テニス シングルス

メンタル

「今日はどうしても、テニスに集中出来ない!」と思ったときに、自分を取り戻せる対策5つ

毎日毎日、精神も身体も充実してテニスの練習が出来ている人。

私はそんな人、いないと思っています。

いたら凄い選手になっているか、何も感じない鈍感な人、または虚勢を張っている人。

偉そうに記事を書いていますが、私もたまに練習にやる気が無い、どうしても集中出来ないときはある。

ただし、自分なりにそのときに対策も準備しているつもりです。

皆さんに参考になるかどうか分かりませんが、書いてみたいと思います。

 

「今日はどうしても、テニスに集中出来ない!」と思ったときに、自分を取り戻せる対策5つ

 


 

1.「また弱い自分が出て来たね」と、自分に挨拶する

自分との会話、でまずは落ち着いて話してみる。

弱い自分が、やる気を無くす理由、上手くいかない理由を探して言い訳にしようとしている。

自分自身を弱い、と知っているので、まぁやる気が無いとか思い出すくらい想定済。

仕事で疲れた後のテニススクール、なんてまさにそうですよね。

「お前は、テニスで自分を鍛えたい、試合で勝てるようになりたいんじゃないの?」と聞いてみるだけで、気持ちが吹っ切れるかも知れません。

 

2.環境に感謝する

テニスは一人では出来ない。

コートを作る人、用具を売る人、一緒に練習する人など、様々な人がいて初めて成り立つ。

不機嫌そうな態度を取っている選手は、絶対に上達しない。

まずもって、周りが協力しようという雰囲気になりませんからね。

テニスは、周りの協力や良い環境無くして上達することは出来ないのです。

 

3.自分のショットだけに、集中する

テニスに集中出来ていないときには、ほとんどが「周りの余計なモノ」ばかり意識している。

「アイツはどうだ」とか、「コイツは全然ダメだ」みたいな、周りを否定することで自分のメンタルを保っているような最悪な状態。

もっと、自分のショット、一つ一つに集中してみる。

お前はどうなんだ、という問いかけをしてみることで、練習の意欲を取り戻すことが出来るでしょう。

大して出来ていないのに、何を一人でイライラしているんだろうということに気付ければ、集中力を増していけるはずです。

 

4.練習の目的を整理する

部活やサークルの練習で、しっかり目的を把握出来ているかどうか。

集中出来ないときって、「なんでこんな練習しないといけないんだ・・・」と、自分で納得できていないことがほとんど。

コーチと話し合っても良いし、チームメイトと議論しても良い。

とにかく大事なのは、一人で勝手にモヤモヤしないこと。

目的さえハッキリ出来れば、練習は必ず楽しく意味があるものに出来るはずです。

 

5.思い通りにいかない、それもテニスと自覚する

自分のテニス、試合だけじゃない。

練習から何から、思い通りにいかないのが当たり前、それがテニス。

みんな、まずは置かれた場所で咲けるように努力する。

その次に、環境を変えたりチャレンジしていくステップがあるのです。

最初から、周りの何もかもを否定していくようなスタンスの選手、どこに行っても一緒ですよ。

集中出来ないときは、何かを勝手に不満に感じてしまっているだけ。

この事実を、しっかり把握しておきましょう。

 

集中出来ない自分と、どう向き合うのか。

これは、試合でも大きく結果に影響してきます。

上手くいかないこと、自分をコントロール出来ないこと、まずは真摯に向き合ってみて下さい。

アナタだけじゃない。

みんな苦労して、乗り越えてはまた落ち込んで、を繰り返しているのです。

自分なりの解決策、具体案、をそっと忍ばせて今日もコートに行きましょう。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  2. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  3. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  4. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  5. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」

関連記事

  1. メンタル

    自分の壁を感じる力、でしか成長出来ない

    みなさんは、最近ご自身の課題、壁を感じたことはありますか?結…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    自分への疑いが晴れれば、自信に変わる

    試合の中で、自分に自信を持ち続けること。難しいですよ。…

  3. メンタル

    メンタルが強い人は、大事なポイントこそ「どっちでも良い」のスタンス

    「あぁ、自分もメンタルが強くなりたい」そう考えているみなさんに…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    もう一度、みなさんの強みは何か?

    最近、色々と新しい取り組みを開始させて頂きました。いくつか、…

  5. テニス テニスボール

    メンタル

    真面目な人ほどかかりやすい、「テニス鬱」について、アナタにも知っておいて欲しい

    「テニス鬱」という言葉、聞いたことはありますか?恐らく無い、と…

  6. テニス リーダー

    メンタル

    闘志や意地を感じられない選手のテニスは、大事な試合で応援してもらえない

    皆さん、テニスを自分でプレーするだけでなく、応援する機会も多いはず。…

特集記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    内角を攻めれない選手に、未来は無い
  2. 練習メニュー

    試合で使う打ち方って、何通り?
  3. 戦術

    試合は総合点、取れるところで取ったもん勝ち
  4. テニス ポジショニング

    ダブルス

    魚のいない場所で糸を垂らしても、一匹も釣れない
  5. テニス チャンス

    戦術

    「準備」の大切さを説くかと言えば、単純に誰でも出来ることだから
PAGE TOP