テニス トレーニング

メンタル

どんなに良いテニスをしていても、「試合に勝利」という結果が出ないと自信もプライドも身に付かない

「勝てなかったけど、良い試合」という経験、皆さんもあると思います。

どこか、テニスの試合では勝ち続けれない人、こういう感覚で試合を終えてしまう人が多い。

勝つ、ということに、自分なりに価値を見出せない。

でも私の経験上、結局は試合に勝っていかないと、自分の中で成長は確認出来ないと思うんです。

 

どんなに良いテニスをしていても、「試合に勝利」という結果が出ないと自信もプライドも身に付かない

 


 

■「試合結果」が自分を強くも弱くもしてくれる

経験こそ、勝利の母。

試合に勝ってきた経験、負け試合をひっくり返した経験こそ、アナタ自身の強さになっていく。

「勝ち切れないけど、テニスは上手い人」は、確かに存在します。

でも、それはすごく脆いメンタルの人。

テニスの試合結果に重きを置いている人は、自分を強くしてくれることを知っている。

テニスが上手くても試合に勝てない人は、結果が出ていないので自信が無いまま。

この差はますます、大きくなっていくのです。

 

■「試合結果だけ」が自信を付けてくれる訳ではない

とはいえ、試合結果だけがアナタの自信になる訳ではない。

たまたま大きな試合を勝って、その試合で付けた自信というのは脆い場合も多い。

ですが、自分が練習してきた成果が報われる、成功体験は試合でしか得られない。

「試合結果なんて、気にしない」という人は、どこか自分の努力から目を背けたい人。

積み重ねてきたものに自信が無いから、そんなセリフが口に出てしまうのです。

 

■「良いテニス」から「勝てるテニス」に変えていこう

「良いテニス」「上手いテニス」が出来る人は、たくさんいます。

ですがそれは、プレッシャーがかからないような場面に、限定されるんじゃないでしょうか?

「勝てるテニス」は、プレッシャーがかかる場面でも堅実に相手と駆け引きしながら、制することが出来るテニス。

普段の練習で、どうやってこの力を養っていけば試合で使えるのか。

アナタ自身一度真剣に考えるべきとき、に来ていると私は思います。

変えていくのには勇気が要ります。

もしかしたら、アナタの得意なショットを少し封印する勇気も必要でしょう。

ですがきっと、試合に勝てるテニスを身に付けて試合結果を重ねていけば、またその武器を活かせる時も来るはずです。

 

自信やプライドは、テニスの試合を勝ち切るうえで不可欠。

ですが、待てど暮せど、受け身な人にそれは身に付きません。

自分から、勝利という結果を掴みにいかないと。

練習からしっかり、試合で勝つこと、に対して貪欲になっていきましょう。

ピックアップ記事

  1. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  2. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  3. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  4. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  5. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニスで「試合前の緊張」と上手く向き合う5つの方法

    試合前は、いつだって緊張する。それはどんなに試合慣れした人でも…

  2. テニス 打点

    メンタル

    コードボールに全力ダッシュを繰り返す人に、最後に運はこぼれてくる

    運を呼べる人、手放す人。私は、コードボールがその差が如実に現れ…

  3. テニス 不安

    メンタル

    試合を好きになることが出来ない、全ての方へのメッセージ

    以前実施したアンケートの中で、3名の方から頂いたご質問・・・よりもお悩…

  4. メンタル

    上級生や格上選手との試合で、「攻撃的な揺さぶりを入れる」のは失礼?やり辛い?

    先日、高校生の方からこんな質問を頂きました。「先輩との試合では…

  5. テニス メモ

    メンタル

    メンタルを安定させる「メモ・テニスノート」の活用方法とは?

    皆さんも試合中、チェンジコートで自分のメモを見返したりする機会、あると…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    ダブルスの試合、ビビリはパートナーに伝染する

    試合中に、急に恐怖に襲われる。何をやっても出来ない、入らない、…

特集記事

  1. テニス 練習

    ボレー

    ネットプレー強化に即効性がある練習メニューは、ズバリ「ノーバウンド限定テニス」で…
  2. メンタル

    「テニスノートが続かない…」理由を真剣に考えてみる
  3. テニス 雪

    練習メニュー

    「挑戦するキャプテン、しないキャプテン」によって、チームの挑戦力の絶対量は決まる…
  4. テニス知識

    大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  5. リターン

    テニスの試合、初心者の方でも「相手サーブの傾向を読む」ことが出来れば試合に勝てる…
PAGE TOP