テニス サーブ

サーブ

攻撃的なサーブに必要なのは、「打った後にコートにしっかり入って終わる」くらい前にトスアップする技術です

テニスの試合、自分のサーブがどうしても攻撃的に打てない・・・。

サービスゲームよりもリターンゲームのほうが得意!というと聞こえが良いですが、上のレベルになってくるとなかなかブレイクも難しいですよね。

サーブを攻撃的な武器に変えていく為に、大事な要素は何でしょうか?

今回は、「とにかくトスアップを前」にしてみることで、スピードと安定感をアップさせる方法をご紹介します。

 

攻撃的なサーブに必要なのは、「打った後にコートにしっかり入って終わる」くらい前にトスアップする技術です

 


 

■体重を乗せたサーブを打つには、打点が全て

どんなに良いフォームを身に付けても、筋力を鍛えても、トスアップの位置が悪ければ全てが台無しに。

後ろの打点から、良いサーブは絶対に打てないことを覚えておいて下さい。

「前にトス、上げてるよ!」という選手も、ほとんどがまだまだ後ろに上げている。

打った後のポジション、しっかり見てみて下さい。

ベースラインよりも、はっきり10cm以上前に着地できていますか?

後ろ足がしっかり上がって、前足で着地できていますか?

このポイントを押さえるだけで、サーブの威力は劇的に変わるでしょう。

 

■それだと、身体が突っ込んでネットしてしまう・・・という方は?

身体、特に上半身が前に突っ込んでしまうと、トスを前に上げても有効活用できません。

大事なのは、膝を曲げてコートをしっかりキックしてジャンプすること。

身体が開いて前を向いてしまわないように、トスアップ後はしっかり我慢すること。

このジャンプを、コートの内側に入っていくように斜め前にジャンプできるように練習していきましょう。

ポイントは、前足の膝をしっかり曲げて、足の裏でしっかりコートを蹴ること。

脚力は、さほど要りません。

この下から上に伝えるイメージが出来れば、年配の方、女性の方でもしっかり良いサーブが打てるようになります。

 

■斜め上にジャンプできれば、サーブの基本動作は完了!

サーブで最も大事なのは、しっかり斜め前に力を伝えていくこと。

フラット、スライス、スピン、全ての球種でこの考え方は基本になります。

トスアップの技術は、本当に重要なのです。

多少打点やグリップは変わりますが、実際にサーブの種類を変えてもトスアップの位置やフォームは変わりません。

プロ選手は相手にばれないように、同じトスとフォームから球種とコースを打ち分けますよね。

まずはアナタ自身、得意な球種でこの前方向へのトスアップで、しっかり良いサーブを打てるように頑張りましょう!

 

ボールを持つ腕をしっかり前方向、相手の方向に出してみて下さい。

腕を出せば、その方向にボールはトスアップされます。

前に、前に・・・と思っても、腕の位置が横だとボールだけ前に飛ばそうとしてトスアップが安定しません。

テニスの技術を変えるときは、その初動の動作から思い切って変更してみる。

これが上達への近道です。

ピックアップ記事

  1. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  2. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  3. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  4. 【満員御礼】5月3日(月/祝) @千葉県幕張 土居コーチ女子ダブルスレッスンイ…
  5. メルマガ配信、登録を開始します!

関連記事

  1. サーブ

    平均的なサーブ、説明出来る?

    自分のサーブを、自分で説明してみる。こういう企画を、最近土居…

  2. サーブ

    ポイントをリードした時には、サーブを苦手コースにも打って散らしておくこと

    サーブが上手い選手って、みなさんどんなイメージですか?強く速い…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    周りが苦手なことを、「自分も苦手」に決め付けていないか?

    例えば、サーブ。皆さん、の周りにサーブが得意な人、試合で武器に…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    攻撃力の高いサーブを打ちたければ、コート内に着地しよう

    自分のサーブをパワーアップさせたい、と考えているみなさんへ。ま…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    下からラケットを回すサーブ、私はあまりお勧め出来ません

    試合でもよく見る、この下からラケットを回してくる、大きなフォームで打つ…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    セカンドサーブこそ、ダイナミックさが必要

    これは、私自身が最近意識していること、でもあります。どうしても…

特集記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    アナタのナイスショットは、相手にとってどうなの?
  2. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合で、「どうにも相手のナイスショットが止まらない」ときの対応策は?…
  3. テニス ストローク

    フットワーク

    「軸足の使い分けで臨機応変プレーを」意識でフットワークは、大きく変わります
  4. テニス リターン

    ストローク

    低い打点のストロークは、とにかく回転をかけることに集中しよう
  5. テニス メンタル

    サーブ

    「弾むトップスピンサーブ」を打ちたい!テニスの試合で有効なサーブは意外にも・・・…
PAGE TOP