テニス ストローク

ストローク

「フラットなストロークは、安定しない?」打点の高さで微調整すれば、フラットショットも大事な武器になります

フラット系のストロークが主体の選手、ジュニアの女子選手を中心にたくさんいます。

スピン系と違ってあまり後ろに下がらず、ライジングでどんどん攻撃的に攻めてくる選手も多いですが、やはり気になるのはその確率の部分。

どうしても回転量が少ない分ボールが直線的になり、ネットやアウトのミスも増えてきてしまうのが難点ですよね。

今回は、打点の高さを意識することで、普段はスピン系主体のストロークのアナタでも、効果的にフラット系のショットを使って攻撃していくことが出来るでしょう!

 

「フラットなストロークは、安定しない?」打点の高さで微調整すれば、フラットショットも大事な武器になります

 


 

■トップスピンだけがテニスのストロークじゃない

ストロークの基本は、トップスピンで高い軌道。

これは現代のテニスの主流であり、基本的に身に付けておくべき大切な技術です。

しかし、相手に応じてフラット系のショットも打ち込んでいけることで、リズムを変えて相手の「慣れ」を防ぐこともできます。

特に腰から肩の高さの打点では、フラット系ショットで打ち込んでいく技術も、試合を勝ちぬいていくには必要です。

 

■フラットショットを操るには、メンタルの安定が不可欠

フラットショットはある程度リスクを伴いますし、少しのラケット面のずれで結果が大きく変わってくるショット。

スピンやスライスが「線」でボールを捕えると考えれば、フラット系は「点」で捕えるイメージ。

その為には、ここぞという場面で集中力を高めて打ち抜いていく思い切りの良さ、メンタルの強さが求められるのです。

特にライジングショットで攻撃する際には、速い判断と適格なフットワーク、打点が求められます。

しっかり練習していきましょう!

 

■攻撃できる打点の高さの範囲は、自分で把握しておこう!

打点の高さは、自分で判断して攻撃できる範囲を決めておきましょう。

相手のボールがある程度予測できて先回りできたときは、ライジングで攻撃できると相手から時間も奪えて効果的です。

その奪った時間の中で、さらに相手の余裕を与えないのがフラット系のショット。

しっかりアナタの武器にできるように、グリップをスピンから素早く持ち替えて攻撃できるテニスを身に付ければ、ステップアップ間違い無し、です!

 

何事も、先入観は無くしましょう。

フラット系なんて若い人が打つショットだから、自分は関係無い・・・と思っていると、テニスの幅を狭めてしまいます。

もしかしたら試合で使わないかも知れない、それでもそんな細かいショットのバリエーションが多いと、いざというときにアナタを助けてくれます。

相手が自分のテニスに合っている、相性が悪い相手には、手数を多く持っておくのが一番。

新しい技術、どんどん磨いていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  2. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  3. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  4. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  5. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    「オープンスタンスでの守備的なストローク」は、軸足をしっかり意識して体重を乗せると安定する

    相手のストロークが深い、ようなときに、皆さんもオープンスタンスを使う機…

  2. テニス 準備

    ストローク

    ストロークに必要な速い準備とは、「相手が打ったボールがネットを越える前」までが勝負です

    ストロークで問題を抱えている人の、ほとんどは構えが遅い。構え・…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    フォアハンドの回り込みストロークは、「しっかり高い起動」で大きく打つと相手を押し込める!

    フォアハンドストロークの回り込み、を武器にしている選手は多い。…

  4. ストローク

    プロ選手に影響を受けやすいけど、「ストロークのスタンスはオープン?クローズ?」の問題について

    ストロークのスタンスって、大きく分けるとオープンスタンスとクローズスタ…

  5. テニス ボレー

    ストローク

    相手のバックハンド攻めを逆に活かす、試合で必要な発想5つ

    シングルスでもダブルスでも、「バックハンド狙い」は避けて通れない。…

  6. ストローク

    テニスの試合で、「アプローチから前、じゃなくて下がってしまう・・・」人は、守備範囲の概念を変えましょ…

    シングルスの試合では、相手がドロップショットを打って来ることが十分考え…

特集記事

  1. テニス 楽天

    フットワーク

    相手の走力を把握できれば、安全なコースで試合に勝てる
  2. メンタル

    試合でミスを続けない人は、何を考えているのか?
  3. テニス メンタル

    メンタル

    「チャンスをチャンスと思えるか」ポイントに繋げる為の、心の準備について
  4. テニス ストローク

    ボレー

    テニスにおいて、「ネットプレーでラケットヘッドが下がる」と、絶対良いプレーは出来…
  5. テニス トレーニング

    その他

    混んでいる電車の中で、「スマートにラケットバッグを運ぶ」方法を考えてみる
PAGE TOP