テニス セオリー

その他

テニスの試合の現場で、「セオリーにこだわり過ぎる人」は、セオリーに甘えて負けていく

「テニスにはセオリーという言葉がありますが、どこまでがセオリーですか?」

この質問は、私が高校時代にコーチにしたことがある質問です。

何名かの方から同じようなご質問も頂きましたが、正直私の中でまだ明確な答えは出せないでいます。

ですが、これだけは言えます。

セオリーはその人の実力、相手の実力、その時々の時代に応じてどんどん変化していく。

その変化に適応することこそ、試合に勝つうえでは大事な要素になります。

 

テニスの試合の現場で、「セオリーにこだわり過ぎる人」は、セオリーに甘えて負けていく

 


 

■セオリー通りにやって勝てるのは、あくまで格下

セオリーとは、あくまで基本的な考えや戦術であり、一般的な対応策でしかない。

セオリー通りのテニス、一般的な作戦で勝てる相手は限られています。

実力が拮抗したり、格上相手に勝つ為には奇襲も必要。

正直にテニススクールで習ったテニスだけを実践していては、苦しくなるのが自然です。

まずはここをしっかり、頭に入れましょう。

セオリーは大事ですが、状況に応じて変化させないと意味がないのです。

■テニスにおける戦略のセオリーは、レベルによって違う

例えばダブルスにおける前衛の動き。

これは最近特にプロ選手を観ていて感じますが、Iフォーメーションや前衛がリターンを最初に触る、ポーチに出る、というのがセオリーになりつつあります。

一昔前では、ストレートケアがセオリーで、甘くなったときに前衛が出て来る・・・というのが普通でした。

今でも、ほとんどの方がそうでしょう。

ですが上のレベルで、その考えだとあまり通用しない。

「基本的に、前衛は全球ポーチに出る」くらいのセオリーでちょうど良い。

これは試合に出ている人であれば、理解してもらえる部分だと思います。

 

■セオリー通りが通じない相手に負けて、言い訳ばかり

セオリーにこだわる人、テニスのうんちくが好きな人は、セオリーに甘えます。

「今のはセオリー通りの作戦でいったけど、やられた・・・」と、どこか言い訳の理由にしてしまってはいませんか?

試合は当然、相手もセオリーを知ったうえで外してくる。

それを察知して、自分たちもセオリーから少し外れたテニスをしないといけない・・・というのが、試合における心理戦です。

テニススクールで習うようなテニスの基本、もちろん大事ですがそれだけでは勝てない。

セオリーを崩す勇気を持った選手が、試合では勝っていくのです。

 

良い機会ですので、自分なりにシングルスとダブルスのセオリーをまとめてみませんか?

基本的な戦術を確認することで、いかにそれを外すか、格上相手に勝つ為には必要なアイデアになります。

セオリーは大事ですが、変化していくこと、感じることがもっと大事。

頭でっかちなテニス選手にだけは、ならないで下さい。

ピックアップ記事

  1. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  2. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  3. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  4. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  5. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問

関連記事

  1. テニス ミス

    その他

    「テニスの試合は過酷である」真夏の暑さ対策として大切な「汗」について

    この時期、色々な暑さ対策を皆さんも行なっているかと思います。テ…

  2. テニス メンタル

    その他

    急に暑くなってきた今、試合に出る人は意識したい「テニスウェアの準備」について

    今はまさに季節に変わり目。少し前まで寒かったと思ったら、20度…

  3. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合経験を積むには、「自分から動いてネットワークを作る」ことが大事です

    昨日ニュースを観ていると、こんな記事が目に入りました。プロ野球…

  4. テニス 雨

    その他

    テニスのやる気が起きない時に、自分を責めるのは止めよう

    最近、読者のみなさんのコメントやお便りを読んでいて、感じることがありま…

  5. その他

    何の代償も無く、強くはなれない

    テニスを強くして、結果を出したい。今までは何となく楽しんでい…

  6. テニス メンタル

    その他

    「強い選手になりたければ、強い選手と一緒に過ごす時間を作る」ことがテニス選手にとっては大事

    ふと気が付けば、自分の周りはどこか「自分と似たような」仲間ばかり。…

特集記事

  1. テニス メンタル

    その他

    「基本のストロークが出来て、ラリーがつながるようになったら次はボレー」みたいな順…
  2. テニス ミス

    リターン

    リターンをストレートに、打てない人が多過ぎる
  3. テニス メンタル

    日々の雑記

    「周りと違う自分」について、認めてあげないとテニスも始まらない
  4. テニス メンタル

    メンタル

    「刺激を求め続ける選手であれ」テニスの試合を勝ち抜くには、現状に満足しない向上心…
  5. テニス サーブ

    ストローク

    スウィングの切れ味は、引く動作で磨かれる
PAGE TOP