テニス メモ

戦術

記憶力が乏しい選手は、テニス選手として成長出来ない

私たちの生活、以前と変わってきたこと・・・。

年齢が30代の私が感じるのは、「記憶する」ということが極端に少なくなったなということ。

漢字、電話番号、住所に人の顔・・・全ては今、パソコンやスマートフォンで調べられるし、ストック出来ますからね。

自分の脳を使って記憶する、ということが必要無い。

でもこれって、どうでしょう。

私はテニス選手としての能力の醸成、にはマイナスだと思いますよ。

 

記憶力が乏しい選手は、テニス選手として成長出来ない

 

1.自分の記憶力、どのくらい?

そもそも、こういうのを測る機会も少なくなりましたよね。

機械に頼りっぱなし、という感覚も無いでしょう。

つい、便利なものは身近に置いてあると、使ってしまうしそれが当たり前になっていく。

確かに楽だし確実、良いことずくめですが・・・自分の記憶力が落ちて来る、能力が乏しくなるという危機感も無くなる。

テニスの試合って、実はこういう「記憶力」が大事なんですよ。

自分の記憶力、どれくらいだろう・・・?

最近鍛えられているのかな・・・?

というのは、常に意識して欲しいポイントなんです。

2.テニスの試合に強い人は、記憶力が凄い

最近、ベイビーステップの漫画でも再認識されてますが・・・テニスは、記憶を辿って相手を予測するスポーツ。

瞬時に判断するとき、人は、そんなにたくさんのパターンを持っていない。

「あるある」なコース、得意なコース、癖は必ずあるんです。

それをしっかり記憶して、自分の中で予測に落とし込めるかどうか。

これは、実は見落とされがちですがすごく大事なこと。

それに、試合に勝つだけじゃない。

テニス選手として記憶力が良いと、すごくネットワークも広がりやすいんですよ。

 

3.しっかり挨拶が出来る、人の名前を覚えられる人はモテモテ

当たり前ですが、これが出来るには記憶力が良い、というのが前提になる。

皆さんも、何回かテニスしたことあるけど、あの人の名前・・・何だっけな・・・?

という人、いますよね。

そういう人の名前を憶えておいて、試合会場で会ったら名前で呼んで挨拶してみる。

これが出来る人って、間違いなくテニス界で人気者になるし、モテモテプレイヤーになる。

新しい練習にも誘われるし、ダブルスペアだって探しやすい。

「試合に強い人」は、皆さんの周りでもこういう人じゃないですか?

しっかり挨拶出来て、人の名前を憶えてコミュニケーションが取れる。

そのまま、それがテニスの実力につながっていくと私は思いますよ。

 

4.人に興味が湧いて来ると、テニスは強くなる

記憶力が良い人は、人をよく見ているし観察している。

私は何度も、テニスは相手ありきのスポーツでその観察力、は大事と書いてきました。

でも、人に興味が湧かないと観察しようと思わないし、記憶も出来ない。

これが難しいところなんですよね・・・結構差、になって出る気がします。

記憶力が良い人は、テニスをする人に興味深々。

「あの人は、あの時こういうショットを打った」

「あの人は、センターへのサーブがすごく良い」

ちょっとしたことを、よく覚えている。

皆さんも、記憶力のトレーニングはしっかり人に興味を持つことから、でしょう。

身近な仲間、について、今何が思い出せますか?

得意なショット、コース、性格、ポイントパターン、実績・・・。

何も浮かんで来ない人は、ちょっとテニス選手としては黄色信号だと思います。

 

記憶力をトレーニングする方法。

私はその一つは、「書く」ということだと思います。

テニスノートに書く、書くという作業は実は記憶とすごく相性が良い。

対戦した相手、仲間、誰でも良い。

誰かのテニスについて、知っていることや感じたことを書いてみる。

そうすると、自然に記憶のメモリーも溜まっていくでしょう。

ピックアップ記事

  1. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  2. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  3. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  4. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  5. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ

関連記事

  1. テニス リターン

    戦術

    テニスの試合で、「相手が打つボールを予測する」ときに必要な4つのポイント

    試合の中で、相手が打つコースを予測する。簡単なようで、テニスは…

  2. テニス ストローク

    戦術

    「テニスの試合における守備意識」で、大切なポイント6つ

    攻撃より、まずは守備。これはテニスだけじゃなく、あらゆるスポー…

  3. 戦術

    試合で「集中」なんて、急には出来ない

    一本集中!この言葉、何度聞いたか分かりません。もちろん…

  4. テニス サーブ

    戦術

    テニスコートの現場から離れて時間が経つと、みんな上から目線になっていく

    久しぶりに元テニス仲間、と会ったりして話すと感じること。「あ、…

  5. 戦術

    相手の走力と、走る意欲を確認しよう

    相手によって、一番違うもの。それは、私は走力だと思います。…

  6. テニス ストローク

    戦術

    テニスの試合では、「ボールの滞空時間を作り、奪い合うこと」が勝利への鍵になる

    テニスのラリーの中で、意識して欲しいのは時間の奪い合い。ここに…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ストローク

    初中級の壁を越えるなら、ストロークを振り切ること
  2. テニス ダブルス

    ボレー

    低い位置でのボレー、基本通りだと打ち辛いと思う
  3. その他

    「第90回全日本テニス選手権」本戦出場選手リストが発表!今年は面白いです
  4. ストローク

    深いボールも、慌てなくて良い理由とは?
  5. テニス シングルス

    ストローク

    テニスの試合で、「攻撃的にプレーゾーンを前」にしたければ改善しないといけない5つ…
PAGE TOP