ストローク

ネットより高い位置でボールを触る、その回数を増やそう

テニスの試合って、必ずネットを挟んで行います。

このネットの高さって、みなさんどうでしょう?

他の競技と比べて、高い?低い?

絶妙な高さに設定してありますが、このネットの高さ、が一つの大きな基準になる。

意識して、自分の打点を考えてみて下さい。

 

ネットより高い位置でボールを触る、その回数を増やそう

 

1.ミスは必ず、ネットの高さより低い打点が多い

ストロークでもボレーでも、きっとそうだと思います。

当たり前かもしれませんが、ネットより低い位置でボールを打つ、ときにミスって多くないですか?

打点を高く、というのは何度も書いてきたテーマですが、単純に高い位置でボールに触ることが出来ると、ネットにかかるミスは減る。

ボールを持ちあげようとすると、アウトも増えますしね。

シンプルに、とにかくネットより高い位置で触る。

後はネットとの距離、をしっかり自分で把握して調整してみましょう。

 

2.ネットから遠ければ、高い打点でも軌道は山なりになる

ボレーでもストロークでも、私はそうだと思います。

サービスラインより後ろであれば、ボレーも少し山なりで良い。

直線的に下方向、に打てるのは本当にネットに詰めた時だけですからね。

高い打点で触ること、それからネットからの距離をしっかり把握すること。

これは、実はテニスに大事な基本だと思います。

 

3.特にボレーは、「当たり損ない」を得点に出来る

これも、大きなメリットですね。

ネットに詰めた状態でボールに触る、だけでこの特典が降って来る。

当たり損ないでも、ネットより高い位置で触ればポトンとネットを越えて落ちてくれる可能性が高いじゃないですか。

ダブルスのポーチ、これでも大成功。

高い打点で触ること、が出来たからこそのご褒美なんですから。

 

4.基本は前に出るテニス、で挑んでいこう

下がらない、前に出る。

これは、打点を高くすることにおける第一条件。

ボレーはもちろん、ストロークについてもベースラインより下がらない、だけでかなり打点は高く維持出来ると思いますよ。

当然、難しい技術も求められる。

でも、下がって低い打点から持ち上げる方が、ミスも増えるし技術的に難しい、体力も奪われる。

きっと、アナタ自身もう気付いているはずです。

 

自分の打点と、ネットの高さを比べてみる。

この癖、結構大事ですよ。

ボレーはもちろん、ストロークのときも意識してみて下さい。

ネットより低い打点、のときは無理しない、だけでもミスは減るでしょう。

どこのコート、どの試合でも、ネットの高さは同じですから。

良いヒントになると、嬉しいです。

ピックアップ記事

  1. 「第2回 読者ミーティング」を開催します
  2. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  3. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  4. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  5. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利

関連記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    ベースラインにいて、「相手がネットに出て来ると力が入ってしまう・・・」人が意識したい4つのポイント

    ベースライン同士の打ち合いだと伸び伸び打てているのに、相手が動くと崩れ…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    バックハンドのストロークでスピンがかからない人は、〇〇で打つと効果的!

    バックハンドストローク、皆さんしっかりスピン回転かかってますか?…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    スライスで低く滑るストロークを打ちたいなら、前足体重で肩を下げるのがコツ

    低く滑るスライス、試合で使えたらどれだけ効果的か。実際、鋭いス…

  4. テニス リターン

    ストローク

    シングルスの試合では、浅いボールで攻撃していくときこそ「軌道高め」のストロークを意識しよう

    シングルスの試合で、しっかり攻撃していくには何が必要か。まずは…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークのフォームが大きい人ほど、崩しやすいのがテニス

    試合が始まると、相手のストロークを観察してみて下さい。不思議な…

  6. ストローク

    「グリップを使い分けよう」テニスのストロークの調整は自分自身でカスタマイズ

    グリップの持ち方って、一応それぞれのショットに対して主流はあるけど、人…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ストローク

    戦術

    ボールを諦めるのが早い選手は、相手を乗せやすい最高の鴨になる
  2. テニス 居場所

    サーブ

    「8割はダブルフォルトで崩れていく」ことを自覚出来てる?
  3. テニス チャンス

    練習メニュー

    「テニスの試合の現場で必要なもの」から優先して練習していけば、結果は自然について…
  4. テニス ボレー

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合では、「前衛が触った瞬間にペースアップする」ことを頭に入れ…
  5. テニス 雪

    その他

    テニスにおいて、「自分はこういうプレースタイル」と決めつけてしまうのは、本当に怖…
PAGE TOP