テニス サーブ

サーブ

「サーブ練習での的の作り方」を工夫すれば、誰でも実践的で狙う意識と成功体験を養える

サーブ練習、チームで個人で、しっかり時間を確保出来ていますか?

海外の指導者の方が口を揃えて言うのは、「日本選手はサーブの練習が足りない」ということ。

確かに部活でもサークルでも、ただ打つだけの練習になってしまうのは避けたいところ。

そこで私からの提案は、思い切って「的」を大きくしてしまおう!という内容です。

ボール缶のような小さい的、ではなくレジャーシートのような大きなスペースを的に出来るものを活用して、成功体験を積みましょう!

 

「サーブ練習での的の作り方」を工夫すれば、誰でも実践的で狙う意識と成功体験を養える

 


 

■小さすぎる的は、諦めと絶望しか生まない

缶、三角形の形にセットしたボール・・・の的って、当たります?

当たりませんよね、なかなか。

だからサーブにも苦手意識が生まれやすいし、練習も盛り上がらない。

もっと実践的で現実的な視点に立ってみると、的はもっと大きくて良い。

しっかりコースを狙う、ことがまずテニスの試合では必要なのですから。

 

■実践的なサーブは、フォアかバックか、を確実に狙えるサーブ

ダブルスであれば前衛を活かすサーブ、を身に付けておきたい。

その為には、最低限相手の「フォアかバックか」を狙った方向に打てるようにしておく。

自信を持って、セカンドも相手のコースを突くこと、出来ますか?

しっかり練習から「狙うゾーン」を意識することで、試合でも近いイメージで打てるでしょう。

ポイントは、狙うゾーンの設定を広めにしておくこと。

2メートル×2メートルくらいは、「的」となるゾーンがあって良いのです。

3球打ったら2回は成功、くらいのイメージでしっかり練習を積んで成功イメージを重ねておきましょう。

 

■慣れてきたら、徐々にゾーンを狭めていけばOK

上級者の方や、レベルが上がってきたら徐々にゾーンを狭くしていく。

実際には狭くしても、1メートル×1メートルくらいは的として残しておくことをオススメします。

この範囲に安定して打てるようにするには、どうすれば良いのか?

スピードアップだけ、ではサーブの安定感、キープ率のアップは狙えません。

まずはコントロールから、しっかり磨いて試合で使えるように仕上げていきましょう!

 

サーブの意識を変える、にはまず「サーブが楽しい!」と思えるような環境作りから。

楽しい、ということは自分のイメージ通りにボールがコントロール出来る、というのが一番ですね。

人は本気で狙おう、と考えるとやり方を変えようと考えます。

この必要性にかられる感じが、テニスでは大事なのです。

何も考えないでサーブをポンポン打っているだけだと・・・上達しません。

試合でそんなにリラックスして、打てますか・・・?

ピックアップ記事

  1. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  2. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  3. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  4. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  5. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    15-40からデュースにもっていく、その力があるか?

    試合の現場で、みなさんにこの力があるかどうか。この力がある、あ…

  2. サーブ

    リターナーを外に追い出す、スライスサーブを身に付けるには?

    スライスサーブで、相手を外に追い出してボレーでポン。こんなポイ…

  3. サーブ

    苦労してキープしている方が、意外と勝っちゃうのが試合

    これもまた、一つのテニスの試合の中でのあるある、でしょう。サー…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合で、「サーブのコースがバレてしまう!」ときは、大抵がトスアップの位置が原因です

    サーブのコースの打ち分け、皆さんはどの程度意識しているでしょうか?…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    サーブ&ボレーでは、「打ちながら前に出る?打ってから、前に出る?」の疑問について

    サーブ&ボレー、を普段から使っている方はダブルスの試合に出ている方でも…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    「サーブミスが多いのはここかもしれない」テニスの試合でプレッシャーがかかる場面を乗り越える!

    サーブを打つ時のステップってどうなってる?俺の場合は、右足を左…

特集記事

  1. テニス ストローク

    スマッシュ

    ダブルスの試合、「スマッシュのコースで迷ったらまずはセンター!」と割り切って打つ…
  2. テニス スポーツ

    メンタル

    だた何となく「返球しているだけのテニス」で、勝とうと思うから難しいのです
  3. テニス 戦術

    その他

    テニス選手でも、「珍しいプレースタイル」は、誰だって戦い辛い
  4. メンタル

    社会人のメンタルの強さを、学生はまだまだ甘く見ているから勝てないのです
  5. テニス ミス

    戦術

    緻密なコントロールこそ、試合では最高のプレッシャーになる
PAGE TOP