テニス 練習

戦術

テニスのラリーの組み立ての中で、「オープンスペースを作ったら、視野を広く」を考えるとポイントが獲りやすい

ラリーの中で、ポイントを組み立てて試合を作る。

戦術で勝っていくのって、理想的ですよね。

相手をよく観察することや、基本戦術の準備は何度かご紹介してきましたが、具体的にラリーの中でどういう意識を持っておくと、戦いやすいのか。

特にシングルスでは、相手を動かすことで「オープンスペース」は出来やすい。

だからこそ、オープンスペースは作ってからが、大事なのです。

 

テニスのラリーの組み立ての中で、「オープンスペースを作ったら、視野を広く」を考えるとポイントが獲りやすい

 


 

■ただのオープンスペース狙いは、カウンターを食らいやすい

相手を動かして、コートが空いている、チャンス!

と思っても、当然相手はアナタが打つ前にケアに走り出している。

それでも、と狙って打ってみても、足が速く粘り強い相手はカウンターを狙っているから注意が必要。

ここで大事なのは、しっかり「周りを俯瞰して観る」力、です。

オープンコートが出来ているからと言って、普通にそこを狙うだけなら小学生でも出来る訳ですから。

 

■シコラータイプの選手は、走らせても相手のリズムになるだけ

典型的なシコラータイプは、オープンスペースなんて作られ慣れている。

走る、返球する、粘るのが大好きだから、そのまま走らせても相手を気分良く乗せてしまうだけ。

であれば、しっかり考えておきたいのは、「逆を突く」ことと「コートを前後に使う」ということ。

右に走らせて、もう一回右側を突いてみる、そして前にドロップショットも打ってみる、とシコラータイプの相手も手詰まりになる。

立体的にコートを使うには、広い視野と客観的な目線が大事です。

 

■オープンスペースを作ることが出来れば、展開力で勝負

最初にオープンスペースを作る、にはやっぱり工夫が必要。

ワイドへのスライスサーブだったり、タイミングの速いライジングショットで時間を奪ったり、その技術は必要です。

ですが、この技術だけでは試合に勝てない。

そこからチャンスを拡げて、相手を迷わすような選択肢の多さ、戦術が無いと上のレベルでは通用しない。

ぜひアナタ自身、どんなショットでこのチャンスを広げることが出来るのかを、普段の練習の中で考えてみて下さい。

一皮むける、強いテニス選手になれるはずです。

 

良いショットを持っていても活かせていない。

逆に目立ったショットが無くても試合で勝てる、選手にはこういった部分で差があるのだと思います。

テニスの試合は読み合い、時間の奪い合い。

相手をいかに動かして、最終的にポイントにつなげていくのか・・・を、自分なりに考えてみましょう。

あとは実践、あるのみです!

ピックアップ記事

  1. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  2. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  3. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  4. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  5. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    テニスのルールは、「いつも自分の味方!」という意識

    テニスのルール。皆さんも試合中、ほとんど意識することは無いです…

  2. 戦術

    テニスにおける戦略も、シンプルに考えよう

    戦略を立てて、テニスの試合に挑む。これは非常に大事な考え方です…

  3. テニス メンタル

    戦術

    全ての戦術は、本気で実行するから成功する

    テニスの試合、色々な作戦、戦術があります。でも、たくさん用意し…

  4. 戦術

    一番最初に、4番バッターをもってくる方が勝てる

    テニスの試合、スタートダッシュが肝心。私はいつも、この意識で試…

  5. テニス フットワーク

    戦術

    ある程度攻めて来る相手の方が戦いやすい、だから・・・?

    テニスの試合、みなさん感じるところはありませんか?粘ってくる相…

  6. 戦術

    自分が打ちやすい打ち方だけでは、試合に勝てない

    最初は、それで良いでしょう。試合に出始めたばかりは、まずは相…

特集記事

  1. テニス テニスボール

    メンタル

    真面目な人ほどかかりやすい、「テニス鬱」について、アナタにも知っておいて欲しい
  2. ストレッチ

    テニス知識

    筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  3. テニス シングルス

    シングルス

    シングルスの試合に出たいのに、「ダブルスの練習しか出来ない・・・」ときに意識した…
  4. テニス スポーツ

    戦術

    負けている時は、焦るな、もがくな
  5. ストローク

    「しっかり下がって打ちましょう」というアドバイスは、時代遅れ
PAGE TOP