テニス ボレー

ボレー

ハーフボレーは、ラケット動作を止めて待って良い

低い位置のボレーを、ワンバウンドさせてハーフボレーにしていく。

このとっさの判断、大事ですよね。

難しい技術というイメージが強いハイボレーかも知れませんが、そんなことはありません。

難しくしているのは、動かし過ぎているからかも知れませんね。

 

ハーフボレーは、ラケット動作を止めて待って良い

 

1.人は焦ると、動かしてしまう

とにかく、人は焦ってしまうとラケットを動かしたくなる。

これが、一番のミスの元、です。

やばい!と思って動かしてしまうと、どうしてもぶれてしまう。

こうなってしまうと、ガシャってコントロール出来ないし、益々苦手意識がついてしまう。

今回のテーマは、動かさないこと。

こうやってハーフボレーを打つことで、以外なメリットがあるんですよ。

 

2.ハーフボレー=ドロップボレーの発想

私は試合では、このイメージで準備しています。

ハーフボレー、つまり自分が前に出てボレーしようとしたけど、ワンバウンドして返球になるときには、もうドロップにしてしまう。

ラケット動作を止めてしまえば、ボールは伸びないですからね。

浅くなってくれて、良い感じのドロップボレーになる。

深く打とうとするから、無理が生じてアウトする。

ハーフボレー、ラケットをほとんど動かさなくて良いと思いますよ。

まずは、相手コートに浅くても良いので返球しないと。

これだけで、かなりしぶといプレーになるはずです。

 

3.ラケット面を下に向けて、待ち構える

このイメージ、湧きますでしょうか?

ラケット面を作って、バウンド地点の上に準備する。

これだけ、で充分なんです。

ラケット面を下に向けて、待ち構える姿勢で、丁寧にハーフボレーを打っていく。

ボレーの距離は出ないですが、安定感は増す。

安定感が増して、浅いけど確実に相手コートに入るようなボレー、が打てるようになるはずです。

 

4.浅くてOK、と思っておけば次への備えが出来る

私自身、多少甘いボレーになっても良い、と思っています。

甘くて良い、むしろ浅くなるから、次への準備も早くなる。

そもそも、ハーフボレー自体難しい技術ですからね。

浅くても、しっかり返球できれば良い。

そして、次へ備えてステップしていけば良いじゃないですか。

浅いボールが相手にとって良い感じ、な返球になればラッキー。

厳しいコース、浅さを狙ってミス、だけはもったいないですからね。

 

ハーフボレーは、浅くて良い。

ドロップボレーになっても良い、と思えば楽ですし、ラケットを動かさなくて良い。

ハーフボレーをしっかり打つ、という幻想に囚われないでください。

無理しないで、効果的に打てる、返球出来る方法はある。

ハーフボレーなんて、まさにその代表例でしょう。

ピックアップ記事

  1. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  2. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  3. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  4. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  5. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ

関連記事

  1. テニス ポジショニング

    ボレー

    頭の真上のボレー、はフォア?バック?

    みなさんは試合の中で、正面の頭上のボレー、どうやって打ってますか?…

  2. ボレー

    ボレーがすぐに浮いて攻められる、人はどうすれば良い?

    試合ですぐに、自分のボレーが浮いてしまう。それが怖くて、なかな…

  3. ボレー

    「コンパクトボレー」テニスの試合で必要な連動性について

    ボレーで要求されるものはなんだろう。色々あるよね。コン…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーに必要なリズム感、「1,2,3」のフットワークを覚えておけば初心者の方でも安定します!

    今回は、ボレーに必要なフットワークについて改めて。よくストロー…

  5. テニス 環境

    ボレー

    ゆっくりしたロブのバックボレーカット、練習しておかないと

    簡単そうに見えて、すごく難しいショット。テニスでは、「緩いロブ…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    試合で使える「バックボレーの抑え」を効かせる5つのコツ

    グッと抑えの効いたバックボレー、試合で打ちたいですよね。スライ…

特集記事

  1. テニス知識

    大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  2. テニス ストローク

    ストローク

    相手のストロークのボールが速く深いときは、「慌てず後ろ足で壁を作る」ことで精神的…
  3. テニス サーブ

    サーブ

    「知らずにやってませんか?」見落としがちなテニスのサーブでのNG動作5つ
  4. テニス メンタル

    メンタル

    ストレス無く試合に勝つなんて、最初から考えない方が良い
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    「パートナーのセカンドサーブが弱くて、ポーチに出れない」なんて人は、ダブルスをプ…
PAGE TOP