テニス メンタル

戦術

消耗した状態で実践出来る技術こそ、アナタの技術そのもの

テニスの試合、勝ち進んでいけば消耗との戦い。

草トーの試合でも、1日に4~5試合はある大会もたくさんありますからね。

特にこの夏の時期、きっとアナタ自身苦労することもあるでしょう。

だからこそ、きっと自分自身が見えてくるんだと思います。

 

消耗した状態で実践出来る技術こそ、アナタの技術そのもの

 


 

1.消耗した状態で、自分に何が出来るのか?

体力的にかなり厳しい、そんな状態の中での試合。

それを、「疲れていたから・・・」と、言い訳で片付けるのは簡単です。

でも、それではもちろん強くなれない。

テニス選手なら、ある種「消耗した中での試合」が当たり前にならないと。

勝ち進んでいく、ということはこういうことです。

もちろん、体力を付ける、ベースアップは必要。

ですが実際の試合で消耗して、体力が切れて・・・何が出来るのか。

今一度、自分自身で考えてみて欲しいと思います。

 

2.消耗した試合の後半、で実行出来る策はあるか?

この夏、必ず試合終盤で苦しい場面はあるはず。

そこで、自分に何が出来るのか。

どんな策が、あるのか。

この部分に真剣に向き合わないと、アナタ自身試合で勝ち進んでいくことは難しい。

疲れているから、速く試合を終わらせた方が良い?

そんなに簡単なものでも無いですよね。

疲労困憊、な中で出来る策を考えていきましょう。

 

3.疲れてきたときこそ、丁寧なテニスが武器になる

あえて、私はこれを意識するようにしています。

人間疲れて来ると、速く試合を終わらせたくて淡泊になる。

もちろん、そのテニスで勝てる時もあるでしょう・・・が、ほとんどは逆なはずです。

疲れているときほど、丁寧にテニスをする。

相手とのラリーから、逃げない。

真っ向勝負、長いラリーを挑みつつ、しっかり攻撃していく。

そしてポイント間では大きく深呼吸して、肺に思いっきり酸素を入れる・・・つもりで、ルーティーンを行う。

丁寧なテニスをしようとすれば、冷静に策が思い出されるから、慌てることは無いでしょう。

 

試合の後半、疲労が溜まると焦りに変わる。

自分のテニスを見失う人って、ほとんどがその焦りからポイントを速く終わらせようとして流れを自分で悪くしているだけ。

このことに気付くと、きっと疲れている中でも試合の進め方、変わると思いますよ。

繰り返しますが、消耗している中でのテニスこそ、アナタ自身のテニス、です。

ピックアップ記事

  1. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  2. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  3. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  4. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  5. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう

関連記事

  1. 戦術

    テニスにおける攻撃の基本は、相手の選択肢を絞っていくこと

    テニスの試合、ボールを打って相手からノータッチエース。サーブで…

  2. テニス メンタル

    戦術

    粘ってもミスしてくれない、相手には攻めないと試合には勝てない

    相手を攻撃していくこと、から逃げてはいけない。粘り勝つ、という…

  3. 戦術

    40に乗せるポイント、に全力を注ごう

    負けそうで負けない、最後は勝ってしまう人。ポイント取得数はほぼ…

  4. テニス 準備

    戦術

    「失敗しても良いから」の言葉を、勘違いしてはいけない

    みなさんから頂いたアンケートを熟読させて頂いていて、一つの言葉が気にな…

  5. テニス ポジショニング

    戦術

    相手を後ろに下げて「自分はコートの内側」というポイントを、試合ではたくさん作ろう

    試合の中で、ぜひ意識して欲しいポイント。ポイントが終わった時に…

  6. テニス メンタル

    戦術

    自分というテニス選手を、「監督と選手」に分けて考えてみよう

    スポーツの試合では、「監督」が采配で力を発揮する競技も多くありますよね…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス シングルス

    シングルス

    シングルスの試合で「前に出るタイミングが分からない・・・」という人は、バック側に…
  2. テニス ミス

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合、「実際に使っている9割はシングルスコート」という事実につ…
  3. テニス メンタル

    シングルス

    同じポジションでずっと打っても、シングルスではポイントは取り辛い
  4. テニス ダブルス

    メンタル

    セルフジャッジはクリーンに、しておいた方が良い理由4つ
  5. その他

    「テニス雑誌の技術情報を鵜呑みに」していては、いつまで経ってもアナタ自身成長しな…
PAGE TOP