テニス 雨

メンタル

「雨の日」、「怪我したとき」、「試合で初戦敗退した日」にこそ、テニスが強くなれる根源がある

昔ジャパンオープンのお手伝いをしていた頃、ある選手が口にしていた言葉を思い出すことがあります。

ダブルスの名手として活躍し、日本での試合ではシングルスでも出場していたオーストラリア選手。

彼が話している言葉からは、私たちがつい忘れてしまいがちな問題に対して、明確に答えを示してくれているように思います。

テニスを上達させていく、周りと差を付けていく根源はどこにあるのか。

それは、他のライバルが休んでいる瞬間、なのです。

 

「雨の日」、「怪我したとき」、「試合で初戦敗退した日」にこそ、テニスが強くなれる根源がある

 


 

■ライバルを意識して、日々生活は出来ているか?

テニスの試合で勝ちたい、と考えているのに、行動が伴っていない人。

それは、対戦相手をイメージする想像力が欠けているんだと思います。

「あの選手は今、何をしているだろう?」

「ライバル校はどんな対策を、自分たちに準備しているんだろう?」

と考えると、普段の練習で1分1秒を大切にしようという機運になる。

テニスは常に対戦相手がいるスポーツ、ということを忘れてはいけません。

 

■「雨の日」や「怪我しているとき」は、どう過ごしているか?

テニスが出来ないとき、実際にはたくさんあるでしょう。

雨の日や怪我を直しているとき、またテスト期間中なんかもそうですよね。

そんなとき、アナタはどうテニスと向き合えていますか?

「何も、そこまで考えなくても・・・」と思った方、気持ちは分かります・・・が、それだと考えている選手との差は広がるばかり。

コートに立てない日は、10分でもトレーニングをする、テニスノートを読む、書く、動画を観たり、人に会ったりする。

アナタ自身で工夫して、出来ることはたくさんあるはずです。

誰でも休みたいと思うときはある、時には休んでも良いと思います。

ですが差を付けるなら、こういう時間こそ大事にして欲しいのです。

 

■試合で初戦敗退した日、にどう過ごすか?

9時に試合開始で、もう午前中に試合が終わってしまう。

テニスの草トーでもよくある風景ですよね。

どんなに頑張っても、準備しても、負けるときはあります。

大事なのはその後の時間の過ごし方。

何より、課題は一番頭に入っているはず。

時間が経てば経つほど、その鮮度は失われていくのです。

強くなる選手は、負けてからのアクションが早い。

アナタは・・・どうですか?

 

テニスはコート上での練習、だけでは決して上達しない。

多少技術は身に付いても、その裏付けだったり試合で自信を持ってプレー出来るメンタルは、オフコートでこそ養われるのです。

「メンタルが弱くて、試合に勝てません」と言っている人、オンコート以外での過ごし方を変えてみませんか?

1日10分から30分で良いと思います。

テニスに向き合い、勝負について相手について、自分の目標について考える時間を作りましょう。

きっと成果が出るはずです。

ピックアップ記事

  1. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  2. 【応募受付完了しました】佐藤プロ&土居コーチ 無料レッスン 9/1(火) 15~…
  3. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  4. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します
  5. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです

関連記事

  1. メンタル

    「今日はテニスの調子が悪い・・・」と感じたら、試合中に実践したい修正方法について

    テニスは「調子」に左右されるスポーツだと言われています。プロテ…

  2. テニス 雨

    メンタル

    「マナー違反ギリギリの行為」で対戦相手を惑わそうとしても、結果的に自分たちの首を絞めるだけ

    「サーブを打とうとしたら、相手ペアの前衛がサービスエリアに入ってきて邪…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスというスポーツの怖さを、もう一度確認しておきましょう

    何度か書いてきたテーマですので、またか・・・と思う方もいるでしょう。…

  4. メンタル

    空気を読んで、それを壊せる人が試合でも強い

    独特な雰囲気だけど、試合に強い人。テニスプレイヤーでは、結構多…

  5. メンタル

    テニスにおいて「ボールが速い=強い選手」、という思い込みは損なだけ

    まだまだ、こういう意識が強い人が多いみたいですので、改めて。特…

  6. テニス サーブ

特集記事

  1. テニス 準備

    その他

    テニスの草トー団体戦で見かける「対戦したくない迷惑なチーム」の特徴5つ
  2. ストローク

    アウトミスならOK、でいこう!
  3. テニス リターン

    ストローク

    ストロークのとき、「腕を止めてラケットが走る」を意識してみよう
  4. テニス ストローク

    フットワーク

    テニスの試合でスタミナが切れたときに、最初に止まるのは足ではなく思考
  5. サーブ

    サーブ練習から、ダブルスのコートカバーをイメージしていこう
PAGE TOP