テニス リターン

ロブ

試合で使えるロブは、コートの1メートル内側の落とす感覚で良い

試合で使えるロブ、みなさんもう一度イメージしてみましょう。

綺麗に抜いて、相手が触れないようなバウンドでコートから逃げていく・・・?

それは、あくまで理想でしょう。

試合で実際にミスを減らし、加点を増やしていくにはこういうロブ、の感覚が大事。

コートのかなり内側、に目標を設定しましょう。

試合で使えるロブは、コートの1メートル内側の落とす感覚で良い

1.「甘いと打たれる」のは確かだけど・・・

でも、それ以上にアウトミスが多い、ような時。

それならば、きっとロブの精度を少し落として確実性を求めにいかないと。

「甘いと打たれる」というプレッシャーに負けると、ロブはどうしてもアウトしてしまいます。

ある程度厳しいロブ、コートの1メートル内側に着地するくらいのロブ、で充分でしょう。

相手に触られても良い、スマッシュを打たれても良い。

大事なのは、確実にコートに入るロブで相手を後ろに下げる、こと。

これが出来れば、試合に勝てますから。

2.ロブの軌道は低くて良い、ただしコートの内側から打つこと

アナタ自身、コートの後方、ベースラインより後ろからロブを打ってはいませんか?

これでは、攻撃は出来ない。

コートの内側から、軌道の低いロブで良い。

それも、コートの内側1メートルに着地する、ようなロブで良い。

大事なのは、コートの内側から打って相手に考える時間を与えないこと。

ロブが上がったと思ったら、もう自分の上を通過する・・・感じで、イメージしてみましょう。

相手も意表を突かれて、多少甘いロブでもきっと対応出来ないはずですよ。

3.「意外性」という要素を、ロブに加えよう

テニスの試合で、ロブってどういう時に効くと思いますか?

間違い無く、意外性という要素でしょう。

ロブが来るようなタイミング、で打っても「はい、待ってましたー」とスマッシュを打たれてしまう。

そうじゃなくて、「ここではロブは無いだろう・・・」というタイミングで、1メートル内側に落ちる確実性の高いロブ、を打たれると辛い。

意外性のあるショット、としてロブを使えるかどうか、ですね。

アナタ自身が、今まで打ったことが無いようなタイミングで、ぜひロブという選択肢を使ってみて下さい。

きっと、相手は相当嫌なはずですよ。

4.軌道が低いロブは、女性にすごく有効

ミックスダブルス等で、これをぜひ意識してみて下さい。

軌道が低いロブは、スマッシュの構えを作る時間も短いですから、対応が難しい。

ハイボレーか・・・の判断も、一瞬迷いますからね。

軌道が低い、普通のストロークの軌道を少し上げたようなロブ、で良いんですよ。

女性相手に、このロブを触らせる。

触らせて、次で仕留めるくらいで良いでしょう。

安全に打てるロブ、で試合で勝負していく。

そのタイミングを考える。

これだけで、アナタは立派なロブ名人になれるはず。

まずは、常に試合の中で狙ってみること、だと思いますよ。

試合の一球目から・・・なんて、どうでしょう?

ピックアップ記事

  1. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  2. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  3. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  4. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  5. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと

関連記事

  1. テニス メンタル

    ロブ

    テニスの試合で有効なロブショットは、「ショット自体の精度よりも打つタイミング」で全てが決まる!

    最近改めて個人的に、大事だなと感じているのがロブ。今までは、ダ…

  2. ロブ

    「上げた!」を言わないロブは、つまりは・・・?

    ダブルスの試合で、ロブを上げる。この時に、普通は後衛は前衛に「…

  3. ロブ

    後衛にバックボレーでカットさせる、のがダブルスの試合でのナイスロブ

    ダブルスの試合、どんなレベルでも有効な作戦。それは、こういうロ…

  4. テニス ロブ

    ロブ

    攻撃的なトップスピンロブを打つなら、腰の高さくらいの打点がベスト

    試合の中で、しっかりトップスピンロブで攻撃していくとき。もしか…

  5. テニス ダブルス

    ロブ

    滞空時間の長いリターンロブは、試合の流れを変える

    試合で、相手のビッグサーブの攻略が難しい。男性のサービスゲーム…

  6. ロブ

    トップスピンロブは、前足上げで切れ味アップ!

    試合で使えるトップスピンロブ。今の自分の打ち方から、どこを変え…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ボレー

    戦術

    団体戦の悪い流れを止める!5つの定番プレー
  2. テニス メンタル

    戦術

    今対戦している相手は、「また次に対戦するかもしれない」からこそ、完膚なきまで叩い…
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    2回連続動いて、初めて相手は意識する
  4. テニス ダブルス

    シングルス

    諦めずにボールを追えば、空のコートに打つ難しさを味合わせることが出来る
  5. ストローク

    雁行陣のストロークで押していくには、バリエーションが欠かせない
PAGE TOP