テニス リターン

ストローク

スライスのフォロースルー、実は「長過ぎる」人が多い

ストロークやボレーでもよく使う、スライスという技術。

みなさんは、どんな打ち方の印象ですか?

学生の頃に、私はとにかくフォロースルーを長くとるショット!という印象でした。

そこで、必死に打った後に、ラケットを上に上に・・・と持ち上げようと頑張ったんですが、何だかボールが飛んでくれない。

悩んでいた頃に、実はこのコツに落ち着いたんです。

 

スライスのフォロースルー、実は「長過ぎる」人が多い

 

1.そもそも、フォロースルーでボールは飛ばせない

だって、そうじゃないですか。

打った後に、いくらラケットを動かしても、既にボールは解き放たれている。

前に飛び始めているボールを、操作することはテニスでは出来ません。

持ち上げようと必死に腕を前に出しても、実は非効率的。

それよりは、いかに正確に、上から力を伝えてインパクトするのか。

こっちの方が、よっぽど大事なんだと気付いたのは大人になってから。

意識したのは、高いテイクバックとインパクト、ですね。

 

2.頭の上に、ラケットを掲げてテイクバック

この高さ、をぜひ意識して下さい。

スライスストロークでは、ラケットをとにかく高く準備する。

テイクバックでは、頭の後ろにラケットがあるくらい、の準備でちょうど良い。

つい、フォロースルーで持ち上げようとしてしまいがちですが、そうじゃない。

しっかり上から抑えて、ラケットをしっかりと動かしてインパクトする。

ボールが当たる瞬間には、ある程度のスウィングスピードは必要ですよ、スライスでも。

ここで力を入れないと、ボールは飛んでくれません。

これはボレーでも、同じことが言えるんです。

 

3.ボレーはよりコンパクトに、上からボールに入っていこう

スライス回転をしっかりかけたボレー、に仕上げていくなら、この意識で。

しっかり上から抑えて、ボールに回転をかける。

ストロークの時みたいに、頭の後ろに持っていくのはやり過ぎですから、顔の横、くらいにセットする。

コンパクトでも、しっかりラケットは動かした方が良いです。

ボレーも、すくい上げるような打ち方にしている人がいますが、きっと良いボレーの球筋になってないはずなんですよね。

ぜひ、アナタ自身意識してみて下さい。

 

4.むしろ、フォロースルーは「余韻」でしかない

そう、余韻です。

打った後、その余韻が残っているだけ。

プロ選手はその余韻がすごく長いから、フォロースルーが長く見えるだけ。

しっかり振っているから、その余韻が長いんです。

アナタ自身が変えるべきは、インパクト時の強さでしょう。

スライスは、もっとパンチ力がある感じでピュッと振って良い。

フォロースルーも、短いくらいで良いでしょう。

意外と、このコンパクトな打ち方の方が、構え直しも早いし試合での使い勝手が良いはずです。

 

コツン、と弾いているのに、グググっと相手コートで伸びる。

こういうスライス、打っていきたいですよね。

しっかりと打つこと、を意識しましょう。

フォロースルーはあくまで余韻、そこで飛ばそうとしない。

重たいスライス、一緒に磨いていきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  2. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  3. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  4. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  5. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…

関連記事

  1. テニス コントロール
  2. テニス リターン

    ストローク

    「フォアハンドストロークの高い打点」をテニスの試合でしっかり打ち切るためのポイントとは?

    テニスの試合で勝ち進む人には色々なタイプがありますが、まず共通している…

  3. ストローク

    前衛を視界に入れながら後衛に打つ、ショットのレベルを上げよう

    ダブルスの試合で、使えるショット。みなさんの意識って、どうでし…

  4. テニス 準備

    ストローク

    ドロップショットをしっかり止めるには、ラケットヘッドは「フォロースルーで前に出さない」ことに尽きる

    ストロークを打つ構えから、スッ・・・とドロップショット、試合で使いたい…

  5. テニス ボレー

    ストローク

    「ストロークを前衛の足元に沈めたい・・・」並行陣を崩すコンパクトなストローク術5つ

    ダブルスの試合で、レベルが上がると増えてくるのが並行陣。高校生…

  6. テニス クレーコート

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    当たり前だけど、「ネットに近ければ近いほど」ドロップ系のショットは打ちやすくなる…
  2. テニス 緊張

    練習メニュー

    試合直後の練習こそ最高、だけど難しいなら・・・どうしましょう?
  3. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合では、「長いラリーは自分のペース」と思えるようになると強くなった…
  4. テニス ガット

    その他

    「ストリングのテンション」気温の変化とプレースタイルで調整しよう
  5. テニス ボレー

    ボレー

    「軸足セットで、踏み込みながらボレー」の基本を確認しよう
PAGE TOP