テニス ストローク

ボレー

「バックのハイボレーはもどかしい」テニスで難しい技術はどうマスターすれば良い?

相手にバックのハイボレーを打たせて、そこから崩して行く・・・。

というのは、戦略の一つとしてよく使われる。

もちろん高いレベルのテニスになると、バックのハイボレーもしっかり返球して来るどころか、良いショットを打ち込んで決めて来るんだけど、やっぱり苦手な人は多いよね。

 

「バックのハイボレーはもどかしい」テニスで難しい技術はどうマスターすれば良い?

 


 

ちゃんと打ちこめるようになるにはどうすればいいんだろう。

苦手な人の打ち方を見ていると、ボールを飛ばすためにラケットを一生懸命振っている。

でもボールはしっかり飛んでくれない。

 

ちゃんとボールはラケットの真ん中に当たっている場合も、弱々しい返球になっている

だからもっとラケットを振ろうとすると、今度は面が崩れてどこに飛んでいくのか分からなくなる。

大事なことは、ストロークとかサーブ、スマッシュでも共通することなんだけど、まずは軸足だね。

 

その軸足はラケットの振り始めの動力となるし、またボールをラケットで捕らえる瞬間、踏ん張る土台にもなる

深いボールを下がってバックのハイボレーだと、後ろ足が軸になるし、前に迎えに行って打つ時は前足を軸に設定しよう。

その軸足の設定がちゃんと出来ていないと結局腕の力に頼ってしまう。

飛ばないうえに、怪我にも繋がるよ。

要注意!!

そうやって軸足の力を利用して打つためには、ある程度コンパクトなスウィングの方がやりやすかったりする。

なのでテイクバックもフォロースルーもコンパクトにしたいんだけど、そのためにはスウィングの支点を肩ではなくて肘と考えてもらいたい。

 



 

肩を支点にすると大振りになりやすい

だから、相手がバックのハイボレーへショットを打ってきたら、まずは肘を高く上げた状態でテイクバックを行おう!!

肘を高く維持するとコンパクトに準備しやすいので、軸足の設定とポジションの調整もやりやすくなるよ。

そしてそこから、移動してポジションに入り、ボールを打つ瞬間軸足に充分体重を預けながらコンパクトにブロックするイメージでヒットしよう。

フォロースルーは軽く。

大きく取ろうとし過ぎると面が崩れてネットしちゃったりするから、そこは焦らずコンパクトに。

腕の裏側の筋肉を使いたくなるショットだから、皆そこに筋肉はそんなにないでしょ?

しっかり軸足を使ったハイボレーをマスターしよう。

そして出来れば、バックのハイボレーに来たのをダッシュで回り込んでスマッシュで打つ・・・。

というのも是非練習しておいてもらいたい。

結構これが出来ると、便利だよ。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  2. + POWER CUP について
  3. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  4. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  5. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム

関連記事

  1. テニス ダブルス
  2. テニス 練習

    ボレー

    なぜ、上級者のドロップボレーは触れないのか?

    みなさんも、試合で相手に打たれた経験、あると思います。「今の、…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    「バックハンドボレーにパンチ力を出したい!」男性プレイヤーに試して欲しい打ち方とは?

    男性のプロテニス選手の試合を観ていると、特に一般プレイヤーとの差で目立…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    「軸足セットで、踏み込みながらボレー」の基本を確認しよう

    ネットプレーでなかなかポイントが獲れない人は、この基本から見直したい。…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    片手バックボレー、ラケットを動かし過ぎな人は「左手意識」で解決!

    片手バックハンドボレー、試合の緊張した場面でしっかり決めるには?…

  6. ボレー

    相手に深いボールを打たせない、為にネットプレーがある

    ネットに出ることに、イマイチ踏み切れない人。そういう人は、この…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    戦術

    テニスの試合で、「負けている時間帯の試合運び」が出来ない選手が多過ぎる
  2. テニス メンタル

    メンタル

    寒い冬の時期、テニスのトーナメント大会で「初戦で特に、注意すべきこと」について
  3. テニス メモ

    メンタル

    「苦しみながら勝った試合」こそ、テニスノートに記して自分の財産にしていこう
  4. テニス ボレー

    ボレー

    ダブルスの試合で本当に強い前衛は、ポーチボレーの後にも全く隙が無い
  5. テニス 環境

    フットワーク

    テニスというスポーツでは、「フライングスタート」は反則ではありません
PAGE TOP