テニス フットワーク

戦術

テニスの試合では、「自分から先に仕掛ける」ことの意識を強く持たない限り、いつまで経っても強い選手には勝てない

テニスの試合、先手必勝。

これは、他のスポーツよりもより強く言える大事な要素だと思います。

実力差はあっても、私の経験上これだけは言えます。

テニスの試合こそ、先に仕掛けた者勝ち、です。

 

テニスの試合では、「自分から先に仕掛ける」ことの意識を強く持たない限り、いつまで経っても強い選手には勝てない

 

■先手必勝の意識、無い人がほとんど

この考え方が有効なのは、ほとんどの人が「無頓着」だから。

野球やアメフト、サッカーのように、「どちらかが攻撃している」だけの時間ってテニスでは無い。

ラリーを繰り返すスポーツなので、攻守なんて一瞬で切り替わる。

先に攻撃を仕掛ける権利は、誰もが持っている。

このことに、早く気付きましょう。

 

■実力問わず、相手を「受け身」にさせるかどうかが肝

テニスの試合では、相手をいかに「受け身」な状態にさせることが出来るか。

主導権を握るには、最初のゲーム、最初のポイント、が大事です。

例え失敗しても良いので、「この形で攻撃したいんだ!」というのが相手にも伝わる、かどうか。

強い相手でも、向かってくる相手に対しては一度「受け」に回ってしまうのが自然。

だからこそ、先手必勝が大事なんです。

 

■先に仕掛けていくこと、は誰にでも出来る

実力差は関係ありません。

誰にでも出来る、ことが「先制攻撃」なのです。

先に仕掛ける勇気さえあれば、まだまだ勝てる試合は増やせる。

意識を強くもって、どんな先制攻撃をするのかを事前に決めておく。

1回だけじゃない、2回、3回と。

試合の入り方を変えるだけで、絶対に勝率は上がります。

 

アナタ自身、格下相手でも嫌じゃないですか?こういう先制攻撃。

同じレベル、上のレベルでも一緒です。

例えカウンターを喰らっても、積極的に攻撃してくる選手という印象は相手に残る。

後はその貯金を使って、試合を進めていくことも出来る。

次の試合、楽しみですね。

ピックアップ記事

  1. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  2. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  3. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  4. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  5. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う

関連記事

  1. テニス ダブルス

    戦術

    相手の調子を見るには、ポイント間に目を合わせることが一番

    試合の中で、ポイント間の時間ありますよね。この時間が、テニスで…

  2. テニス トレーニング

    戦術

    テニスで前後に走らせたいのは、「足が遅い」選手に限る

    アナタ自身、全ての相手に「同じようなテニス」で挑んではいないか。…

  3. テニス ストローク

    戦術

    テニスの試合で対戦相手の特徴を掴むなら、「最初の対応の癖」をしっかり把握して覚えておくこと

    よく、「相手を観察しろって言うけど、どこを観れば良いのか分からない」と…

  4. テニス ストローク

    戦術

    カウンターパンチャーの選手に対しては、「あえて自分からは攻撃していかない」という選択肢が有効

    試合の中で、こういう相手は結構多い。相手の攻撃を、「反撃する」…

  5. テニス ミス

    戦術

    試合の流れが相手側にあるときにこそ、自分が焦ってはいけない

    テニスの試合に、焦りは禁物。でも、分かっていても・・・なんです…

  6. 戦術

    テニスの大会で、「勝って当たり前と思われる試合」に勝ち切るために必要な要素4つ

    アナタ自身、成長してくれば当然、大会でもシードがつく。挑戦する…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス スマッシュ

    メンタル

    テニスの試合では、ポイントイメージが固まるまでポジションにはつかないこと
  2. テニス ストローク

    その他

    「上手い選手のここを見ておけっ!」ポイントを絞れば、テニスは観察・実践で上達が早…
  3. テニス メンタル

    ボレー

    「速いボールがボレー出来ない、怖い」のは、ただアナタの目線が高いから
  4. ストローク

    ネットプレイヤーに対するストロークの基本、「足元に沈めたら前をケアする」をとにか…
  5. テニス メンタル

    ボレー

    テニスの試合で、「ダブルスのサーブ&ボレーの実力」は、2ndボレーの精度…
PAGE TOP