テニス ストローク

ストローク

テニスでは、「肘から先でラケットをたたむような打ち方」人、のこと手打ちと呼ぶことが多い

「どうしても、手打ちを直したいんです・・・」

「手打ちは直した方が良いですよ、と言われても何を変えたら良いのか分からない・・・」

こういう声を、よく耳にします。

そもそも「手打ち」って、何でしょうか。

私は色々聞いてきた話、観て来た「手打ち」と呼ばれる人には、こんな共通点があるように思います。

 

テニスでは、「肘から先でラケットをたたむような打ち方」人、のこと手打ちと呼ぶことが多い

 


 

1.肘から先を「たたむ」ような打ち方は、テニスでは限界がある

バドミントンや卓球、なら問題無いのかも知れません。

ラケットもシャトル、ボールも軽いし、肘から先の曲げ伸ばしで打った方が効率的なスポーツもある。

でも、テニスは違います。

硬式テニスは、肘をたたんで身体に近付けるような打ち方では、限界がある。

ある程度、ゆっくりしたラリーを続けるだけなら出来ますけどね・・・それでも、肘を痛める可能性が高い。

まず、「手打ち」の傾向を確認しておきましょう。

肘から先をたたむ、身体の近くでラケットをこうやって動かしてボールを打っていると、かなりの確率で怪我やテニス肘につながります。

 

2.ラケットを「身体から離す」ことを意識してみよう

特に女性のベテランプレイヤーの方、社会人になってテニスを始めた方は、そもそも「打点が近い」方が多い。

打点が近い方が安心しますし、何となく「コントロールしやすい」ように思えてしまうんですよね。

手打ちを直すには、まず打点を身体の遠くに設定すること。

まずはそこからです。

打点が少し離れれば、自然に身体を大きくつかったストロークが身に付いていく。

この変化、をしっかり受け入れて改善出来る人は、長くテニスが出来るはず。

皆さんが思っている以上に、腕やラケットって長いですよ。

 

3.準備とラケットの振り出しを速くすれば、手打ちは完全に卒業!

結局、打点も大事ですが・・・手打ちの人って、ギリギリまで準備しない。

テイクバックもしないし、自分の手元でボールを操作出来ると思っているから、タチが悪い。

「自分は違う!」という方も、結構準備遅いと思いますよ。

ラケットの振り出しを速く出来れば、その分打点も前になって肘がもっと、身体の前に出るでしょう。

そうなると、手打ちの頃よりもずっと良いボール、打てると思いますよ!

 

手打ちって、癖が付いてしまうとなかなか抜けない。

手元でギリギリまで引き付ける、結果的に打点が遅れて強引な手打ちになっている方、この機会に直しましょう!

打点を遠く、準備と振り出しを速く、だけ意識してみて下さい。

思い切って変える、勇気を持った人から変わっていけると思います。

ピックアップ記事

  1. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  2. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  3. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します
  4. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  5. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークを打ち終わった後に「フラフラしない」で、打ててますか?

    ストロークに安定感がある人は、打ち終わりが違う。打ち終わりが違…

  2. ストローク

    回転をかけて、ココを通過させるという感覚で

    コントロールを良くする為に、必要な発想として。何度か書いて来ま…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    今年は「アグレッシブスライス」でいこう!

    これは、私自身のテーマでもあります。スライスの、パワーアップ。…

  4. テニス 錦織圭

    ストローク

    シングルスの試合で有効な「相手を深く、えぐるストローク」を身に付けるためには…?

    テニスが上手い人のボールのイメージは、低くて速い・・・そんなイメージが…

  5. テニス メンタル

    ストローク

    ネットミス、アウトミスを減らすストロークの大原則

    シングルスでもダブルスでも、試合で熱くなるとつい忘れがちなこと。…

  6. ストローク

    骨盤を動かして腰を回すと、コントロール力アップ!

    試合でコントロールが良い選手、憧れますよね。最近のラケットやガ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 練習

    ストローク

    「壁打ちでストロークを磨く」テニス独特の練習法を有効にする4つのコツ
  2. ロブ

    ロブを打って良い風、を見極めよう
  3. メンタル

    「練習上手は勝負好き」緊張感の無いテニスの練習は無意味です
  4. テニス メンタル

    メンタル

    「試合中に逃げ出したくなる自分に負けない」テニスの試合で勝てるメンタルを養う為に…
  5. テニス メンタル

    ストローク

    アナタの試合が単調になる、一番の理由とは?
PAGE TOP