ロブ

前に入りながらロブ、が攻撃的なテニスの基本

ロブを攻撃的に使うこと。

これは、ダブルスの試合では必須のテクニック、ですね。

使うための意識として、私はこれを基本に置いておきたい、と考えています。

下がってロブ、では粘ることしか出来ない。

コートの内側、に入れたときこそ、ロブで攻撃するチャンスでしょう。

 

前に入りながらロブ、が攻撃的なテニスの基本

 


 

1.浅いボールは深く強打?だけ?

では、試合で通用しません。

相手も、下がって余裕を持って対応出来ますし、前衛がポーチで防いでくるかもしれない。

攻撃=強打、だけだと、試合は非常に淡泊なものになるはず。

だからこそ、前に入るときこそ、ロブのチャンス。

ダブルスの試合、ロブを打つのは自分に余裕をがあって相手を攻撃出来るとき。

これが打てれば、男子ダブルスでも非常に有効です。

 

2.甘いロブでも、至近距離で打たれたら反応出来ない

みなさんも、試合で経験あるはずです。

相手が至近距離、にいるときにロブを打たれると、反応した瞬間にはもう頭の上にボールがある。

低い軌道でも、もうどうすることも出来ない・・・。

後衛も、急いでカバーしようにも打ってからバウンドまであまり時間が無い、から厳しい。

こういうロブ、を試合で使っていくことが大事。

つまり、コートの内側に入って、相手と近い状態で打てるとき、ですね。

出来るだけ試合の序盤、でこれを使っておきましょう。

 

3.同じ構え、からロブを打てるように練習しよう!

ロブの大事な要素、はばれないということ。

ばれないように、演技力を磨くこともテニス選手としては大事です。

ロブを打つ雰囲気、強打する雰囲気、が同じであるように。

そうすること、がこの作戦の成功の一番重要な要素となります。

同じ構えからストレート方向、クロス方向、にしっかりロブを打てること。

テイクバック時、まで同じような構えを見せれば、相手は動けないですから。

 

4.守備にしかロブを使わない、という発想は捨てよう!

どうしても、特に男性の方はそうだと思います。

ロブって、強力なサーブをリターンするときか、走らされて時間を稼ぐとき、にしか使わない人が多い。

確かに、そういう時も必要です。

でも、それって相手も織り込み済ですからね。

強い相手は、粘るだけだとなかなかチャンスをつかめない。

攻撃的に、コートの内側に入ってロブを上げる。

これは、ダブルスで必須のテクニックと心得ましょう。

 

攻撃的に使うロブ、が打てればダブルスの幅が広がります。

ロブを使うから、沈めるボールや低いボールが活きる。

特に強打がある選手ほど、使っていけるともっと楽に勝てると思います。

男性のみなさん、ロブの概念を変えて試合で使っていきましょう!

ピックアップ記事

  1. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  2. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  3. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  4. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  5. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ

関連記事

  1. テニス ストローク

    ロブ

    走らされた後のロブ、の深さが大事

    相手に走らされた後に、正確にロブを上げる。この渋い技術が、いか…

  2. テニス ボレー

    ロブ

    ロブは上に打ち上げるのではなく、前に押し込んでいこう!

    ダブルスの試合が強い人は、ロブが本当に上手い。攻撃でも守備でも…

  3. ロブ

    相手のスマッシュをミスに追い込む、シンプルな方法は?

    試合の中で、相手のスマッシュミスを誘う。これは、成功すると1ポ…

  4. テニス 前衛

    ロブ

    ロブが上手い人は、相手の反応を見るのが上手いんです

    繰り返し書いてきましたが、特にダブルスの試合はロブが大事。この…

  5. テニス メンタル

    ロブ

    テニススクールでは教えてくれない、スマッシュをロブで返球する為の技術5つ

    試合で使うのに、テニススクールではなかなか教えてくれないこと。…

  6. テニス ストローク

    ロブ

    ロブが上手く打てない人は、「目の前に2メートルの壁」があると思って

    ロブを打つ時に、どうしても「入れる感じ」になってしまう方、多いですよね…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ストローク

    戦術

    「難しいこと」は、どんどん相手にやらせよう
  2. メンタル

    迷った時は、「これで自分は成長出来るのか?」を判断基準に
  3. ダブルス

    ダブルスの初中級レベルの相手なら、「前衛のバックボレー狙い」から一気にチャージし…
  4. テニス メンタル

    その他

    インターネットがテニスにもたらしたもの、について考えてみた
  5. テニス メンタル

    サーブ

    「発展しないサーブとは?」打点を意識して変えることでアナタのテニスは勝てるように…
PAGE TOP