テニス 部活

メンタル

試合の流れが相手にいきかけた時には、「しっかり自分が得意な攻撃」からリズムを戻すことが大事

試合の流れが動く中で、大事なのは相手の流れになったとき。

自分ノサービスゲームをブレイクされて、相手がキープして2ゲーム連取・・・となると、かなり流れ的には相手に傾いている状態ですよね。

そんなときには、まず自分のミスを減らして淡泊なポイントを無くすことが大事。

その中で、自分が得意な攻撃パターンを一つ、しっかり実行出来ると自信を取り戻せてメンタルも安定するはずです。

 

試合の流れが相手にいきかけた時には、「しっかり自分が得意な攻撃」からリズムを戻すことが大事

 


 

■試合の流れが悪いときは、たいてい身体が動いていない

序盤や中盤、特に何かが悪いわけでもないのに試合の流れが相手にいく。

そんなときは大抵、自分の身体が動いていない重たいとき。

しっかりウォーミングアップをしても、実際の試合では堅くなってしまうケースが多々あります。

そんなときに具体策を持ち合わせていないと、そのままズルズルいって気が付けば0-4くらいのスコアになってしまう。

1セットマッチであれば、もう致命的です。

 

■自分の得意な攻撃パターンは、ショット単体では無い

得意な攻撃、と言えばつい単発のショットをイメージしがちですが、ここで言うのは攻撃パターン。

ショットは単発ですから、例え決まっても試合の流れをもってきたり、身体の堅さを取るには至らない。

私であれば、バック側へダウンザラインへアプローチから、しっかりボレーを一度返球して、その後ロブを待ってスマッシュを決める、というのを得意なパターンにしています。

このポイントが獲れれば、まず精神的に一息つける。

例え失敗しても、自分の形に持ち込もうとすることでリズムを取り戻せるはずです。

 

■ミスを減らすだけでは、流れが戻らないことも多い

冒頭でも書きましたが、ミスを減らすことは流れを戻す意味でも大前提。

しかしそれだけでは、勢いに乗った相手を止められないことも多々あります。

しっかり自分から攻撃してこそ、その粘りにも深みが出てくる。

攻守のメリハリを付けながら、焦らずいきましょう。

 

試合の流れは、目に見えない。

ですが大きな渦となって、自分と相手の間をいったりきたりしているのは間違いありません。

この対応、特にシングルスではアナタ自身で切り開いていかないといけない。

だからこそ、しっかりした準備と高い意識を持っておけば大丈夫。

最後は流れをつかんで、勝ちましょう!

ピックアップ記事

  1. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  2. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  3. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  4. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  5. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…

関連記事

  1. テニス 戦術

    メンタル

    試合では、良いポイントを3つ続けるのが大変なんです

    私は審判台の上から、思っていたこと、気付いたことがあります。試…

  2. メンタル

    褒められて伸びる、それは一時凌ぎに過ぎない

    今、時間があるので自分のYouTubeの動画を見直しています。…

  3. テニス 陸上

    メンタル

    テニスという競技の中で、「大事な試合で流れにのまれる選手と、そうでない選手」の違いはどこにあるのか?…

    試合の中で、調子良さそうにプレーしていたのに、急に別人のようになってし…

  4. テニス 粘り

    メンタル

    テニスは試合自体が楽しいんじゃなくて、試合を通じて自分が成長出来ることが楽しいんです

    テニスの試合、みなさん秋は特に多いんじゃないでしょうか。正直、…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    「誰のためにボールを打つのか」テニスの試合で勝つ為に必要な考え方

    ダブルスで重要なことは、パートナーとの連携プレーである。パート…

  6. テニス 試合

    メンタル

    試合に勝てない人は、相手に付け込む隙を与えている

    テニスの試合の場で、意識したいこと。私は常に、これを自分なり…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. ダブルス

    前に出ることで、相手は変化を 求められるのがテニス
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    そもそもダブルスの前衛に必要なモノって、何だろう?
  3. テニス 練習

    シングルス

    シングルスの厳しい戦いで、「試合の終盤戦をどう戦うのか?」のオプションについて、…
  4. テニス リターン

    ストローク

    シングルスの試合では、浅いボールで攻撃していくときこそ「軌道高め」のストロークを…
  5. テニス ストローク

    リターン

    テニスの試合で相手から「ダブルフォルトをもらう」リターンのときの秘策とは?
PAGE TOP