テニス 準備

その他

アナタと一緒にテニスをプレーした人は、「外でアナタの宣伝マン」になってくれる

試合が強くなる、テニスが上手くなる人には「良い練習相手」が集まってくる。

自分より実力が少し上、試合の経験も豊富で情報も持っている。

そんな中で練習をしていれば自然に上達も速いし、ダブルスペアも探しやすい。

その為には、アナタ自身外の環境でのテニスの機会を大事にすること。

そして第一印象を大事にすること、が大事です。

 

アナタと一緒にテニスをプレーした人は、「外でアナタの宣伝マン」になってくれる

 


 

1.外での練習機会はただ作るだけじゃ、足りない

ただ外で練習して、それで終わりではもったいない。

せっかくの機会ですから、つながりを作ってまた呼んでもらう、自分が参加できるような環境にもっていきたい。

周りに期待しては、ダメ。

自分自身で積極的になって、テニスの上達につなげていかないといけないのです。

特に男性の皆さんは、頑張りましょう!

 

2.アナタの第一印象は、必ず外で語られている

例えば誰かに紹介されて、練習に参加したとしましょう。

必ずその紹介してくれた方に、他メンバーからアナタの「感想」については話されていると思った方が良い。

テニスの実力については、きっとそんなに話題にならない。

むしろ人としての第一印象や、練習態度についてしっかり見ている。

例えテニスの腕がイマイチでも、良い雰囲気、印象が残っていればきっとまた「アナタとテニスがしたい」という気持ちになっているはず。

そんなアナタのファンを創ることこそ、ネットワークを拡げていくうえでの原動力となります。

 

3.八方美人になる必要は無いけど・・・

自分が外でどんな人として語られているのか。

テニスは一人では出来ないスポーツである限り、この部分に意識を置いておくことは大事です。

何も、みんなに良い顔をする必要は無いけれど、自分が参加した練習会のメンバーからのはどう思われれているのか、はしっかり意識しましょう。

外でアナタの評判が悪くなると、良いことは無い。

試合に勝つためには、外でアナタの良い評判を自然に流してくれるような「宣伝マン」となる人を、増やしていくことも大事になります。

 

人間関係に悩んでいる方は、学生の皆さんでも多いはず。

社会人でテニスを頑張る皆さんも、そうですよね。

テニス界って、上手い人ほど人格的に疑問を感じるような人が多い・・・ですしね。

でもそれって、逆に言えばチャンスじゃないですか?

しっかりとした仲間を作りやすい、チャンスと土壌がある、とも言えると思います。

まずは外の試合に出て、ちょっと意識してコミュニケーションを取ってみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  2. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  3. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  4. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  5. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道

関連記事

  1. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合で勝てる選手は、「上手くいっているうちから作戦を変える」勇気を持って実行している

    スポーツの試合には、「作戦勝ち」という言葉があるように、事前の準備は大…

  2. テニス 客観視

    その他

    嫌なことは早く終わらせたい感、全部外に出てますよ

    みなさんが、苦手なこと。それって、ほとんどが「嫌いなこと」に近…

  3. テニス 錦織圭

    その他

    私が改めて考えてみる、「錦織選手の強さは何か?」を紐解く7つのポイント

    これから全仏オープン4回戦に挑む、錦織選手。改めて彼のすごさ、…

  4. テニス 戦術

    その他

    試合で着るウェア、自分をコントロールする意味で使い分けてみませんか?

    みなさんは試合で着るウェア、どうやって選んでいますか?団体戦や…

  5. テニス メンタル

    その他

    「勝った方が強い。負けた方は弱い。でも次は負けるな!」テニスの試合は続いていく

    俺がコーチしていた東京の大成高校男子テニス部がインターハイ東京都予選で…

  6. その他

    「このテニス選手、もったいない・・・」と私が感じるときは、こんなプレーを観たときです

    良いプレーが出来ている、技術もあるのに、なぜか試合で勝てない人。…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. リターン

    リターンとストロークは、別物
  2. メンタル

    テニスの試合、苦しい場面で「あの練習があったから、きっと大丈夫」と言える練習、出…
  3. テニス ダブルス

    ボレー

    「脱・中級者のネットプレー」の為には、ボールスピードに合わせない速い構え直しが不…
  4. テニス サーブ

    サーブ

    右利きの方は「ボールの少し右を捕らえるだけ」で、スライスサーブは簡単に打てます
  5. テニス メンタル

    戦術

    自分のミスが多くなる予兆を知っておけば、試合で大崩れすることは少ない
PAGE TOP