サーブ

改めて見直したい、サーブの基本中の基本5つ

サーブを打って、ラリーが始まる。

どんなレベルでも種目でも、テニスはこのサーブから必ず試合が始まります。

このサーブに自信があればメンタル的にも乗っていけるし、逆なら悲惨。

サーブが苦手、というだけでテニスではかなりハンディを背負ってしまうことになりますからね。

基本を見直して、今年度はサーブ改革一緒に頑張りましょう!

 

改めて見直したい、サーブの基本中の基本5つ

 


 

1.グリップを薄く変える

「打ちやすそう」という観点を捨てましょう。

ストロークでスピン回転をかけるグリップ、は一見打ちやすそうですが回転をかけることが出来ない。

ラケットの握り方を、包丁を握るようにラケット面と手のひらの向きを合わせる。

そこから更に、打つ側のラケット面を少し上に向ける、コンチネンタルグリップ、にトライしてみて下さい。

最初は力が入らない、と感じるかも知れませんが、練習していると手のひらで弾くような感覚、が出て来るはずです。

そうなると、回転系のサーブもきっと打てるようになります。

 

2.足は基本、動かさない

体重移動、はあっても良い。

でも足を大きく動かしたりするサーブは、正直あまりお勧め出来ません。

スタンスは肩幅くらい、で軽く膝を曲げて打つ、で充分良いサーブは打てます。

打点も安定するし、何より最近のラケットとガットは飛びますから。

後ろ足体重からトスアップ時に前足に体重を乗せていく、最後は前足で壁を作るイメージで我慢して打つ、のを意識してみて下さい。

 

3.トスはネット方向、に上げる

これを一番、意識して欲しいんです。

トスは、相手方向、ネットの方向に上げる。

自分の前、ではなく自分が力を伝えていきたい方向、にトスアップするのが基本です。

30cmくらい、コートの内側に落ちる場所をイメージすると良いと思います。

このトスアップ、を打ちにいくときにどうしても身体が開いてしまうと思いますが、横向きキープでしっかり我慢。

上方向にジャンプしながら、コートの内側に着地する感じでボールを捕らえていきましょう。

 

4.ボールを打つ直前に、手のひらを外側に反していく

ボールに回転をかける、その動作は打点の少し前から始まっています。

小指から上にラケットを振っていき、打点の直前で親指が前に出て手のひらが外を向いていく。

この動き、何度も素振りで確認しておきましょう。

打点の少し前から手のひらを反すことで、ボールを弾いて良い回転がかかるはず。

スピンでもスライスでも、この手の平の反しが回転のパワーを生む源、になります。

 

5.サーブ自体を楽しむこと

これも、大事な基本です。

自分の好きなところに打って、相手のリターンを動かす。

失敗、するのはもちろん痛いですが、サーブ自体を楽しんで自分のものにする、という意識を持ちましょう。

試合の現場では、緊張の連続かも知れません。

でも、基本をしっかり練習して集中して打つ、そこでミスしたらもうしょうがないじゃないですか。

サーブ自体を楽しんでいかないと、テニスの試合はずっと辛いままですよ。

 

サーブはメンタル、でもそこには大事な基本があってこそ、です。

技術を磨けば、自然とサーブに必要なメンタルも磨かれていく、のがテニスです。

繰り返しますが、サーブに自信が無いと試合は本当に辛い。

基本を押さえて、しっかり自分でカスタマイズもしながらサーブ、磨いていって下さいね。

ピックアップ記事

  1. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  2. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  3. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  4. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  5. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで

関連記事

  1. テニス ダブルス

    サーブ

    ミックスダブルスを戦う女性の皆さん、大事なのはサーブを打った後です

    ミックスダブルス、いかに女性のサービスゲームをキープしていくのか。…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    「速いサーブが打てる?」でもそれ、試合の緊張した場面で打てるかどうかが問題です

    日本全国、特に男子高校生が集まれば始まるイベントがあります。そ…

  3. テニス クレーコート

    サーブ

    「前後より上下動」テニスの試合ではサーブも横向き意識が重要!

    テニスボールは飛ぶように出来ている。もちろん打点が食い込まれた…

  4. テニス メンタル

    サーブ

    テニスの試合、「マッチポイントをサービスエースで終わりたい」男子なら誰もが考える夢に挑戦したい

    テニスを始めたときの動機、皆さんはどんな感じでしたか?「何とな…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    重たいサーブを打ちたければ、相手に背中を向けてトスアップしてみよう

    サーブのレベルアップをしたい、しかも安定感もそのままに。こう考…

  6. テニス メンタル

    サーブ

    試合で効果的なボディへのサーブは、「自分のサーブの曲がり具合」を見てコースを逆算しよう

    相手のボディ、正面のサーブは試合で有効。ですが・・・意外と、し…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合に出るとき、「自分にかかるプレッシャーの種類」を把握しておくと大舞台…
  2. テニス シングルス

    その他

    他人と比べられたくない、という人はテニスに向いていない
  3. ダブルス

    相手の前衛の影響範囲は、相手によってかなり違うという事実
  4. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスの雁行陣で下がった相手には、ショートクロスで攻めるのが有効
  5. テニス 陸上

    フットワーク

    「テニスコートは微妙な広さ」テニスの試合では、ひたすら走り続けても勝てません
PAGE TOP