テニス 準備

その他

アナタと一緒にテニスをプレーした人は、「外でアナタの宣伝マン」になってくれる

試合が強くなる、テニスが上手くなる人には「良い練習相手」が集まってくる。

自分より実力が少し上、試合の経験も豊富で情報も持っている。

そんな中で練習をしていれば自然に上達も速いし、ダブルスペアも探しやすい。

その為には、アナタ自身外の環境でのテニスの機会を大事にすること。

そして第一印象を大事にすること、が大事です。

 

アナタと一緒にテニスをプレーした人は、「外でアナタの宣伝マン」になってくれる

 


 

1.外での練習機会はただ作るだけじゃ、足りない

ただ外で練習して、それで終わりではもったいない。

せっかくの機会ですから、つながりを作ってまた呼んでもらう、自分が参加できるような環境にもっていきたい。

周りに期待しては、ダメ。

自分自身で積極的になって、テニスの上達につなげていかないといけないのです。

特に男性の皆さんは、頑張りましょう!

 

2.アナタの第一印象は、必ず外で語られている

例えば誰かに紹介されて、練習に参加したとしましょう。

必ずその紹介してくれた方に、他メンバーからアナタの「感想」については話されていると思った方が良い。

テニスの実力については、きっとそんなに話題にならない。

むしろ人としての第一印象や、練習態度についてしっかり見ている。

例えテニスの腕がイマイチでも、良い雰囲気、印象が残っていればきっとまた「アナタとテニスがしたい」という気持ちになっているはず。

そんなアナタのファンを創ることこそ、ネットワークを拡げていくうえでの原動力となります。

 

3.八方美人になる必要は無いけど・・・

自分が外でどんな人として語られているのか。

テニスは一人では出来ないスポーツである限り、この部分に意識を置いておくことは大事です。

何も、みんなに良い顔をする必要は無いけれど、自分が参加した練習会のメンバーからのはどう思われれているのか、はしっかり意識しましょう。

外でアナタの評判が悪くなると、良いことは無い。

試合に勝つためには、外でアナタの良い評判を自然に流してくれるような「宣伝マン」となる人を、増やしていくことも大事になります。

 

人間関係に悩んでいる方は、学生の皆さんでも多いはず。

社会人でテニスを頑張る皆さんも、そうですよね。

テニス界って、上手い人ほど人格的に疑問を感じるような人が多い・・・ですしね。

でもそれって、逆に言えばチャンスじゃないですか?

しっかりとした仲間を作りやすい、チャンスと土壌がある、とも言えると思います。

まずは外の試合に出て、ちょっと意識してコミュニケーションを取ってみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  2. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  3. メルマガ配信、登録を開始します!
  4. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  5. 【重要です:視聴者アンケート】ご協力のお願い

関連記事

  1. テニス ミス

    その他

    テニスの試合でオムニコートに潜む罠、「ベースラインからストロークエース狙い」には要注意です

    オムニコートの特性、日本にいるとつい麻痺してしまいます。その是…

  2. その他

    「選手にとって嬉しい存在」試合に勝てる選手を育むテニスコーチという存在について

    高校に入学してからテニスを始めた。で、高校2年生の夏休み、テニ…

  3. その他

    国の威信をかけた漢のテニスの戦い、「デビスカップ名勝負」動画3選

    団体戦の醍醐味、それは何と言ってもチームの重みを感じながら戦えること。…

  4. テニス 試合

    その他

    「知らないうちに、やってるかも・・・」テニスの試合会場で見かける、マナー違反な行為5つ

    テニスの試合会場では、いつもの練習とは違う独特の雰囲気で包まれています…

  5. その他

    10年前の、有明センターコート

    今朝は、朝早くから大井町へ。大井町スポルのテニスコートで、佐…

  6. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合前日にやっておくべきこと5つ

    これから夏にかけては、大事な試合が多くなる時期。暑さ対策はもち…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ウェア

    フットワーク

    「身体が勝手に反応してくれた」ときの感覚は、テニスで大事にして欲しい
  2. ストローク

    鋭く足下に沈む攻撃的なストロークは、「軌道の頂点がネット手前」に設定されている
  3. テニス サーブ

    サーブ

    下からラケットを回すサーブ、私はあまりお勧め出来ません
  4. テニス ストローク

    ストローク

    片手バックハンドを極めたいなら、パッシングショットは避けて通れない
  5. 練習メニュー

    ダブルスの動きを鍛える、2対2のボレー対ストローク練習
PAGE TOP