テニス 団体戦

戦術

テニスの試合で成功したことは、どんどんフォーマット化しよう

テニスの試合に、強くなっていくということ。

それは、実際にはこういうことなんだと思います。

上手くいったこと、これは使えると感じたことを、「フォーマット化」していくこと。

この意識、大事です。

テニスノートでも良いし、小さいメモでも良い。

次の試合でも、その次の試合でも試してみる。

そうやって自分のテニスの幅って、拡がっていくんだと思います。

 

テニスの試合で成功したことは、どんどんフォーマット化しよう

 

1.試合に勝てる人は、毎回の「お約束」で動いている

試合に勝てる人は、毎回どんなことを考えているのか。

当然、試合相手に応じて観察して、その相手に応じた技も出してくる。

でも、その技もありつつ・・・毎回必ず実行してくる作戦、「お約束の作戦」があると思うんです。

私なら、ドロップ系のショット。

これをリターンから早めに使っていく。

理由は簡単で、この作戦が効くことが多いから、です。

上手く切り返されたら、その時は考えれば良い。

このドロップ系の作戦は、私の中でフォーマット化されています。

フォーマット化とは、つまり「自分で使える形にする」ということ。

つまりはお約束のショット、ということですね。

 

2.フォーマット化していくのに必要な意識とは?

毎回使える、自分らしいお約束のショット。

これを作っていくのに必要な意識って、何でしょうか?

まずは、アナタ自身のプレーの特徴を考えてみましょう。

サーブの速さ、精度、ネットプレーの得意不得意、ストロークの球種、足の速さ・・・。

このあたりを、客観的に考えてみて下さい。

そして、その特徴を活かす・・・のではなく、「え?そっち?」という技をまず使ってみようと考えてみる。

例えばストロークでスライスが打てる選手なら、トップスピンロブも打てるように練習してみる。

身長が低い選手こそ、ネットに出てボレーをしていく。

特徴を活かしたプレーも大事ですが、きっと相手も警戒していますからね。

自分なりに、新しいこと、特徴とは逆のことを自分の武器にしていく・・・くらいの意識でちょうど良い。

試合の中で試してみて、成功体験を積んでフォーマット化していく。

まずは使ってみる、ことが大事ですよ。

 

3.アナタ自身が出来ることは、もっと無限にたくさんある

「でも、試合だと打ち返すことでいっぱいいっぱいで・・・」という方も、多いでしょう。

良いじゃないですか、たくさん失敗しても。

アナタ自身、もっと試合では色々なショットを打って良い。

もちろん、大事な試合や絶対に勝ちたい試合では、なかなか新しいショットを試せないかも知れません。

練習試合や、勝っている試合、リードしたゲームでは、もっと自分の中で「普段やらないこと」をやって良い。

そんなポイントでこそ、未来のフォーマット化出来る武器のヒントがあるかも知れない。

普段から、そうやって可能性を探るというスタンス、大事ですよ。

 

4.自分のテニスを成長させていくことを、組織化しよう

これは、ちょっと私もまだ研究中なんですが・・・。

自分の成長を組織化する。

組織化、ということは仕組み化、ということです。

毎回の試合、をこなしていきながら、確実に自分の成長につなげていくのには何か「仕組み」が必要。

新しい技術を試して、自分のものにして、テニスの幅を拡げていく。

これは、みなさんぜひ自分なりに考えて欲しい。

私の経験では、今回のフォーマット化のように「試しては、成功し、自分のものにしていく」ということがその組織化の一つ。

自分の強い味方、仲間が増えていくみたいで楽しいですよ。

テニスの技術の成長に、もっと貪欲になっていきましょう。

 

5.ゲームじゃないので、経験値取得もレベルアップも・・・無い?

これがロールプレイングゲームだったら、テニスも良いんですけどね。

敵を倒せば経験値がもらえてレベルアップ、あるレベルになったら呪文や技を覚えていく・・・。

そんなの、テニスでは無いですから。

全て自分で気付いて、自分で成長させていくしかないんです。

でもだからこそ、面白いと思いませんか?

レベルが低い、高い、魔法も技術も、ステータスだって、あって無いようなモノ。

戦い方は、考え方次第ですからね。

自分を成長させていくということに、貪欲な人ほど成長も速い。

そして発想も斬新、なんです。

 

テニスの試合、フォーマット化していく部分を作っていく。

それは、自然にアナタの成長を助けてメンタルを強くしていくでしょう。

「今回の試合も、いつも通り終わったな・・・」と、勝って思えると楽じゃないですか。

それが本当に、強くなった証拠だと思います。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  2. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  3. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  4. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  5. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう

関連記事

  1. テニス ストローク

    戦術

    ストロークのパワーアップは、後ろ足の膝を寄せる体重移動から

    今すぐ、ストロークをパワーアップしたい。そんなアナタにまずオス…

  2. テニス 試合

    戦術

    態勢を崩されても返球出来るテニス選手は、何が違うのか?

    試合の中で、必死でボールを返そうとする。これは当たり前・・・の…

  3. テニス ストローク

    戦術

    ボレーを振ってミス、はラケット面が変わるから起きるミスが8割以上

    試合の中で、「振ってしまった・・・」と思うボレーミス。結構凹ん…

  4. テニス メンタル

    戦術

    頭の良いテニスは、決まった型がある

    頭脳プレーでやられた、みたいな試合。こういう試合って、ある程度…

  5. テニス 体力

    戦術

    試合の中で良い流れは、「自分たちで持って来る意識と、武器」が何より大事

    試合が上手い選手、勝てる選手は、大きな流れで試合を見ている。だ…

  6. 戦術

    試合に出るからこそ、自分のテニスが見つかる

    「自分のテニスが見つからない」と、悩んでいる方。こういう人に限…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 守備

    ストローク

    テニスの試合では、「自分のショットが甘くなる」ことも想定して、素早く切り替えの準…
  2. ダブルス

    ダブルスの試合で、前衛がドロップボレーから攻める方法
  3. テニス メンタル

    その他

    「強い選手だけが特別扱い」される部活やサークルは、その選手も弱くなっていく
  4. テニス 体力

    戦術

    試合前のウォーミングアップでは、「1ゲーム目、1ポイントから全開」を成功イメージ…
  5. ダブルス

    【満員御礼】【12/21(土) 8:00-14:00 @スポル大井町】ACE 9…
PAGE TOP