テニス ストローク

ストローク

テニスの試合でストロークミスが多い人は、そもそも打点が低過ぎる

試合の中で、ストロークミスが多い人。

は、そもそも打点がおかしい、いつも低い・・・ことないですか?

高い打点で打てれば、それだけでネットを超える可能性が高い。

打点の高さは、テニスではコントロール出来るんです。

 

テニスの試合でストロークミスが多い人は、そもそも打点が低過ぎる

 


 

1.ストロークの打点が低いこと、に早く気付こう

テニスのストロークって、きっと最初は「落として打つ」ことから習う。

だから皆さん、膝より低い位置、で打つことが「良いストローク」だと思ってるんですよね。

真面目な方、ほどそうです。

確かに、一番最初の基本としてはしっかりボールを待って、打つという意識も重要でしょう。

でも、実際の試合、特に強い相手との対戦となると話は別。

もっともっと、打点は高くしていく必要があるんです。

 

2.ストロークミスは、ほとんどが「持ち上げようとしてアウト、ネット」である

低い打点で、何がまずいのか。

やっぱり、「ネットを越えないといけないというプレッシャー」にみんな負けてしまう。

ネットしないように大きく、でもアウトしたらいけないし・・・という感じで、調整しようとして振り切れない、大事な場面ほどそうじゃないですか?

打点が高ければ、それだけでプレッシャーは減る。

理想は、ネットの高さよりも高い打点、で打てることですよね。

そうなるとまずネットにかかる、というイメージは自然に無くなるし、攻撃的に打っていける。

ぜひ、アナタ自身打点の高さを意識してみて下さい。

 

3.だから必要なのは、ライジングショット

何度も書いてきましたが、だからこそ必要なのがライジングショット、です。

ボールを高い位置、ストロークの打点を高くしたければ当然前に入らないといけない。

ボールが落ちて来るのを待っているから、打点が落ちてリスクが高くなる。

このことに気付いた人から、攻撃的なテニス、ミスが少ないテニスが出来るようになるのです。

ライジングショットは、センスが必要な上級者のショット?

だからアナタは、いつまで経っても勝てない、後ろで打点を落としてミスばかり、なんです。

 

ただでさえ、日本で多いオムニコート、クレーコートはボールが弾まない。

危機感が無い人は、いつまで経っても打点が低い。

それが普通だと思っている。

腰より高い位置、ネットより高い位置で打てるボール、まだまだ増やせますよ。

きっとミスが減って、試合に勝てるようになりますよ!

ピックアップ記事

  1. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  2. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  3. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  4. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  5. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合では、シングルスでもダブルスでも、「ロブが抜けたら迷わず前」に出て、ネットを取ろう!

    テニスの試合、相手がネットに出てきていて自分のロブが抜けたら前に出る。…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークのラリーの中で、「差し込まれたときには慌てずストレートか逆クロス」に展開すると楽

    ストロークのラリーの中で、「打点が遅れそう!」と思うとき、皆さんはどう…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    スライスショットの返球の基本、バウンド地点に近付くことを徹底しよう

    テニスの試合やスクールのレベル分け、において、一つの目安になるもの。…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    硬式テニスで「ストロークをクロス方向にしっかり打つ」なら、ボールの外側を捕らえよう!

    クロス方向へのストローク、テニスの基本。硬式テニスでは、シング…

  5. ストローク

    「ラケットを振り抜けない君へ」テニスの試合ではボールとの距離感が重要!

    苦手ショットの時に、ラケットを振り切れない人が多い。ま、苦手だ…

  6. テニス メンタル

    ストローク

    ティエム選手の片手バックハンド、は私たちにも真似出来るのか?

    クレーコートでも抜群の威力を発揮する、ティエム選手。錦織選手の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス 調子

    戦術

    テニスボールを打つことは出来ても、捕らえることが出来る人はごく少数
  2. その他

    「通勤・通学中でも出来る!」テニス選手に必要なプチトレーニング4つ
  3. テニス 準備

    戦術

    自分が打ったボールを、その感触で判断出来るようになろう
  4. テニス ストローク

    フットワーク

    横に流れるランニングショット、打った後に反対側をカバー出来てますか?
  5. テニス メンタル

    スマッシュ

    スマッシュで「回転をかけて相手を攻撃する」ための5つのコツ
PAGE TOP