テニス トレーニング

メンタル

どんなに良いテニスをしていても、「試合に勝利」という結果が出ないと自信もプライドも身に付かない

「勝てなかったけど、良い試合」という経験、皆さんもあると思います。

どこか、テニスの試合では勝ち続けれない人、こういう感覚で試合を終えてしまう人が多い。

勝つ、ということに、自分なりに価値を見出せない。

でも私の経験上、結局は試合に勝っていかないと、自分の中で成長は確認出来ないと思うんです。

 

どんなに良いテニスをしていても、「試合に勝利」という結果が出ないと自信もプライドも身に付かない

 

■「試合結果」が自分を強くも弱くもしてくれる

経験こそ、勝利の母。

試合に勝ってきた経験、負け試合をひっくり返した経験こそ、アナタ自身の強さになっていく。

「勝ち切れないけど、テニスは上手い人」は、確かに存在します。

でも、それはすごく脆いメンタルの人。

テニスの試合結果に重きを置いている人は、自分を強くしてくれることを知っている。

テニスが上手くても試合に勝てない人は、結果が出ていないので自信が無いまま。

この差はますます、大きくなっていくのです。

 

■「試合結果だけ」が自信を付けてくれる訳ではない

とはいえ、試合結果だけがアナタの自信になる訳ではない。

たまたま大きな試合を勝って、その試合で付けた自信というのは脆い場合も多い。

ですが、自分が練習してきた成果が報われる、成功体験は試合でしか得られない。

「試合結果なんて、気にしない」という人は、どこか自分の努力から目を背けたい人。

積み重ねてきたものに自信が無いから、そんなセリフが口に出てしまうのです。

 

■「良いテニス」から「勝てるテニス」に変えていこう

「良いテニス」「上手いテニス」が出来る人は、たくさんいます。

ですがそれは、プレッシャーがかからないような場面に、限定されるんじゃないでしょうか?

「勝てるテニス」は、プレッシャーがかかる場面でも堅実に相手と駆け引きしながら、制することが出来るテニス。

普段の練習で、どうやってこの力を養っていけば試合で使えるのか。

アナタ自身一度真剣に考えるべきとき、に来ていると私は思います。

変えていくのには勇気が要ります。

もしかしたら、アナタの得意なショットを少し封印する勇気も必要でしょう。

ですがきっと、試合に勝てるテニスを身に付けて試合結果を重ねていけば、またその武器を活かせる時も来るはずです。

 

自信やプライドは、テニスの試合を勝ち切るうえで不可欠。

ですが、待てど暮せど、受け身な人にそれは身に付きません。

自分から、勝利という結果を掴みにいかないと。

練習からしっかり、試合で勝つこと、に対して貪欲になっていきましょう。

ピックアップ記事

  1. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  2. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  3. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  4. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  5. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    「負け癖」が付いている選手は、結局何かを変えることが出来ない人がほとんど

    テニスの試合、勝ったり負けたりの繰り返し。でも、不思議なことに…

  2. テニス ストローク

    メンタル

    対戦相手の特徴を知りたいなら、「試合の序盤で、一度深いボレーで追い込んでみる」のをオススメします

    試合の序盤、シングルスでもダブルスでもなるべくネットプレーを入れる。…

  3. テニス センス

    メンタル

    「こんな相手は嫌だ!」テニスの試合ではマナーを守りつつ、嫌がられることも大切

    試合の相手がこんなだったら嫌だ・・・って何?俺の場合は、う~ん…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    「あいつ、やなヤツ。」テニスの試合で対戦するのが面倒な相手って・・・?

    試合の時、相手選手がどういうタイプだと嬉しい?そしてどういうタ…

  5. テニス 客観視

    メンタル

    自分の敗戦と正面から向き合える人は、実はすごく少ない

    この連休でテニスの試合で出た、またはこれから出る方も多いと思います。…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では、「自分の負けパターン」を知っていると、0-4からでも挽回できる!

    テニスの試合、レベルに関係無くスタートが肝心。ですがどんなに注…

特集記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    ダブルスで後衛としての展開力を鍛えたいなら、相手の後衛をどんどん走らせよう
  2. テニス ストローク

    ストローク

    片手バックハンドを極めたいなら、パッシングショットは避けて通れない
  3. テニス 部活

    メンタル

    テニスの試合で「どうしても頑張りきれない」ときには、誰かの為にと頑張ってみる
  4. テニス サーブ

    戦術

    テニスではセンスこそ体系化出来るし、理論化出来るはず
  5. テニス ボレー

    ボレー

    テニスにおいて相手が前に詰めて来る、ということは「上が空く」ということ
PAGE TOP