ストローク

ネットより高い位置でボールを触る、その回数を増やそう

テニスの試合って、必ずネットを挟んで行います。

このネットの高さって、みなさんどうでしょう?

他の競技と比べて、高い?低い?

絶妙な高さに設定してありますが、このネットの高さ、が一つの大きな基準になる。

意識して、自分の打点を考えてみて下さい。

 

ネットより高い位置でボールを触る、その回数を増やそう

 

1.ミスは必ず、ネットの高さより低い打点が多い

ストロークでもボレーでも、きっとそうだと思います。

当たり前かもしれませんが、ネットより低い位置でボールを打つ、ときにミスって多くないですか?

打点を高く、というのは何度も書いてきたテーマですが、単純に高い位置でボールに触ることが出来ると、ネットにかかるミスは減る。

ボールを持ちあげようとすると、アウトも増えますしね。

シンプルに、とにかくネットより高い位置で触る。

後はネットとの距離、をしっかり自分で把握して調整してみましょう。

 

2.ネットから遠ければ、高い打点でも軌道は山なりになる

ボレーでもストロークでも、私はそうだと思います。

サービスラインより後ろであれば、ボレーも少し山なりで良い。

直線的に下方向、に打てるのは本当にネットに詰めた時だけですからね。

高い打点で触ること、それからネットからの距離をしっかり把握すること。

これは、実はテニスに大事な基本だと思います。

 

3.特にボレーは、「当たり損ない」を得点に出来る

これも、大きなメリットですね。

ネットに詰めた状態でボールに触る、だけでこの特典が降って来る。

当たり損ないでも、ネットより高い位置で触ればポトンとネットを越えて落ちてくれる可能性が高いじゃないですか。

ダブルスのポーチ、これでも大成功。

高い打点で触ること、が出来たからこそのご褒美なんですから。

 

4.基本は前に出るテニス、で挑んでいこう

下がらない、前に出る。

これは、打点を高くすることにおける第一条件。

ボレーはもちろん、ストロークについてもベースラインより下がらない、だけでかなり打点は高く維持出来ると思いますよ。

当然、難しい技術も求められる。

でも、下がって低い打点から持ち上げる方が、ミスも増えるし技術的に難しい、体力も奪われる。

きっと、アナタ自身もう気付いているはずです。

 

自分の打点と、ネットの高さを比べてみる。

この癖、結構大事ですよ。

ボレーはもちろん、ストロークのときも意識してみて下さい。

ネットより低い打点、のときは無理しない、だけでもミスは減るでしょう。

どこのコート、どの試合でも、ネットの高さは同じですから。

良いヒントになると、嬉しいです。

ピックアップ記事

  1. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  2. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  3. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  4. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  5. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…

関連記事

  1. テニス ボレー

    ストローク

    テニスの試合で、ゆっくりした遅いボールが苦手な人はコレが原因です

    試合の緊張感がある場面、いつもなら難なく入るボールが入らなくなる・・・…

  2. テニス ボレー

    ストローク

    ネットプレイヤーの相手の正面を突けば、浮き球を引き出せる

    特に、これはダブルスの試合で使えるテクニック。無理に、空いてい…

  3. テニス メンタル

    ストローク

    ネットミス、アウトミスを減らすストロークの大原則

    シングルスでもダブルスでも、試合で熱くなるとつい忘れがちなこと。…

  4. テニス 準備

    ストローク

    ストロークに必要な速い準備とは、「相手が打ったボールがネットを越える前」までが勝負です

    ストロークで問題を抱えている人の、ほとんどは構えが遅い。構え・…

  5. ストローク

    テニスの試合で、「アプローチから前、じゃなくて下がってしまう・・・」人は、守備範囲の概念を変えましょ…

    シングルスの試合では、相手がドロップショットを打って来ることが十分考え…

  6. テニス メンタル

    ストローク

    ダブルスで後衛としての展開力を鍛えたいなら、相手の後衛をどんどん走らせよう

    ダブルスの試合で、後衛として試合を作っていく。なかなか、教えら…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス スライス

    ストローク

    チャンスと思ってスピンやフラットで打ち込むの、スライスに変えてみない?
  2. テニス 練習

    スマッシュ

    打点が後ろになったスマッシュでも攻撃する、為に必要な4つのコツ
  3. ロブ

    トップスピンロブは、前足上げで切れ味アップ!
  4. テニス メンタル

    メンタル

    気持ちが昂るのは良いが、焦っても良いことは無い
  5. テニス ボレー

    ボレー

    試合で使える「バックボレーの抑え」を効かせる5つのコツ
PAGE TOP