テニス メンタル

その他

自分を変えたければ、付き合う人を変えるのが一番

テニスの試合に強くなりたい、自分を変えたい。

そう強く願う人に、私なりにアドバイス出来ることがあるとすれば、これです。

テニスって、すごくアナタ自身の私生活、日常と密接に関わっている。

何より、私自身が経験してきたこと、でもあります。

勇気が要りますし、パワーが要る。

でもそれ以上に、価値のあることだと私は思いますよ。

 

自分を変えたければ、付き合う人を変えるのが一番

 

1.居心地が良い場所は、テニスを強く育ててはくれない

もちろん、居心地が良い場所も必要。

でも、それだけじゃ試合に強くはなれない、と私は思います。

なにせ、自分自身に刺激が少ない、どうしても自分に対して「良いこと」しか言ってくれないような人、といつも一緒に居たいですからね。

それが自然です。

でも、テニスの練習、試合に備えた鍛錬を考えるならそれだけじゃダメ。

自分から、新しい環境を求めていかないと。

試合に強くなるには、こういうアクションが必要です。

 

2.付き合う人が変われば、自分も変わる

仕事や勉強でも、こういう経験ありませんか?

周りの雰囲気に推されて、つい自分の力まで気付かないうちに伸びていく。

そういう感じの経験が出来ること、こそ、テニスの醍醐味。

付き合う人が変われば、人は変われます。

私自身、周りから育てられて来た、という感覚が凄くあるんですよね。

アナタ自身が、少し勇気を出して踏み出せば、付き合う人が変わる。

後は、それをアナタ自身が受け入れることが出来るかどうか、ですかね。

 

3.「恥を知る」ことが出来るかどうか、経験出来るかどうか

テニスをしていれば、こういうこともある。

良い歳こいて、私自身も毎年たくさんの「恥」を経験しています。

テニスをしているから、周りから厳しいことも言われる。

恥ずかしいな、と思うこともある。

でも、それはどんどん新しい人、に私自身が接しているからです。

恥を知ること、を自分に必要だと考えている。

だからこそ、テニスをしたい。

不思議なもので、この意識がある人には近しいマインドを持った人が集まって来る。

そうなると、もうアナタは黙っていても強いテニスになっていきますかから。

 

4.付き合う人を変えることは、アナタにしか出来ない

「いやでも、仕事に家庭に、勉強に・・・忙しいし、出来ることは限られているよ」と思っている方も、多いでしょう。

それが、普通です。

何も、自分の生活を大きく変える、大きなリスクを冒す必要は無いでしょう。

毎日、帰る道を変える。

久しぶりに、懐かしい知り合いに会ってみる。

試合で負けた選手に、話しかけてみる。

付き合う人を変える、ちょっとした意識で生活は変わる。

不思議なものですが、モノは試しだと思います。

やってみて、損は無い、ですよ!

 

このT-PRESSも、一人の人、だと思います。

アナタ自身、にとっての良い出会いになれていれば嬉しいんですが・・・。

まだまだ、これからですよね。

私自身も、T-PRESSも、そしてアナタ自身も。

ピックアップ記事

  1. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  2. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  3. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  4. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  5. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート

関連記事

  1. テニス サーブ

    その他

    長男、次男、長女、次女、一人っ子、テニスが強いのは…?

    今日は、こんなテーマで考えてみたいと思います。兄弟、姉妹の関…

  2. テニス 環境

    その他

    試合前にやっておくとスタートダッシュが切れる!「試合用のウォーミングアップ」を見直そう!

    「試合前に、どんなウォーミングアップをすれば良いんですか?」と…

  3. テニス 部活

    その他

    「雨の日に、どうしてもテニスがしたい・・・」方に贈る、止んだらすぐできる水はけに便利な神グッズ5つ

    練習や大会で、どうしても雨でテニスができない・・・ということ、多々あり…

  4. テニス 雪

    その他

    もしアナタが「テニスで大きな失敗」をするとしたら、人生で一番若い今日という日がベスト

    テニスを続けていれば、楽しいことも辛いこともある。「若いうちは…

  5. その他

    テニスの試合の現場では、「残像を残さない」ようにしないと絶対にはまってしまう

    試合でミスが続くとき。それって、やっぱり何かを引きずっていると…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    「ワイドへのサーブで、もっとテニスの試合は楽になる!」相手から主導権を奪える理由…
  2. テニス リターン

    リターン

    試合の中でリターンが崩れていくときは、まず身体の開きを抑えよう
  3. テニス ダブルス

    Q&A

    読者のみなさんよりアンケートで頂いたお悩みに、私なりにお答えさせて頂きます Vo…
  4. テニス ダブルス

    フットワーク

    テニスの試合では、「ラリー中に自分が打ったらどう動くのか」のイメージを事前にしっ…
  5. テニス メンタル

    メンタル

    いつの間にか、「自分よりレベルが低い人だけ」を見て、自分を安心させていませんか?…
PAGE TOP