テニス 部活

戦術

根拠の無いショット一つが、テニスの試合では対戦相手を助け続ける

みなさんが試合で、失点するとき。

それって、「何となく」でプレーしてしまったようなポイント・・・じゃないでしょうか。

私もよく、これはやってしまいます。

特にダブルス、なんですよね。

何となく、結論が出ないままにプレーして、何がしたいのか分からないままに終わってしまう。

こういうのって、言ってしまえば癖です。

癖を直していかないと、毎回大事な試合で・・・こういうこと、繰り返してしまいますよ。

 

根拠の無いショット一つが、テニスの試合では対戦相手を助け続ける

 

1.相手が打ち返しやすいのには、理由がある

みなさんも、そうじゃないですか?

意志の無い相手、ボールは、軽い。

軽いから、打ち返しやすい、攻撃出来る。

技術がある人はたくさんいるけど、そういう人のテニスが全て「重たいボール」で構成されている訳じゃない。

意外と、軽いボールも多いんですよね。

技術はあるけど、意志が無い。

そんなボールって、テニスではすごく楽なんですよ。

何となくボールを打っている、ような相手はコースも読める。

意志がある、狙いがある相手は、やっぱりやり辛い。

テニスってそういう競技です。

 

2.得意ショットは、読みやすい?

確かに、試合では「得意ショット」が分かれば対応は出来る。

バックハンド側を狙うようなサーブ、が得意な選手も多いじゃないですか。

でも、そういう選手って・・・簡単に攻略出来ない。

なぜなら、相手は自分の武器を磨いてきていますからね。

バックハンド狙い、に対応してくる相手も慣れている。

読みやすいからと言って、簡単に攻略出来るわけじゃない。

意志がある、武器がある相手は、それだけ勝ちに飢えている相手ですからね。

意志のある相手、意図あるショットは強い。

その覚悟で、挑んでいきましょう。

 

3.アナタ自身は、しっかり相手に「意志」を伝えよう

意志を伝える、ということは、根拠があるショットを打つということ。

自分が後で振り返って、「なぜ、あの時にあのショットを打ったのか?」と聞かれて、ハッキリ答えられるということ。

アナタ自身、意志を伝えるくらいの気持ちでプレーして良いでしょう。

打つコース、戦術がバレても良い。

それが根拠のあるボールを打つ、ということ。

根拠のあるボールは、相手にとって脅威になる。

根拠の無いボールは、相手にとって格好の鴨になる。

この差が、そのまま試合での差となっていくことを覚えておく。

これだけでも、テニスの試合の結果は変わってくると思いますよ。

 

4.練習から、ショットに意志を伝えよう

練習のテーマ、自分のテーマ。

しっかりと意志を持ってプレーをする。

当たり前のようで、これが出来ないんですよね。

毎回考えてプレーをするって、しんどいし疲れる。

でも、試合で勝ちたいなら必要なことです。

それに、考えて結論を出してプレーしている人は、自分のプレーを覚えていますからね。

記憶力を引き出して、自分の武器に出来る。

これは非常に大きなポイントですよ。

記憶力に乏しい人は、テニスでまず結果は出せない。

そして、自分の意志が無い人がほとんどなのですから。

 

強い人は、しっかり自分のプレーを覚えている。

なぜなら、意志と意図があるからなんですよね。

だからテニスを言葉にできるし、テニスノートにも具体性がある。

こういう人は、どんどん強く、上手くなっていく。

アナタ自身、少しだけ姿勢から見直してみませんか?

意志を持つ、のに、レベルも何もありません。

そこに意志、があるかどうかです。

ピックアップ記事

  1. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  2. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  3. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  4. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  5. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    勝ち癖を付けたければ、負け癖を経験するのが一番

    苦しい試合を、ものにしていく選手。トーナメントの上位に残る選手…

  2. テニス スマッシュ

    戦術

    ノーアドバンテージ形式の試合は、とにかく「先行型」が大前提

    テニスの試合、大きく分けて二つあると思います。一つは、デュース…

  3. テニス マナー

    戦術

    夏こそ「先手必勝」、がテニスの試合の基本

    これからの時期の試合、考えるだけでも辛いですよね。でも、だから…

  4. テニス スライス

    戦術

    中途半端に浅いボールが、テニスでは一番攻撃されやすいから注意!

    相手に攻撃されやすい人は、それなりの理由がある。自分では一生懸…

  5. テニス 準備

    戦術

    勝負球を絞ったうえでの失点は、大歓迎のスタンスでいこう!

    皆さん、よく考えて欲しいポイント。やっぱり、失敗は怖い・・・で…

  6. 戦術

    突き抜けたものを見ないと、実は普通すら分からない

    「アナタのテニス観は、普通じゃないですよね」というお言葉を、よ…

特集記事

  1. その他

    試合の後に、相手に感想を聞く時のマナーについて
  2. テニス ストローク

    フットワーク

    打った後に動かない、のが強いテニス選手の基本姿勢
  3. テニス サーブ

    練習メニュー

    試合に必要な「サーブリターンの練習」、こそ工夫しよう
  4. テニス ダブルス

    戦術

    緊張感の高まる場面では、ポイントは奪うのではなく「与えない」意識で
  5. テニス ボレー

    ストローク

    ロブレド選手に見る、参考にしたい片手バックハンドのテイクバック
PAGE TOP