ストローク

スライスで逃げる、のに限界を感じてないですか?

「返していれば、自滅してくれる相手」

これが実際多いのが、テニスの試合であり大会です。

でも、それって3回戦くらいまでの話、だと思いませんか?

アナタ自身、壁を破っていくには、ここを打開していかないと厳しいかも知れません。

 

スライスで逃げる、のに限界を感じてないですか?

 


 

1.スライスで凌ぐ、プレー自体は悪くない

もちろん、私だって使いますし、全仏オープンのプロの試合だって結構多い。

でも、問題なのは「スライス頼み」になってしまうこと。

相手に少し打ち込まれたり、動かされると、すぐにスライスになってしまう。

こういう癖が付いている人は、相手からすると戦いやすい。

バックで動かせば、スライスしかないな・・・と思われると、そこから前に出てネットを取られるかも知れない。

それに、甘いスライスって、やっぱり攻撃されますからね。

大事なのは、メリハリです。

 

2.バック狙いに対して、どう立ち向かっていくのか

試合の中で、特にシングルスの試合で、でしょう。

相手のバック狙いに、どういう対応をするかで、このスライスばかりになってしまう癖を打開するヒントがある。

思い切って回り込む、あるいはスピン系のショットでしっかり打ち返す。

この両方、を混ぜていくことが、私は必要だと思いますよ。

苦しくなったらスライス、ではなくて、苦しくなる前に対処していく。

これがテニスの試合には必要ですね。

 

3.バリエーションの中でスライスを使っていこう

スライスも、数あるショットの中の一つ、として使えれば強い。

あえて、攻撃的に踏み込めるような場面で使うのも有りですよね。

バックハンド、で踏み込んでスライス、ドロップショットでも良いでしょう。

とにかく、スライス=守備、というのをアナタ自身で変えていかないと。

粘るだけ、返球するだけ、に使っているなんてもったいないですよ。

 

4.粘りとは、積極性である

相手の攻撃を、ひたすら返す。

これが出来るのも、そのショットレベルの相手まで、です。

本当に強くなってきたら、相手が打ってから走って追いついてスライス、すら打てない。

だからこそ、どうやって粘るのか、相手の攻撃を凌ぐのか、に積極性が必要なんです。

あえて、バックハンドを狙わせる、みたいな。

スライスで逃げてばかりの人は、どこかで壁にぶち当たっているはず。

変えていくのは、今じゃないですかね?

 

スライスでしっかり、凌ぐところは凌ぐ。

でも、攻撃でも使うし、スライス一辺倒にならないこと、が大事です。

粘りが身上の方ほど、このスライス地獄に陥りやすいですから。

ぜひ、今一度自分のテニスを見つめなおしてみて下さいね。

ピックアップ記事

  1. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  2. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  3. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  4. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  5. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    「相手の浅いボールをしっかり決め切る!」為に必要なストロークの基本4つ

    シングルスの試合で、しっかり相手からポイントを取る。粘ることも…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    トップスピンロブは「高い軌道のストローク」で、自然に打てるようになる

    トップスピンロブ、打ちたいですよね。錦織選手は今年、このショッ…

  3. テニス ボレー

    ストローク

    ロブレド選手に見る、参考にしたい片手バックハンドのテイクバック

    片手バックハンド、を磨いていきたいという方は、多いと思います。…

  4. テニス シングルス

    ストローク

    テニスのストローク、トップスピンの回転は「下向き面で安定させる」ことで試合で使えるようになる!

    ストロークでトップスピンを打つときのラケット面、どのくらい下を向けてい…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    グリップチェンジは、テイクバックのスタート時に!

    意外とみなさん、遅いです。テニスでは、グリップ選びこそ、「ショ…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で、「ロブを打つときに相手にバレやすい」人は、身体が正面向きになっている!

    ロブの重要性は、何度か書かせて頂きました。「よし、練習しよう!…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 試合

    メンタル

    これで良いと思った時点で、テニスの成長は止まる
  2. テニス メンタル

    サーブ

    サーブがどうも安定しない人は、「体重移動の幅を狭くする」ことで改善されるかも知れ…
  3. テニス 指導

    メンタル

    テニスの試合では、「思考は必ず行動に現れる」と覚悟しておくこと
  4. その他

    ミスが多いときは、何も考えていないときがほとんど
  5. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    ハイボレーでミスが続くときには、スマッシュに切り替えるのも作戦として有り
PAGE TOP