テニス 練習

戦術

テニスのラリーの組み立ての中で、「オープンスペースを作ったら、視野を広く」を考えるとポイントが獲りやすい

ラリーの中で、ポイントを組み立てて試合を作る。

戦術で勝っていくのって、理想的ですよね。

相手をよく観察することや、基本戦術の準備は何度かご紹介してきましたが、具体的にラリーの中でどういう意識を持っておくと、戦いやすいのか。

特にシングルスでは、相手を動かすことで「オープンスペース」は出来やすい。

だからこそ、オープンスペースは作ってからが、大事なのです。

 

テニスのラリーの組み立ての中で、「オープンスペースを作ったら、視野を広く」を考えるとポイントが獲りやすい

 


 

■ただのオープンスペース狙いは、カウンターを食らいやすい

相手を動かして、コートが空いている、チャンス!

と思っても、当然相手はアナタが打つ前にケアに走り出している。

それでも、と狙って打ってみても、足が速く粘り強い相手はカウンターを狙っているから注意が必要。

ここで大事なのは、しっかり「周りを俯瞰して観る」力、です。

オープンコートが出来ているからと言って、普通にそこを狙うだけなら小学生でも出来る訳ですから。

 

■シコラータイプの選手は、走らせても相手のリズムになるだけ

典型的なシコラータイプは、オープンスペースなんて作られ慣れている。

走る、返球する、粘るのが大好きだから、そのまま走らせても相手を気分良く乗せてしまうだけ。

であれば、しっかり考えておきたいのは、「逆を突く」ことと「コートを前後に使う」ということ。

右に走らせて、もう一回右側を突いてみる、そして前にドロップショットも打ってみる、とシコラータイプの相手も手詰まりになる。

立体的にコートを使うには、広い視野と客観的な目線が大事です。

 

■オープンスペースを作ることが出来れば、展開力で勝負

最初にオープンスペースを作る、にはやっぱり工夫が必要。

ワイドへのスライスサーブだったり、タイミングの速いライジングショットで時間を奪ったり、その技術は必要です。

ですが、この技術だけでは試合に勝てない。

そこからチャンスを拡げて、相手を迷わすような選択肢の多さ、戦術が無いと上のレベルでは通用しない。

ぜひアナタ自身、どんなショットでこのチャンスを広げることが出来るのかを、普段の練習の中で考えてみて下さい。

一皮むける、強いテニス選手になれるはずです。

 

良いショットを持っていても活かせていない。

逆に目立ったショットが無くても試合で勝てる、選手にはこういった部分で差があるのだと思います。

テニスの試合は読み合い、時間の奪い合い。

相手をいかに動かして、最終的にポイントにつなげていくのか・・・を、自分なりに考えてみましょう。

あとは実践、あるのみです!

ピックアップ記事

  1. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  2. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  3. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  4. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  5. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい

関連記事

  1. テニス 雑誌

    戦術

    テニスの作戦、戦術、理論は、「頭だけで覚えようと思ってもダメ」な理由について

    テニスの戦術、作戦が、頭に入らない・・・という人は多い。これっ…

  2. テニス 計算

    戦術

    「しっかり組み立ててくる対戦相手」を、歓迎出来る自分で

    試合中に、「何かまるで、コーチみたいな配球・・・」と思えるくらい、しっ…

  3. テニス ストローク

    戦術

    アプローチショットに必要なのは、絶対にコレ

    アプローチショット、打って前に出るショット。ネットプレーにつな…

  4. テニス メンタル

    戦術

    「急にテニスが上手くなる」日は、必ず来る

    みなさんの中にも、「急に強くなった人」いるんじゃないでしょうか?…

  5. 戦術

    試合のリズムは、「デュースサイドは堅実に、アドサイドで冒険」を

    私が試合の中で、サイドごとに意識していること。もう、無意識に近…

  6. テニス メンタル

    戦術

    「諦めない試合」にするには、どうすれば良いのか?

    「諦めるな!まだまだここから!」と、応援されるけど、正直しんど…

特集記事

  1. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの後衛の選手、センターに戻り過ぎてない?
  2. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークのリズム感が取れない人は、「ボールがバウンドするのと踏み込む足のタイミ…
  3. ダブルス

    パートナーに伝えることで、自分の迷いも捨てられる
  4. テニス メモ

    戦術

    諦めて終わるのと、諦めないで終わる試合の違いについて
  5. テニス メンタル

    ボレー

    ハイボレーを、「力の入らない場所」で打ってないですか?
PAGE TOP