ボレー

至近距離でのボレー戦になったら、どんどん上を使おう

ダブルスの試合で、ボレー同士の打ち合いになる。

こういう場面でポイントが取れると、すごく乗っていけますよね。

でも、つい力んでしまってネット、アウト、多くないですか?

至近距離でのボレーボレー、のような打ち合いになったら、秘策があります。

そう、ヒントは相手の頭上、です。

 

至近距離でのボレー戦になったら、どんどん上を使おう

 


 

1.至近距離で相手に向き合うと・・・

つい、力が入りますよね。

でも、力んでも良いことはありませんから。

とにかく冷静に、相手のボレーをまずは受け止める。

それから、しっかりと「どこが空いているのか?」を見極めること。

ボレーを相手にぶつけて勝てるのは、初中級レベルまででしょう。

そこから先は、相手が「触れない場所」を狙うことが大事。

しっかりコントロールして、相手を動かす、攻撃する。

そのために、必要なのは実は「上を使う」という意識です。

 

 

2.至近距離でロブボレー、絶対に触れない

私は、これが得意です。

相手とボレーボレーになったら、すぐに上を使う。

相手の頭上にフワッとしたボレー、ロブボレーを使う。

ちょっと打つのが怖いかも知れませんが、至近距離で打てば相手は触れません。

アナタ自身も、イメージしてみて下さい。

相手との距離だ3~5メートルくらいの至近距離で、いきなり上に打たれたらラケットを上にセットする時間も無い。

このロブボレー、大事なのは「低さ」と「意外性」です。

 

3.高く上げる必要は、全く無い

このロブボレーのコツは、良い低さを維持すること。

直線的で、相手の頭上1メートル上くらいを通過させること、が大事です。

触れる高さだけど、急に打たれるから反応出来ない、ような感じですね。

これが打てると、試合ではすごく楽ですよ。

ボレー戦になっても、慌てる必要は無いですしね。

至近距離で打つから、相手は絶対に触れない。

この自信があると、自然と配球にも幅が出て来ます。

 

4.ラケット面をセットして待つ、待ち構える

まず、この低い軌道のロブ、を打つラケット面を考えてみましょう。

低いロブですが、ボールは上に打つのでしっかりと上向きを作る。

でもある程度直線的に打ちたいので、斜め上、くらいのラケット面を作る。

この面を作って待ち構える、という意識が大事です。

待ち構えているから、安定して打てる。

ボレー戦になった段階で、このロブボレーはパッとイメージ出来るように。

日頃の練習から、使い込んでおくことが大事です。

 

テクニックは、使わないと意味が無い、成長しない。

試合に勝ちたいなら、どんどん使って覚えていかないと。

このロブボレーに必要なのは、技術よりまず発想、です。

良い発想を持てる人、がしっかり低い、良いロブボレーが打てる。

ぜひ、みなさんも練習してみて下さい!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  2. 【読者の皆さまへ】アンケートのお願いです
  3. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  4. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  5. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に

関連記事

  1. ボレー

    ネットプレーでミドルボレーが安定しない人は、「フォロースルーの位置を上げる」だけで、格段にレベルが上…

    ボレーのレベル、ネットプレーが得意かどうかは、「ミドルボレー」を観れば…

  2. テニス ストローク

    ボレー

    ダブルスで4人がつなぎ合うボレーを打破するには、アングルボレーを使うしか無い

    ダブルスの試合、特に女子ダブルスですかね。40代以上のベテラン…

  3. テニス ストローク

    ボレー

    ハイボレーをしっかり決めるには、〇〇を意識すれば大丈夫!

    ハイボレーが、チャンスで決まらない。ダブルスで、これは大きな問…

  4. ボレー

    テニスの試合で必要な「バックハンドのハイボレー」をしっかり返球するコツ5つ

    ダブルスで前衛にいるときに、心のどこかで思っていませんか?「バ…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーで腰が引けてしまっている人は、簡単に反撃されてしまう

    ボレーが苦手な人は、雰囲気で分かる。腰が引けてしまっていて、ボ…

  6. テニス

    ボレー

    ボレーのときに身体が開く人は、胸から突っ込んでいるケースが多い

    女子ダブルスの試合だと、4人全員でボレー、のような形ありますよね。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「試合前に決めておく大事なこと」を5つピックアップしてみた
  2. テニス メンタル

    メンタル

    「緊張感の中で・・・」テニスの試合で実力を発揮する為に、必要なイメージとは?
  3. テニス ストローク

    ストローク

    シングルスで使えるショートクロス、「高い打点から起動高め」でいこう!
  4. テニス

    練習メニュー

    ダブルスのボレーボレーの中からポーチに出る!為に、効果的な練習メニュー
  5. テニス知識

    テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
PAGE TOP