テニス ボレー

ロブ

意外と使える、ネット近くからのロブの使い方について

ロブについて、みなさんどんなイメージですか?

きっと、コートの後ろから苦しいときに打つショット、という感じだと思います。

もちろん、それも使い方の一つ。

でも、試合でポイント奪取に使いたいなら、意識を変えていかないとダメ。

実は、ロブはネット近くから打つと、効果的なショットなんです。

 

意外と使える、ネット近くからのロブの使い方について

 


 

1.至近距離で打たれる、とイメージしてみて下さい

きっと、試合でこれを打たれると厳しいはず。

相手が近くにいる、ネットを挟んでボレーでも打ち合えそうなところに・・・ロブを打たれる。

これは本当に、辛いですよね。

何が辛いって、あっという間にボールが後ろにいく、気付いた時にはもう頭上を越えてますからね。

試合で使えるロブって、こういうロブ。

いかにも、というロブは、実は試合では使えないんですよね。

 

2.のけぞりながらロブ、コートの後方からロブ、効果無し

試合では、これは効果が無いです。

いかにも、というタイミングのロブ、は相手も対応しやすい。

実際に、男子選手でものけぞりながらトップスピンロブ、を打っても、入らないし相手も構えている。

ネットから後方、の場所からロブを打っても、相手は何も怖く無い。

ロブをしっかり、効果的に攻撃に使う為には、至近距離から打っていくこと、が大事なんですよね。

まずは、この至近距離から使うという発想、が大事なんです。

 

3.ボレー戦の中でも、常にロブという選択肢を持っておく

これが出来れば、ダブルスでも強い。

相手と至近距離で相対しても、後ろを使うという意識が大事。

ボレー戦になると、頭がボレーだけになって、冷静さを失う人も多いじゃないですか。

こういう人、はなかなか試合では勝てない。

常に、至近距離からでもロブを使う、使えるような意識を持っておく。

そうすれば、普通のボレーもより効果的に相手に打てるようになりますからね。

 

4.低いロブ、で全然OK!

ただ、意識して欲しいことがあります。

それは、ネットから近いので、強く打とうとしてアウトするケースも多い、ということ。

これは本当に、もったいないですから。

だからこそ、軌道は低くて良い。

至近距離から打たれたら、相手は届く高さでもきっと反応出来ないですから。

低いロブを、相手の頭上に使うようなイメージでOK。

高く上げ過ぎて、アウトしてしまうのがもったいないですからね。

 

ボレー戦の中で、ロブを使う。

これは、ロブボレーでも、普通のボレーでも必要なテクニックです。

基本はスライス、ですがスピンで打ち込むように見せてロブ、というのも効果的ですね。

ロブは、間違いなく試合では武器になります。

守備的な使い方だけ、にならないようにしましょう!

ピックアップ記事

  1. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  2. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  3. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  4. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  5. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに

関連記事

  1. テニス ボレー
  2. テニス 予測

    ロブ

    自分が打ったロブは、必ず入ると信じて動き切ろう

    アナタがもし、相手が前にいるのでロブを打つとしましょう。そのロ…

  3. ロブ

    落として入っていても「大丈夫」なロブの追いかけ方、出来てる?

    相手にロブを打たれて、下がって下がって、落としてみると・・・「やばい!…

  4. ロブ

    リターン1発目にストレートロブ、で分かることは?

    ダブルスの試合の、最初のリターン。デュースサイドで、みなさんな…

  5. テニス ボレー

    ロブ

    試合でロブを使えない人は、打つタイミングがおかしい

    ロブの重要性、何度も書いてきましたが・・・なかなか試合で使えない。…

  6. テニス ストローク

    ロブ

    試合で使えるロブはもっと、ラケットを振って良い

    試合でロブを打って、浅くなってスマッシュで決められる。こういう…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    定期的に「自分自身と対戦する」ことをイメージすると、テニスの成長は早くなる!
  2. テニス ダブルス

    フットワーク

    テニスの練習で簡単に諦める人が、試合でボールを追える訳が無い
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    真のダブルスペアなら、「1回や2回の失敗」で絶対にくじけてはいけない
  4. ストローク

    相手にジワジワとストロークで攻撃されているときには、「まず打点を下げさせてペース…
  5. テニス ルール

    練習メニュー

    1日5分間で良いから、「テニスについて真っさらな頭で考える」時間を作ろう
PAGE TOP