ストローク

スライスで逃げる、のに限界を感じてないですか?

「返していれば、自滅してくれる相手」

これが実際多いのが、テニスの試合であり大会です。

でも、それって3回戦くらいまでの話、だと思いませんか?

アナタ自身、壁を破っていくには、ここを打開していかないと厳しいかも知れません。

 

スライスで逃げる、のに限界を感じてないですか?

 


 

1.スライスで凌ぐ、プレー自体は悪くない

もちろん、私だって使いますし、全仏オープンのプロの試合だって結構多い。

でも、問題なのは「スライス頼み」になってしまうこと。

相手に少し打ち込まれたり、動かされると、すぐにスライスになってしまう。

こういう癖が付いている人は、相手からすると戦いやすい。

バックで動かせば、スライスしかないな・・・と思われると、そこから前に出てネットを取られるかも知れない。

それに、甘いスライスって、やっぱり攻撃されますからね。

大事なのは、メリハリです。

 

2.バック狙いに対して、どう立ち向かっていくのか

試合の中で、特にシングルスの試合で、でしょう。

相手のバック狙いに、どういう対応をするかで、このスライスばかりになってしまう癖を打開するヒントがある。

思い切って回り込む、あるいはスピン系のショットでしっかり打ち返す。

この両方、を混ぜていくことが、私は必要だと思いますよ。

苦しくなったらスライス、ではなくて、苦しくなる前に対処していく。

これがテニスの試合には必要ですね。

 

3.バリエーションの中でスライスを使っていこう

スライスも、数あるショットの中の一つ、として使えれば強い。

あえて、攻撃的に踏み込めるような場面で使うのも有りですよね。

バックハンド、で踏み込んでスライス、ドロップショットでも良いでしょう。

とにかく、スライス=守備、というのをアナタ自身で変えていかないと。

粘るだけ、返球するだけ、に使っているなんてもったいないですよ。

 

4.粘りとは、積極性である

相手の攻撃を、ひたすら返す。

これが出来るのも、そのショットレベルの相手まで、です。

本当に強くなってきたら、相手が打ってから走って追いついてスライス、すら打てない。

だからこそ、どうやって粘るのか、相手の攻撃を凌ぐのか、に積極性が必要なんです。

あえて、バックハンドを狙わせる、みたいな。

スライスで逃げてばかりの人は、どこかで壁にぶち当たっているはず。

変えていくのは、今じゃないですかね?

 

スライスでしっかり、凌ぐところは凌ぐ。

でも、攻撃でも使うし、スライス一辺倒にならないこと、が大事です。

粘りが身上の方ほど、このスライス地獄に陥りやすいですから。

ぜひ、今一度自分のテニスを見つめなおしてみて下さいね。

ピックアップ記事

  1. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  2. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  3. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  4. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  5. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ

関連記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    ストローク戦で振り遅れが目立つ時には、ラケットヘッドからのテイクバックに変えてみよう

    試合の中で、ストロークで押され始めて、焦ってしまう。よくあるケ…

  2. テニス 戦術

    ストローク

    両手バックハンドストローク、の人こそ片手のスライスも練習しよう

    昨日の夜、錦織選手の試合を観戦していた方も、多かったんじゃないでしょう…

  3. テニス リターン
  4. テニス ロブ
  5. テニス 準備

    ストローク

    テニスの試合でも練習でも必要な「ブロック」の技術を身に付けるポイント5つ

    スマッシュや早いサーブを返球するときに、必ず必要なのが「ブロック」する…

  6. テニス ストローク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合会場で周りに迷惑をかけない「基本的なマナー」5つ
  2. テニス 感覚

    メンタル

    一昨日のカープ優勝の瞬間を観て感じた、「悔しい瞬間を眼に焼き付けること」の大切さ…
  3. テニス ボレー

    ボレー

    相手ボレーヤーに「ハーフボレー」をさせた後は、徹底的に前に詰めて攻撃していこう!…
  4. テニス サーブ

    サーブ

    コーナーを突いたセカンドサーブ、を試合で打つ為の4つのコツ
  5. テニス 居場所

    サーブ

    「8割はダブルフォルトで崩れていく」ことを自覚出来てる?
PAGE TOP