テニス リターン

ロブ

試合で使えるロブは、コートの1メートル内側の落とす感覚で良い

試合で使えるロブ、みなさんもう一度イメージしてみましょう。

綺麗に抜いて、相手が触れないようなバウンドでコートから逃げていく・・・?

それは、あくまで理想でしょう。

試合で実際にミスを減らし、加点を増やしていくにはこういうロブ、の感覚が大事。

コートのかなり内側、に目標を設定しましょう。

 

試合で使えるロブは、コートの1メートル内側の落とす感覚で良い

 

1.「甘いと打たれる」のは確かだけど・・・

でも、それ以上にアウトミスが多い、ような時。

それならば、きっとロブの精度を少し落として確実性を求めにいかないと。

「甘いと打たれる」というプレッシャーに負けると、ロブはどうしてもアウトしてしまいます。

ある程度厳しいロブ、コートの1メートル内側に着地するくらいのロブ、で充分でしょう。

相手に触られても良い、スマッシュを打たれても良い。

大事なのは、確実にコートに入るロブで相手を後ろに下げる、こと。

これが出来れば、試合に勝てますから。

 

2.ロブの軌道は低くて良い、ただしコートの内側から打つこと

アナタ自身、コートの後方、ベースラインより後ろからロブを打ってはいませんか?

これでは、攻撃は出来ない。

コートの内側から、軌道の低いロブで良い。

それも、コートの内側1メートルに着地する、ようなロブで良い。

大事なのは、コートの内側から打って相手に考える時間を与えないこと。

ロブが上がったと思ったら、もう自分の上を通過する・・・感じで、イメージしてみましょう。

相手も意表を突かれて、多少甘いロブでもきっと対応出来ないはずですよ。

 

3.「意外性」という要素を、ロブに加えよう

テニスの試合で、ロブってどういう時に効くと思いますか?

間違い無く、意外性という要素でしょう。

ロブが来るようなタイミング、で打っても「はい、待ってましたー」とスマッシュを打たれてしまう。

そうじゃなくて、「ここではロブは無いだろう・・・」というタイミングで、1メートル内側に落ちる確実性の高いロブ、を打たれると辛い。

意外性のあるショット、としてロブを使えるかどうか、ですね。

アナタ自身が、今まで打ったことが無いようなタイミングで、ぜひロブという選択肢を使ってみて下さい。

きっと、相手は相当嫌なはずですよ。

 

4.軌道が低いロブは、女性にすごく有効

ミックスダブルス等で、これをぜひ意識してみて下さい。

軌道が低いロブは、スマッシュの構えを作る時間も短いですから、対応が難しい。

ハイボレーか・・・の判断も、一瞬迷いますからね。

軌道が低い、普通のストロークの軌道を少し上げたようなロブ、で良いんですよ。

女性相手に、このロブを触らせる。

触らせて、次で仕留めるくらいで良いでしょう。

 

安全に打てるロブ、で試合で勝負していく。

そのタイミングを考える。

これだけで、アナタは立派なロブ名人になれるはず。

まずは、常に試合の中で狙ってみること、だと思いますよ。

試合の一球目から・・・なんて、どうでしょう?

 

【読者のみなさんへのお願い】

お時間のある方は、コチラよりアンケートにご協力頂けると大変嬉しいです。

3分程度で終わる内容ですので、宜しくお願いします!

ピックアップ記事

  1. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  2. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  3. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  4. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  5. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと

関連記事

  1. テニス フットワーク

    ロブ

    「トップスピンロブを、使いこなせ」コツさえ掴めば、大助かりの魔法のショットに

    ロブを試合でどのくらい使うだろうか。シングルスの場合は、相手が…

  2. テニス ダブルス

    ロブ

    滞空時間の長いリターンロブは、試合の流れを変える

    試合で、相手のビッグサーブの攻略が難しい。男性のサービスゲーム…

  3. ロブ

    風が強い中でのロブ、どうやって使おう?

    テニスコートって、高台に多い。そう感じるのは、私だけでしょうか…

  4. テニス ストローク

    ロブ

    「浅いボールをギリギリキャッチ・・・」からのストレートロブは、テニスの試合で必ずアナタの助けになる!…

    シングルスでもダブルスでも、試合に強い人には共通する特徴があります…

  5. テニス ボレー

    ロブ

    インドアコートの試合では、「高いロブは打てない」のを活かすには?

    アナタ自身、本気で勝ちたい試合。きっと、年に数回はありますよね…

  6. テニス コントロール

    ロブ

    ロブを追いかけて一度落とす時には、並行して走ってると一生間に合わない

    「そんなの、誰だって知ってるよ・・・」という、テニスの基本。こ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ミス

    メンタル

    「負け癖」を拭い去っていく為に必要なのは、テニス以外の生活部分を変えること
  2. テニス 楽天

    スマッシュ

    スマッシュは2回で1セット、くらいのつもりで楽に打とう
  3. テニス メンタル

    メンタル

    「もう、何をやってもムダかな・・・」と、思って欲しいと相手は考えているはず
  4. ダブルス

    前衛は後衛のボールを、「奪って」OK
  5. テニス 上達

    テニススクール

    コーチが楽しまないで、どうやって生徒がテニスを楽しむ?
PAGE TOP