テニス メンタル

ボレー

バックハンドボレーが上手くいかない人は、「身体が倒れないようにお腹を前に出していく」だけで打点が安定します!

テニスを始めて最初にぶつかる壁、みなさんはどんな技術でしたか?

やはり男性でも女性でも、多いのがバックハンドボレーだと思います。

意外とテニス歴が長い人でも、怪しい人もいますしね・・・。

どうしても上手くいかない人は、こんなコツを試してみてはどうでしょうか?

私の経験上、特に男性の片手バックボレーが苦手な方には、結構効果があるように思います。

 

バックハンドボレーが上手くいかない人は、「身体が倒れないようにお腹を前に出していく」だけで打点が安定します!

 


 

1.自信が無いから手だけ出してしまう、バックボレー

人の心は、プレーに現れます。

「苦手だな・・・まずいな・・・」と思っているところにボールが来ると、身体全体で反応が出来ない。

腕だけ、ラケットだけ出してしまって打点が安定しないし、重たいボレーが打てない。

まずはこの「ラケットだけ出して、足が出ない」という形を変えていきたいですよね、バックボレー。

コツとしては、足よりもお腹の位置、腰の位置を意識することです。

 

2.グリップ方向にお腹を出していく、だけでOK!

バックボレーを打つ時に、なるべく自分のお腹を前に出していくようにしましょう。

グリップの位置に、出来るだけお腹を近づける、腰から前に出していく。

そうすることで、自然に足を出す意識も高まってきます。

ただし、一つだけ大事なポイントが。

背筋をしっかり伸ばして、上半身が前に倒れないようにだけ注意しましょう。

姿勢を保って身体から前に出していけば、ラケットだけで反応するバックボレーから卒業できるはずです。

 



 

3.横向きをセットにすれば、完璧なバックボレーが完成です!

お腹とラケットの距離を短くすることが出来れば、後は横向き、ですね。

バックボレーでは特に、正面を向いていてはボールをコントロール出来ません。

しっかり横を向けるように、下半身から身体の向きを調整してボールに向かっていきましょう。

相手のボールが速ければ、上半身だけ少しひねって斜めの形を作る。

苦手意識を払拭するためにも、ボールに向かっていくという意識は大事です!

 

フェデラー選手のバックボレー、とても美しいし見ていて安定感がありますよね。

横向きもしっかり出来ているし、何よりボールに身体全体、横向きでぶつかっていくような感じがよく出ています。

なかなかあそこまでパワフルできれいに打つのは難しいですが、良いイメージを養う為にも動画をチェックしておきましょう。

 

 

しっかり姿勢よく、お腹を出してく形で、バックボレーを試してみて下さい。

男性も女性も、片手の方も両手の方も、きっと何かをつかめるはずです!

■こういった背筋サポーターを使うのも、効果的でしょう

ピックアップ記事

  1. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  2. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  3. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  4. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  5. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ

関連記事

  1. テニス メンタル

    ボレー

    ハイボレーを、「力の入らない場所」で打ってないですか?

    ハイボレー、カットボレーを使う機会、特にダブルスで多いですよね。…

  2. ボレー

    相手に深いボールを打たせない、為にネットプレーがある

    ネットに出ることに、イマイチ踏み切れない人。そういう人は、この…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    ネットに詰めたハイボレーなら、ラケットを振るよりむしろ「引く」感覚が大事

    ネットに詰めて、ハイボレー!これをチャンスと見るのか、そうでな…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    ハイボレーでの踏み込み足は、上げていこう

    試合の中での、ハイボレーの踏み込み足。これを、しっかり上げてい…

  5. テニス ストローク

    ボレー

    ダブルスの試合に前衛で武器になる、「ポーチからのドロップボレー」は絶対に身に付けよう

    ポーチボレーで、前衛として攻撃していくのはダブルスの基本。特に…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    ハーフボレーは、ラケット動作を止めて待って良い

    低い位置のボレーを、ワンバウンドさせてハーフボレーにしていく。…

特集記事

  1. ダブルス

    サーバーを褒める、だけでもダブルスの結果は変わる
  2. テニス 予測

    ロブ

    自分が打ったロブは、必ず入ると信じて動き切ろう
  3. テニス 部活

    日々の雑記

    テニスをしていて辛いことが無い、というのが一番辛い
  4. ボレー

    フラット気味のストロークを打つ選手には、ネットプレーが効く
  5. テニス 練習

    テニススクール

    テニスを習って上達しやすい人、しにくい人の違い
PAGE TOP