイントパターンを持っておこう

    試合に強い人、勝負強い人は、「一気に集中力を高める」のが出来る。…

  3. テニス メンタル

    戦術

    試合中盤までに「相手の一番良い球」を、必死で攻略しよう

    テニスの試合、強い相手をなぜ強いと感じるのか。それって、「これ…

  4. 戦術

    ダブルスの雁行陣、のポジショニングの基本について

    ダブルスの基本、雁行陣。今回は、ちょっとした図も入れながら確認…

  5. テニス ダブルス

    戦術

    テニスの試合では、「あえてコースを空けて待っている相手選手の罠」に、気を付けろ!

    試合では、攻撃しているつもりでも「はめられている」ケースも多い。…

  6. 戦術

    相手が奪う時間に、付いていく

    強い相手との試合では、これが大事。みなさんも、きっと経験自体…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ストローク

    両手バックハンドストロークのコントロールアップは、アゴの使い方に秘密が有る
  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合で、「もう駄目かも‥」と思うときは逆にチャンス!と認識して諦めないこ…
  3. テニス 錦織圭

    フットワーク

    テニスの試合で「守備が苦手・・・」な人は、自分が打ったコースと守るテリトリーを意…
  4. テニス メンタル

    メンタル

    アナタが恐れるべきは、対戦相手ではなく「臆病な自分」
  5. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「ロブで抜かれてチェンジ!が遅い前衛」は、決断力と切り替えが遅…
PAGE TOP