ロブ

前に入りながらロブ、が攻撃的なテニスの基本

ロブを攻撃的に使うこと。

これは、ダブルスの試合では必須のテクニック、ですね。

使うための意識として、私はこれを基本に置いておきたい、と考えています。

下がってロブ、では粘ることしか出来ない。

コートの内側、に入れたときこそ、ロブで攻撃するチャンスでしょう。

 

前に入りながらロブ、が攻撃的なテニスの基本

 


 

1.浅いボールは深く強打?だけ?

では、試合で通用しません。

相手も、下がって余裕を持って対応出来ますし、前衛がポーチで防いでくるかもしれない。

攻撃=強打、だけだと、試合は非常に淡泊なものになるはず。

だからこそ、前に入るときこそ、ロブのチャンス。

ダブルスの試合、ロブを打つのは自分に余裕をがあって相手を攻撃出来るとき。

これが打てれば、男子ダブルスでも非常に有効です。

 

2.甘いロブでも、至近距離で打たれたら反応出来ない

みなさんも、試合で経験あるはずです。

相手が至近距離、にいるときにロブを打たれると、反応した瞬間にはもう頭の上にボールがある。

低い軌道でも、もうどうすることも出来ない・・・。

後衛も、急いでカバーしようにも打ってからバウンドまであまり時間が無い、から厳しい。

こういうロブ、を試合で使っていくことが大事。

つまり、コートの内側に入って、相手と近い状態で打てるとき、ですね。

出来るだけ試合の序盤、でこれを使っておきましょう。

 

3.同じ構え、からロブを打てるように練習しよう!

ロブの大事な要素、はばれないということ。

ばれないように、演技力を磨くこともテニス選手としては大事です。

ロブを打つ雰囲気、強打する雰囲気、が同じであるように。

そうすること、がこの作戦の成功の一番重要な要素となります。

同じ構えからストレート方向、クロス方向、にしっかりロブを打てること。

テイクバック時、まで同じような構えを見せれば、相手は動けないですから。

 

4.守備にしかロブを使わない、という発想は捨てよう!

どうしても、特に男性の方はそうだと思います。

ロブって、強力なサーブをリターンするときか、走らされて時間を稼ぐとき、にしか使わない人が多い。

確かに、そういう時も必要です。

でも、それって相手も織り込み済ですからね。

強い相手は、粘るだけだとなかなかチャンスをつかめない。

攻撃的に、コートの内側に入ってロブを上げる。

これは、ダブルスで必須のテクニックと心得ましょう。

 

攻撃的に使うロブ、が打てればダブルスの幅が広がります。

ロブを使うから、沈めるボールや低いボールが活きる。

特に強打がある選手ほど、使っていけるともっと楽に勝てると思います。

男性のみなさん、ロブの概念を変えて試合で使っていきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  2. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  3. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  4. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  5. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える

関連記事

  1. テニス フットワーク

    ロブ

    「トップスピンロブを、使いこなせ」コツさえ掴めば、大助かりの魔法のショットに

    ロブを試合でどのくらい使うだろうか。シングルスの場合は、相手が…

  2. テニス ストローク

    ロブ

    ロブが上手く打てない人は、「目の前に2メートルの壁」があると思って打てばOK

    ロブを打つ時に、どうしても「入れる感じ」になってしまう方、多いですよね…

  3. テニス ストローク

    ロブ

    ダブルスの試合、相手をロブで走らせたら「つなぎ球」を仕留める態勢で待ちかまえよう

    ダブルスの試合、結構ロブを使うのが上手い方は多い。でも、本当に…

  4. テニス ダブルス

    ロブ

    一見スマッシュを打てそうなロブ、こそダブルスでは最高に使えるロブ

    試合で使える、良い攻撃ってどんなイメージでしょうか。ダブルスの…

  5. テニス ストローク

    ロブ

    「リターンで、いきなりトップスピンロブ?」良い作戦じゃない!

    最近、ちょっとマイブームなのがこれです。ダブルスの試合、リター…

  6. テニス フットワーク

    ロブ

    試合で相手に効くロブは、精度よりも「打つタイミング」で相手の不意を突く要素が大事!

    ロブについて、皆さんどんなイメージですか?ベースラインから、相…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    「隙が無いダブルスを崩す為に」必要なセンターセオリーと連続攻撃について
  2. テニス 雨

    メンタル

    試合では「自分でコントロール、制御出来るもの」に集中しよう
  3. テニス メンタル

    ボレー

    ただつなぐだけのボレーでも、同じ構えからドロップボレーが打てれば試合で相手の脅威…
  4. テニス メンタル

    ストローク

    合わせるスライス、では無く「しっかり振るスライス」を覚えるのに必要なコツ4つ
  5. テニス ボレー

    スマッシュ

    スマッシュが苦手な人は、利き腕の肘を落とすのが遅い
PAGE TOP