テニス ボレー

ボレー

テニスの試合で、「速いボールが怖い!」人は、辛いですがこういう練習が一番効果的です

テニスのボールスピード、他の競技と比べてどうでしょうか。

学生や一般の皆さんのサーブでも、普通に150km前後は軽く出ている。

これって、プロ野球でも速球派のピッチャーが投げるスピードとほぼ同じ。

それをしかも、広い範囲で守らないといけない、ボレーで返球したりもしないといけない。

改めて考えるとテニスって、すごくハードなスポーツ・・・ですよね。

 

テニスの試合で、「速いボールが怖い!」人は、辛いですがこういう練習が一番効果的です

 

■恐怖心は、眼からの情報をどう捉えるかによる

速いボールを怖いと感じる、のは人間の本能。

これを否定しよう、抑え込もうと思っても限界があります。

とにかくまずは、慣れること。

速いボールを怖がっていては、余計に怪我をしてしまう可能性もある。

まずはスピードに慣れるために、必要なトレーニングはシンプルです。

 

■サングラスを付ける、スポンジボールで向かっていく練習する

高校時代にやっていた練習、まずはネットプレーのときにサングラスを付ける。

それから柔らかいスポンジボールを用意して、至近距離、5メートルくらいの距離で思い切り打ってもらったボールを打ってもらい、ボレーする。

ボレーで速いボールに向かっていく、ことに慣れるとテニスでは恐怖心を克服できる。

サングラスしているので、眼に当たっても怖くないですしね。

サングラス、用意しなくても良いくらいです、スポンジボールですので。

目線を落として、低く構える。

速いボールに、しっかりラケットを当てる、反応する、向かっていく姿勢が大事です。

まずは眼にボールスピードを慣らしていく、このトレーニングはぜひ初心者の方にもお勧めです。

 

■速いボールは、ラケットを打点前で合わせていければ怖くない

速いボールが怖い、のは「返球のコツ」を知らないからとも言えます。

人は、対処方法が分からないものに対して、恐怖心を覚える。

速いボールは、テニスではブロックしてしまえば良い。

相手の力を使って返球するには、自分の身体の前でしっかりブロック、すれば楽に返球出来る場合もある。

一度自身をつかむと、こういった守備は快感になりますよ。

 

スポンジボール、ぜひ部活やサークルの練習で使ってみましょう。

初心者の方はラリーしやすくて、楽しく練習出来る。

あと意外と上級者の方が、しっかりラケットを振り切る練習にもなるんです。

スポンジボールはしっかり振り切って打っても、飛び過ぎない。

入れにいく、置きにいく、ようなテニスに悩んでいる人はスポンジボールでのショートラリーがお勧めです。

少し話がそれましたが、速いボールへの恐怖心、工夫次第で絶対に克服出来ます!

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    相手のスライスは、全てポーチチャンスと心得よう!

    ダブルスの試合、皆さんもっと、チャンスに貪欲にならないと。相手…

  2. ボレー

    低い打点でのボレーは、無理やりスライスをかけようとしないでフラット気味でも良いと思う

    ローボレー、難しいですよね。何が難しいって、まず低い位置からボール…

  3. ボレー

    テニスの試合で効果的なボレーは、「山なりで深い、遅い」が大前提です

    ボレーのイメージが間違っていると、試合で大事なポイントでミスになる。…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    バックハンドボレーの準備は、「利き腕では無い方の手のひら」を使えば抜群に安定します!

    バックハンドボレーのミス、大半は「準備が遅いのと、大きい」のが原因にな…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    「軸足セットで、踏み込みながらボレー」の基本を確認しよう

    ネットプレーでなかなかポイントが獲れない人は、この基本から見直したい。…

  6. テニス ストローク

    ボレー

    「ドライブボレーは難しい・・・」と思っている方は、打点の高さを意識すれば楽に打てます!

    女子選手の試合を観ていると、プロでもジュニア選手でもドライブボレーを使…

最上部レクタングル広告

スカイクレイパー広告枠

  1. テニス 用語

    その他

    「今さら聞けない・・・」テニスの試合で必要な用語をまとめてみました
  2. ストローク

    「準備早めで!」テニスの練習から意識したいテイクバックのタイミング
  3. その他

    「自分のテニスを動画で観たことが無い人」には、どんな名コーチのアドバイスも上の空…
  4. その他

    「上手い選手のここを見ておけっ!」ポイントを絞れば、テニスは観察・実践で上達が早…
  5. テニス バックハンド

    ストローク

    片手バックハンドのショットは、思っている以上に「横スウィング」になりやすいので注…
PAGE TOP