テニス メンタル

メンタル

テニスの試合に負けた後に、またすぐ試合が入る・・・ときにメンタルを切り替える術5つ

テニスの大会って、残酷なことが多い。

シングルスとダブルス、両方エントリーしている大会では、「負けたすぐあとに、またすぐ試合」というのもありますよね。

頭が切り替わっていない、落ち込んでいる状態から試合に入ると、スタートダッシュなんて絶対無理。

でも、ここでしっかり切り替えて試合が出来れば、それはアナタにとって大きな成長になる。

私が実践していた、または人から聞いた切り替え術、お教えします!

 

テニスの試合に負けた後に、またすぐ試合が入る・・・ときにメンタルを切り替える術5つ

 


 

1.一人になる

とにかくまずは、誰にも話さない、一人になれる場所に行って落ち着く。

10分でも良いので、人混みから離れて自分だけの時間を作りましょう。

何も考えなくて良いと思います。

ただ、水を飲みながらボーっとする。

負けた試合を思い出すでも、次の試合を考えるでもない時間、きっと必要なんだと思います。

 

2.シューズを脱いでリラックス

足元のケアは、まずはシューズを脱いで開放するところから。

ソックスも脱いで、少し素足で風に当たりましょう。

足元の熱を放出してあげると、頭も冷めてくる。

次の試合に向けた準備として、まずはしっかり身体を休める。

そうすれば自然と、負けた試合から気持ちが前向きになるはずです。

 

3.早く着替える

汗をかいていない試合でも、しっかりウェアを着替えましょう。

気分が変わりますし、また一から自分をスタート出来る。

私はいつも、シングルスとダブルスの試合が両方ある日はハッキリ違う色、で準備します。

勝っても負けても、また0-0から試合はスタートしますからね。

自分もフレッシュな気持ちで臨めるようにしましょう。

 

4.負けた試合の話はしない

つい、周りの仲間に愚痴の一つでも言いたくなりますが、そこは我慢。

反省はしますが、それはその後の試合も終わってからで良い。

まずは次の試合に向けて、の行動に注力したいので、自分の口から周りに話すことはあまりお勧め出来ません。

口から出た言葉、でアナタのメンタルは形成されていくのです。

 

5.良かったショットのイメージを持っておく

負けた試合でも、良かった点、良いイメージは次の試合に活かしたい。

相手が初戦、であればアドバンテージはアナタにある。

良いイメージのショットは、序盤からどんどん入れていきましょう。

ダブルスであればペアとも共有しておいて、スタートダッシュに活かしていく。

試合前に書くテニスノートも、お勧めです。

負けた試合を活かすも殺すも、次の試合への準備次第です。

 

試合数が多い、のがテニスの大会。

時間もまちまちですが、間の時間はアナタでコントロールが出来ない。

30分後、にはもう試合をして下さい・・・と言われる可能性だって高い。

だからこそ、しっかりした準備が必要。

そう、準備のための準備が、アナタの2試合目のカギを握っています。

ピックアップ記事

  1. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  2. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  3. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  4. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  5. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ

関連記事

  1. テニス 構え

    メンタル

    本当にメンタルが強いテニス選手は、フィジカルも強い

    今回も、「言われてみれば当たり前」なことを書いてみたいと思います。…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    「勝負事に勝つイメージを付けたい!」人に超絶オススメなのドラマ作品とは?

    年末年始、皆さんはどんな過ごし方をされますか?しっかり時間が取…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    トーナメントで良い成績、すぐに0に戻してまた練習再開

    良い成績、というのは人それぞれ。でも、目標を達成したときには、…

  4. テニス メンタル
  5. テニス 大学

    メンタル

    オムニコートでの練習に慣れていると「ハードコートでの重いボール」に苦労することになります

    日本では、どうしても練習と試合の中心はオムニコート。ですが重要…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    取れそうで失ったゲーム、を試合で引きずってはいけない

    客観的に試合を見直してみて、アナタが気付いて欲しい点。それは、…

特集記事

  1. テニス ダブルス

    ロブ

    テニスの試合で「背後のボール」を追いかけて返球するときに、必要なコツ5つ
  2. テニス サーブ

    サーブ

    フラットサーブに必要な、リストワーク4つ
  3. サーブ

    テニスの試合、「自分のセカンドサーブがいつも打ち込まれる・・・」と悩む人は、バウ…
  4. ダブルス

    相手並行陣をワイドに攻めて、センターで決める方法
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスのストレートリターンは、精度よりもタイミングと駆け引き重視で
PAGE TOP