テニス ストローク

ストローク

分厚い当たりのスライスを使いたいなら、しっかりボールの外側に入る癖を付けよう

スライスのストロークを、もっと「重たいモノ」に変えていきたい方。

ベテランやシニア、女性の方でも、アンケートでたくさんの方が課題とされているようでした。

確かに、軽いスライス、は相手からも攻撃されるし試合であまり使えない。

重たいスライス、に変えていくには、何が必要でしょうか?

きっと、分厚いスライスを打つには、ラケットワークも大事ですがフットワークも大事。

自分の身体、をどこに置くのかに、今日は着目してみましょう。

 

分厚い当たりのスライスを使いたいなら、しっかりボールの外側に入る癖を付けよう

 

1.ボールの真後ろ、で本当に良いの?

あくまで、私のコツ、です。

例えばスライスのストロークをクロス方向に打つ、なら、身体がボールよりも「外側」にある状態を作りたい。

つまり、充分にボールに追い付く、だけじゃなくて自分が外側にいるような状態、を作ってしまう。

ダブルスのアレーコート、にいるような感じですね。

そこからクロス方向に、ボールの外側から当てて打っていく。

実は、これくらいの方が打ちやすかったりするんです。

このコツは、スライスリターンでも有効です。

 

2.スライスサーブは、外側で待ちかまえよう!

鋭く滑る、スライスサーブ。

このサーブは打点も低いいし、スピン系での攻撃にはリスクが伴います。

だからこそ、スライスでリターンしていくことがオススメ。

ボールを外側で待ちかまえていた方が楽だし、確実に抑えが効くんですよね。

ボールの真後ろ、だとこれが出来ない。

ほとんどの方が、スライスショットが甘くなるのって、ボールの「外側」をとらえきれていないからなんです。

 

3.ボールの真後ろだと、ボール自体が重い・・・

スライスを打とうとして、肘を痛める。

なんで・・・?肘に優しいショットじゃないの・・・と思うでしょうが、問題は打点。

打点が少し後ろだと、ボールは重いし持ち上がらない。

この「横から入るスライス」のメリットは、打点をしっかり前に確保出来ること、なんです。

打点が前だと、重く分厚いスライスが打ちやすいし、自分の負担も少ない。

真後ろに入っているうちは、効率的に力を伝えられないと私は思っています。

 

4.ラケットヘッドを立てて、打点を前にして押し出そう!

ボールの横に自分の身体をセット出来たら、後はラケットヘッドをしっかり立てる。

そして打点を前に取って、押し出していきましょう。

クロス方向に打つ、基本はボールの横を触ること。

身体自体がボールの横に入っていると、その感覚で打ちやすいですよね。

ラケットヘッドを立てていれば、しっかりと抑えも効くので大丈夫。

ぜひ、試してみて下さい。

 

自分の身体の位置を変えるのって、勇気要りますよね。

でも、劇的に変わるのがこれ、です。

きっと、試合の中で使えるスライス、もっと外側から回って身体をセットする。

思い切って早く動いて、通り過ぎるくらいの意識で良いでしょう。

分厚いスライス、練習してみて下さいね!

ピックアップ記事

  1. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  2. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  3. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  4. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  5. テニスの試合、急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    「ストロークを打つときに伸び上がる人」は、いつまで経っても打点がブレるので安定しません

    ストロークを飛ばそう、飛ばそうとして下半身を使うのは有効な手段。…

  2. ストローク

    「意外と難しい、高い打点のストローク」をテニスの試合で克服するために

    ストロークで粘る事が出来ないと、シングルスの試合で勝つことは難しい。…

  3. テニス ストローク
  4. テニス フットワーク

    ストローク

    「バウンドの高さに合わせたテイクバック」で、テニスのストロークはより正確になる!

    ストロークの弾道が安定しないと悩む人、原因の一つは準備の精度。…

  5. テニス 準備

    ストローク

    テニスの試合でも練習でも必要な「ブロック」の技術を身に付けるポイント5つ

    スマッシュや早いサーブを返球するときに、必ず必要なのが「ブロック」する…

  6. テニス メンタル

    ストローク

    テニスの試合では、「相手に主導権を握られて走らされる」ポイントで、異常に疲れます

    試合が終わると、いつも疲れが溜まってしまってしばらく動けない。…

特集記事

  1. テニス アームカバー
  2. テニス 縄跳び
  3. テニス 書籍
  4. テニス タオル
  5. テニス 皮膚
  1. テニス メンタル

    メンタル

    精神的に未熟な人は、試合前に「練習をしていない自分」をいつも言い訳にする
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で鉄壁な並行陣は、「センターの守り方」が優れているから抜かれない!…
  3. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合の1ポイント目、いきなりネットダッシュで入りましょう!
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で取り入れたい、チェンジプレーの基本4つ
  5. テニス コート

    ストローク

    自分のコートが後ろにどれくらい下がれるか、は最初にしっかり確認しておくこと
PAGE TOP