ロブ

前に入りながらロブ、が攻撃的なテニスの基本

ロブを攻撃的に使うこと。

これは、ダブルスの試合では必須のテクニック、ですね。

使うための意識として、私はこれを基本に置いておきたい、と考えています。

下がってロブ、では粘ることしか出来ない。

コートの内側、に入れたときこそ、ロブで攻撃するチャンスでしょう。

 

前に入りながらロブ、が攻撃的なテニスの基本

 


 

1.浅いボールは深く強打?だけ?

では、試合で通用しません。

相手も、下がって余裕を持って対応出来ますし、前衛がポーチで防いでくるかもしれない。

攻撃=強打、だけだと、試合は非常に淡泊なものになるはず。

だからこそ、前に入るときこそ、ロブのチャンス。

ダブルスの試合、ロブを打つのは自分に余裕をがあって相手を攻撃出来るとき。

これが打てれば、男子ダブルスでも非常に有効です。

 

2.甘いロブでも、至近距離で打たれたら反応出来ない

みなさんも、試合で経験あるはずです。

相手が至近距離、にいるときにロブを打たれると、反応した瞬間にはもう頭の上にボールがある。

低い軌道でも、もうどうすることも出来ない・・・。

後衛も、急いでカバーしようにも打ってからバウンドまであまり時間が無い、から厳しい。

こういうロブ、を試合で使っていくことが大事。

つまり、コートの内側に入って、相手と近い状態で打てるとき、ですね。

出来るだけ試合の序盤、でこれを使っておきましょう。

 

3.同じ構え、からロブを打てるように練習しよう!

ロブの大事な要素、はばれないということ。

ばれないように、演技力を磨くこともテニス選手としては大事です。

ロブを打つ雰囲気、強打する雰囲気、が同じであるように。

そうすること、がこの作戦の成功の一番重要な要素となります。

同じ構えからストレート方向、クロス方向、にしっかりロブを打てること。

テイクバック時、まで同じような構えを見せれば、相手は動けないですから。

 

4.守備にしかロブを使わない、という発想は捨てよう!

どうしても、特に男性の方はそうだと思います。

ロブって、強力なサーブをリターンするときか、走らされて時間を稼ぐとき、にしか使わない人が多い。

確かに、そういう時も必要です。

でも、それって相手も織り込み済ですからね。

強い相手は、粘るだけだとなかなかチャンスをつかめない。

攻撃的に、コートの内側に入ってロブを上げる。

これは、ダブルスで必須のテクニックと心得ましょう。

 

攻撃的に使うロブ、が打てればダブルスの幅が広がります。

ロブを使うから、沈めるボールや低いボールが活きる。

特に強打がある選手ほど、使っていけるともっと楽に勝てると思います。

男性のみなさん、ロブの概念を変えて試合で使っていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  2. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  3. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  4. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  5. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム

関連記事

  1. テニス メロブ

    ロブ

    苦し紛れのロブは、大抵入らない

    深いアプローチで追い込まれたときに・・・皆さん、どんな感じですか?…

  2. テニス ストローク

    ロブ

    ロブが上手く打てない人は、「目の前に2メートルの壁」があると思って

    ロブを打つ時に、どうしても「入れる感じ」になってしまう方、多いですよね…

  3. テニス リターン

    ロブ

    試合で使えるロブは、コートの1メートル内側の落とす感覚で良い

    試合で使えるロブ、みなさんもう一度イメージしてみましょう。綺麗に抜…

  4. テニス ポジショニング

    ロブ

    ポイント前に、「女性の上に上げられたロブは、どうするのか?」を決めておくのがミックスダブルス

    ミックスダブルスの試合に出ている方は、これを決めておきましょう。…

  5. テニス ボレー

    ロブ

    強そうな相手ほど、実はロブが効く

    見るからに強そう、体格も良い。そんな相手が対戦相手になると、ち…

  6. テニス ダブルス

    ロブ

    滞空時間の長いリターンロブは、試合の流れを変える

    試合で、相手のビッグサーブの攻略が難しい。男性のサービスゲーム…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. スマッシュ

    風が強い日のテニスの試合では、ある作戦を実行することで「相手を窮地に」追い込める…
  2. テニス ダブルス

    戦術

    動き続けた前衛なら、逆に止まっていることも最高のフェイントになる
  3. テニス ストローク

    メンタル

    ビビった時のスピンストローク、ラケット面は下を向く
  4. リターン

    フォルトも打ち返す、そんな気概でリターンを
  5. ロブ

    ロブが上がると消極的になる、ではトーナメントで勝ち上がれない
PAGE TOP