テニス メンタル

ボレー

バックハンドボレーが上手くいかない人は、「身体が倒れないようにお腹を前に出していく」だけで打点が安定します!

テニスを始めて最初にぶつかる壁、みなさんはどんな技術でしたか?

やはり男性でも女性でも、多いのがバックハンドボレーだと思います。

意外とテニス歴が長い人でも、怪しい人もいますしね・・・。

どうしても上手くいかない人は、こんなコツを試してみてはどうでしょうか?

私の経験上、特に男性の片手バックボレーが苦手な方には、結構効果があるように思います。

 

バックハンドボレーが上手くいかない人は、「身体が倒れないようにお腹を前に出していく」だけで打点が安定します!

 


 

1.自信が無いから手だけ出してしまう、バックボレー

人の心は、プレーに現れます。

「苦手だな・・・まずいな・・・」と思っているところにボールが来ると、身体全体で反応が出来ない。

腕だけ、ラケットだけ出してしまって打点が安定しないし、重たいボレーが打てない。

まずはこの「ラケットだけ出して、足が出ない」という形を変えていきたいですよね、バックボレー。

コツとしては、足よりもお腹の位置、腰の位置を意識することです。

 

2.グリップ方向にお腹を出していく、だけでOK!

バックボレーを打つ時に、なるべく自分のお腹を前に出していくようにしましょう。

グリップの位置に、出来るだけお腹を近づける、腰から前に出していく。

そうすることで、自然に足を出す意識も高まってきます。

ただし、一つだけ大事なポイントが。

背筋をしっかり伸ばして、上半身が前に倒れないようにだけ注意しましょう。

姿勢を保って身体から前に出していけば、ラケットだけで反応するバックボレーから卒業できるはずです。

 



 

3.横向きをセットにすれば、完璧なバックボレーが完成です!

お腹とラケットの距離を短くすることが出来れば、後は横向き、ですね。

バックボレーでは特に、正面を向いていてはボールをコントロール出来ません。

しっかり横を向けるように、下半身から身体の向きを調整してボールに向かっていきましょう。

相手のボールが速ければ、上半身だけ少しひねって斜めの形を作る。

苦手意識を払拭するためにも、ボールに向かっていくという意識は大事です!

 

フェデラー選手のバックボレー、とても美しいし見ていて安定感がありますよね。

横向きもしっかり出来ているし、何よりボールに身体全体、横向きでぶつかっていくような感じがよく出ています。

なかなかあそこまでパワフルできれいに打つのは難しいですが、良いイメージを養う為にも動画をチェックしておきましょう。

 

 

しっかり姿勢よく、お腹を出してく形で、バックボレーを試してみて下さい。

男性も女性も、片手の方も両手の方も、きっと何かをつかめるはずです!

■こういった背筋サポーターを使うのも、効果的でしょう

ピックアップ記事

  1. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  2. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  3. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  4. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  5. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう

関連記事

  1. テニス 戦術

    ボレー

    ファーストボレーを叩かれる人は、どう対策すれば良い?

    サーブ&ボレー、でのファーストボレー。これをしっかり返すのが、…

  2. テニス ポジショニング

    ボレー

    ダブルスの試合の前衛で、「ストレートも守れてポーチにも出れる」魔法のフットワークとは?

    ダブルスの前衛で、結局ポーチに出れないし、ストレートも抜かれる・・・。…

  3. ボレー

    「とにかくボレーがネットしてしまう」人が改善したい5つのポイント

    せっかく前衛にいたり、シングルスで前に出てもボレーが苦手だと・・・それ…

  4. テニス ストローク

    ボレー

    バックハンドボレーは、スライス?フラット?

    今回、アンケートのご質問の中から。バックハンドボレーの当たり、回転…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    テニスのダブルスの試合で必要な「スライスとフラットの2種類のボレー」は、ラケットヘッドの立て方で使い…

    ボレーに代表されるネットプレー、「この人上手い!」と思わせるようなプレ…

  6. ボレー

    「ボレーで打つコースを隠す」ことができれば、ゆっくりしたボールでもポイントが獲れる

    テニスにおいて、ネットプレーでポイントが獲れない選手に共通しているのが…

特集記事

  1. ダブルス

    4アップの状態になって、ズルズル下がる癖を止めよう
  2. ロブ

    女子ダブルスで有効なのは、触らせる低いトップスピンロブ
  3. テニス ストローク

    スマッシュ

    スマッシュはコース勝負!のために必要な、「打つコースを見ないで振り切る」練習は大…
  4. テニス メンタル

    その他

    テニスコーチからよりも、本気の試合相手から受けるレッスンが一番
  5. テニス メンタル

    メンタル

    「さぁ、この1本!」という勝負所で、最高のパフォーマンスを引き出すには・・・?
PAGE TOP