テニス ストローク

ストローク

テニスでは、「肘から先でラケットをたたむような打ち方」人、のこと手打ちと呼ぶことが多い

「どうしても、手打ちを直したいんです・・・」

「手打ちは直した方が良いですよ、と言われても何を変えたら良いのか分からない・・・」

こういう声を、よく耳にします。

そもそも「手打ち」って、何でしょうか。

私は色々聞いてきた話、観て来た「手打ち」と呼ばれる人には、こんな共通点があるように思います。

 

テニスでは、「肘から先でラケットをたたむような打ち方」人、のこと手打ちと呼ぶことが多い

 


 

1.肘から先を「たたむ」ような打ち方は、テニスでは限界がある

バドミントンや卓球、なら問題無いのかも知れません。

ラケットもシャトル、ボールも軽いし、肘から先の曲げ伸ばしで打った方が効率的なスポーツもある。

でも、テニスは違います。

硬式テニスは、肘をたたんで身体に近付けるような打ち方では、限界がある。

ある程度、ゆっくりしたラリーを続けるだけなら出来ますけどね・・・それでも、肘を痛める可能性が高い。

まず、「手打ち」の傾向を確認しておきましょう。

肘から先をたたむ、身体の近くでラケットをこうやって動かしてボールを打っていると、かなりの確率で怪我やテニス肘につながります。

 

2.ラケットを「身体から離す」ことを意識してみよう

特に女性のベテランプレイヤーの方、社会人になってテニスを始めた方は、そもそも「打点が近い」方が多い。

打点が近い方が安心しますし、何となく「コントロールしやすい」ように思えてしまうんですよね。

手打ちを直すには、まず打点を身体の遠くに設定すること。

まずはそこからです。

打点が少し離れれば、自然に身体を大きくつかったストロークが身に付いていく。

この変化、をしっかり受け入れて改善出来る人は、長くテニスが出来るはず。

皆さんが思っている以上に、腕やラケットって長いですよ。

 

3.準備とラケットの振り出しを速くすれば、手打ちは完全に卒業!

結局、打点も大事ですが・・・手打ちの人って、ギリギリまで準備しない。

テイクバックもしないし、自分の手元でボールを操作出来ると思っているから、タチが悪い。

「自分は違う!」という方も、結構準備遅いと思いますよ。

ラケットの振り出しを速く出来れば、その分打点も前になって肘がもっと、身体の前に出るでしょう。

そうなると、手打ちの頃よりもずっと良いボール、打てると思いますよ!

 

手打ちって、癖が付いてしまうとなかなか抜けない。

手元でギリギリまで引き付ける、結果的に打点が遅れて強引な手打ちになっている方、この機会に直しましょう!

打点を遠く、準備と振り出しを速く、だけ意識してみて下さい。

思い切って変える、勇気を持った人から変わっていけると思います。

ピックアップ記事

  1. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  2. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  3. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  4. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  5. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと

関連記事

  1. テニス ボレー

    ストローク

    「ストロークで緊張して自分のショットが打てない…」と感じている人は、打った打点に1.0秒間、顔を残し…

    ストロークのフォームが安定しない、軌道もばらけてしまってミスが多い・・…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークに必要な懐の深さは、後ろ足の軸足の使い方次第

    追い込まれても、しっかり1本を返球出来る。それも、甘くなくしっ…

  3. ストローク

    バックハンド狙い、を成功させたいなら…?

    とにかく、相手のバック側を狙う。これは、テニスの試合では大原…

  4. テニス スマッシュ

    ストローク

    ワイパースウィングの時は、下のエッジに引っ掛けるイメージで

    ストロークの際に使う、ワイパースウィング。このラケット動作が出…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で厄介な「バックハンドが得意な選手」への対抗策5つ

    バックハンド側を狙っても、なかなかミスしない。そんなしぶとい選…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    「テニスでヘッドが走るストローク」でキレ味の鋭さを増すのに必要なポイント4つ

    シングルスでもダブルスでも、テニスの醍醐味の一つはストローク。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. サーブ

    サービスエースは、フォアハンド側が多い
  2. テニス リターン

    リターン

    リターンゲームからリズムを作れると、サービスゲームも楽
  3. テニス 準備

    シングルス

    テニスのシングルスの試合では、「粘りながら考え、決断していく」というルーティーン…
  4. 戦術

    強い人は、ただ〇〇なだけ
  5. テニス メンタル

    戦術

    足が速い相手と、かけっこ勝負をしてはいけない
PAGE TOP