テニス リターン

ロブ

試合で使えるロブは、コートの1メートル内側の落とす感覚で良い

試合で使えるロブ、みなさんもう一度イメージしてみましょう。

綺麗に抜いて、相手が触れないようなバウンドでコートから逃げていく・・・?

それは、あくまで理想でしょう。

試合で実際にミスを減らし、加点を増やしていくにはこういうロブ、の感覚が大事。

コートのかなり内側、に目標を設定しましょう。

 

試合で使えるロブは、コートの1メートル内側の落とす感覚で良い

 

1.「甘いと打たれる」のは確かだけど・・・

でも、それ以上にアウトミスが多い、ような時。

それならば、きっとロブの精度を少し落として確実性を求めにいかないと。

「甘いと打たれる」というプレッシャーに負けると、ロブはどうしてもアウトしてしまいます。

ある程度厳しいロブ、コートの1メートル内側に着地するくらいのロブ、で充分でしょう。

相手に触られても良い、スマッシュを打たれても良い。

大事なのは、確実にコートに入るロブで相手を後ろに下げる、こと。

これが出来れば、試合に勝てますから。

 

2.ロブの軌道は低くて良い、ただしコートの内側から打つこと

アナタ自身、コートの後方、ベースラインより後ろからロブを打ってはいませんか?

これでは、攻撃は出来ない。

コートの内側から、軌道の低いロブで良い。

それも、コートの内側1メートルに着地する、ようなロブで良い。

大事なのは、コートの内側から打って相手に考える時間を与えないこと。

ロブが上がったと思ったら、もう自分の上を通過する・・・感じで、イメージしてみましょう。

相手も意表を突かれて、多少甘いロブでもきっと対応出来ないはずですよ。

 

3.「意外性」という要素を、ロブに加えよう

テニスの試合で、ロブってどういう時に効くと思いますか?

間違い無く、意外性という要素でしょう。

ロブが来るようなタイミング、で打っても「はい、待ってましたー」とスマッシュを打たれてしまう。

そうじゃなくて、「ここではロブは無いだろう・・・」というタイミングで、1メートル内側に落ちる確実性の高いロブ、を打たれると辛い。

意外性のあるショット、としてロブを使えるかどうか、ですね。

アナタ自身が、今まで打ったことが無いようなタイミングで、ぜひロブという選択肢を使ってみて下さい。

きっと、相手は相当嫌なはずですよ。

 

4.軌道が低いロブは、女性にすごく有効

ミックスダブルス等で、これをぜひ意識してみて下さい。

軌道が低いロブは、スマッシュの構えを作る時間も短いですから、対応が難しい。

ハイボレーか・・・の判断も、一瞬迷いますからね。

軌道が低い、普通のストロークの軌道を少し上げたようなロブ、で良いんですよ。

女性相手に、このロブを触らせる。

触らせて、次で仕留めるくらいで良いでしょう。

 

安全に打てるロブ、で試合で勝負していく。

そのタイミングを考える。

これだけで、アナタは立派なロブ名人になれるはず。

まずは、常に試合の中で狙ってみること、だと思いますよ。

試合の一球目から・・・なんて、どうでしょう?

 

【読者のみなさんへのお願い】

お時間のある方は、コチラよりアンケートにご協力頂けると大変嬉しいです。

3分程度で終わる内容ですので、宜しくお願いします!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  2. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  3. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  4. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  5. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選

関連記事

  1. テニス フットワーク

    ロブ

    「トップスピンロブを、使いこなせ」コツさえ掴めば、大助かりの魔法のショットに

    ロブを試合でどのくらい使うだろうか。シングルスの場合は、相手が…

  2. テニス ストローク

    ロブ

    ダブルスの試合、相手をロブで走らせたら「つなぎ球」を仕留める態勢で待ちかまえよう

    ダブルスの試合、結構ロブを使うのが上手い方は多い。でも、本当に…

  3. テニス ダブルス

    ロブ

    スライスロブは、自分の顔の近くで「コツン」と当てて打てばOK

    スライスロブ、ダブルスの試合でよく使いますよね。いきなりリター…

  4. テニス ロブ

    ロブ

    ロブで粘り強く戦う相手を、どこかで舐めてはいないか?

    皆さん胸に手を当てて、聞いてみて下さい。シングルスでも、ダブル…

  5. テニス リターン

    ロブ

    「対戦相手の身長が低いから、ロブを上げておこう」って、なんて安易な発想だろう

    相手の特徴をよく観察して、試合の作戦を決めていく。出来る限り失…

  6. テニス ストローク

    ロブ

    深いボレーをトップスピンロブで返したいときには、「後ろ足で後ろにジャンプ!」をやってみましょう

    深いボレ―をどうストロークで処理するか・・・は難しい問題です。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. テニス テニスボール

    メンタル

    与えられた課題をこなすだけなら、試合に必要なメンタルが育つ訳が無い
  2. テニス 客観視

    戦術

    学生選手もベテラン選手も、テニスは「筋力アップよりもしっかりボールに力を伝えるこ…
  3. テニス メンタル

    サーブ

    アナタのサーブの成長を阻害している一番の要因、それはズバリ「虚栄心」です
  4. ストローク

    テニスのストローク、トップスピンの回転は「下向き面で安定させる」ことで試合で使え…
  5. テニス メンタル

    練習メニュー

    テニスやスポーツにおいて、「必要性を理解していない練習」は、ただの作業である
PAGE TOP