テニス ストローク

ストローク

分厚い当たりのスライスを使いたいなら、しっかりボールの外側に入る癖を付けよう

スライスのストロークを、もっと「重たいモノ」に変えていきたい方。

ベテランやシニア、女性の方でも、アンケートでたくさんの方が課題とされているようでした。

確かに、軽いスライス、は相手からも攻撃されるし試合であまり使えない。

重たいスライス、に変えていくには、何が必要でしょうか?

きっと、分厚いスライスを打つには、ラケットワークも大事ですがフットワークも大事。

自分の身体、をどこに置くのかに、今日は着目してみましょう。

 

分厚い当たりのスライスを使いたいなら、しっかりボールの外側に入る癖を付けよう

 

1.ボールの真後ろ、で本当に良いの?

あくまで、私のコツ、です。

例えばスライスのストロークをクロス方向に打つ、なら、身体がボールよりも「外側」にある状態を作りたい。

つまり、充分にボールに追い付く、だけじゃなくて自分が外側にいるような状態、を作ってしまう。

ダブルスのアレーコート、にいるような感じですね。

そこからクロス方向に、ボールの外側から当てて打っていく。

実は、これくらいの方が打ちやすかったりするんです。

このコツは、スライスリターンでも有効です。

 

2.スライスサーブは、外側で待ちかまえよう!

鋭く滑る、スライスサーブ。

このサーブは打点も低いいし、スピン系での攻撃にはリスクが伴います。

だからこそ、スライスでリターンしていくことがオススメ。

ボールを外側で待ちかまえていた方が楽だし、確実に抑えが効くんですよね。

ボールの真後ろ、だとこれが出来ない。

ほとんどの方が、スライスショットが甘くなるのって、ボールの「外側」をとらえきれていないからなんです。

 

3.ボールの真後ろだと、ボール自体が重い・・・

スライスを打とうとして、肘を痛める。

なんで・・・?肘に優しいショットじゃないの・・・と思うでしょうが、問題は打点。

打点が少し後ろだと、ボールは重いし持ち上がらない。

この「横から入るスライス」のメリットは、打点をしっかり前に確保出来ること、なんです。

打点が前だと、重く分厚いスライスが打ちやすいし、自分の負担も少ない。

真後ろに入っているうちは、効率的に力を伝えられないと私は思っています。

 

4.ラケットヘッドを立てて、打点を前にして押し出そう!

ボールの横に自分の身体をセット出来たら、後はラケットヘッドをしっかり立てる。

そして打点を前に取って、押し出していきましょう。

クロス方向に打つ、基本はボールの横を触ること。

身体自体がボールの横に入っていると、その感覚で打ちやすいですよね。

ラケットヘッドを立てていれば、しっかりと抑えも効くので大丈夫。

ぜひ、試してみて下さい。

 

自分の身体の位置を変えるのって、勇気要りますよね。

でも、劇的に変わるのがこれ、です。

きっと、試合の中で使えるスライス、もっと外側から回って身体をセットする。

思い切って早く動いて、通り過ぎるくらいの意識で良いでしょう。

分厚いスライス、練習してみて下さいね!

ピックアップ記事

  1. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  2. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  3. 今年も半分が過ぎましたので、アンケートを実施させて頂きます
  4. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  5. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークの準備が遅い人ほど、打点が前過ぎてコントロールが出来なくなる

    「え?後ろじゃなくて?」と思った方も多いと思います。いや、これ…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    両手バックハンドストロークの弱点である、「低く短いボール」への対処法は基本を徹底しよう!

    バックハンドストロークを両手で打っている方は、硬式テニスには多いはず。…

  3. テニス コート

    ストローク

    「ラリーをつなぐことが楽しい!」レベルを卒業したら、テニスはもっと楽しくなる!

    テニスを始めて半年、くらいの方はまず、ラリーがつながることから楽しさを…

  4. テニス スライス
  5. テニス スマッシュ

    ストローク

    体幹を捻ってテイクバック、だからストロークに安定感が出る

    「準備が遅い!」と、何度も言われ続けているみなさん。ここはもう…

  6. ストローク

    テニスの試合で「フォアハンドストロークを振り切れない」全ての人へ、意識したい4つのポイント

    フォアハンドストロークは、試合で武器にしている人が多い。それで…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス マナー

    戦術

    挑発的な人、の方がテニスの試合は強い
  2. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークのリズム感が取れない人は、「ボールがバウンドするのと踏み込む足のタイミ…
  3. テニス サーブ

    サーブ

    「デュースサイドからセンターへのスライスサーブ」は試合で有効なボディサーブに!
  4. テニス ポジショニング

    練習メニュー

    「慣れない技術に積極的にチャレンジする」ために、ポイント練習を工夫する方法とは?…
  5. テニス メンタル

    ストローク

    実際の試合では、調子の悪い相手にだって勝つのは難しい
PAGE TOP