テニス 前衛

ロブ

ロブが上手い人は、相手の反応を見るのが上手いんです

繰り返し書いてきましたが、特にダブルスの試合はロブが大事。

この精度が、試合の勝敗を分けると言っても過言ではないでしょう。

でも、その精度って、「どこに落とすか」だけじゃないんですよね。

それだと、アウトと紙一重。

そうじゃない精度、が大事なんですよ。

 

ロブが上手い人は、相手の反応を見るのが上手いんです

 

1.触るのか、触らないのか

これを見極めて、素早く反応する。

相手が、自分のロブにどう反応するのか、を考えておく。

ロブが上手い人って、この相手の見極めが正確で速い。

触る!と思ったら構えるし、抜ける!と思ったら自分が前に出る。

この動きが早い人って、ロブを使いこなしていると思いませんか?

ダブルスでも、どんどん仕掛けて相手を崩していく。

相手からすると、「触っても地獄、落としても地獄」な状態になってしまう。

これを、アナタも目指すべきなんです。

 

2.相手の反応を、しっかり予測しよう

まず、性格からですね。

初見の相手でも、すぐに相手に任せるタイプなのか、自分で下がって打つタイプなのか。

これは、早めに一回ロブを入れて見極めておきましょう。

そこから、自分の打ったボールを素早く見極めて予測する、自分の次の動きも入れていく。

ロブって、前後の動きとセットで使うから、試合で効果的なんです。

自分がポーンと打って、それで抜けて崩していく・・・なんて、格下相手の試合だけですよ。

 

3.ロブを打った最初の軌道、の反応で判断しよう

相手が、自分のロブを読んでいるかも知れない。

その心で、打った後の反応を見る。

以前にも書きましたが、アナタ自身が最高のロブを打っても相手が先回りしていたら、それはスマッシュで打たれる。

これがテニス、です。

だからこそ、最初のロブの打ち初め、で相手の反応を見ることが大事。

ビックリしているのか、待ち構えているのか、任せようとしているのか・・・。

0.2秒で判断して、アナタは次のアクションを起こしていかないといけないのですから。

 

4.1ゲーム目にロブを入れる、から相手の素の部分が見える

私はいつも、1ゲーム目にロブを入れます。

試合の最初って、その人の「素」の部分が見えますからね。

ここでの反応が、後々も使える。

ロブへの反応って、その人のテニス観そのもの、だと思いますよ。

しっかり自分で打つ人は責任感が強いし、すぐに任せる人はずっと頼りっぱなし。

こういう見極め、を試合の序盤にしておかないと。

テニスの試合、勝負は後半。

前半のうちに、布石を打っておきましょうね。

 

ロブへの相手の反応、これは面白い。

本当に人によって、大きく変わります。

アナタ自身は、どうでしょうか?

いつもロブにやられてしまう、ということは、何かを変えていかないといけないということ。

相手の先を読んで、先回りしないと、ずっと上を使われて終わり、ですよ。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  2. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  3. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  4. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  5. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ロブ

    テニスの試合で「背後のボール」を追いかけて返球するときに、必要なコツ5つ

    あまり意識されていませんが、実はテニスの試合で多い場面。それっ…

  2. テニス ダブルス

    ロブ

    腕だけで合わせるロブ、を変えていく方法とは?

    相手のスマッシュや、速いストロークやボレーをロブで返球する。試…

  3. ロブ

    風が強い中でのロブ、どうやって使おう?

    テニスコートって、高台に多い。そう感じるのは、私だけでしょうか…

  4. テニス 予測

    ロブ

    自分が打ったロブは、必ず入ると信じて動き切ろう

    アナタがもし、相手が前にいるのでロブを打つとしましょう。そのロ…

  5. テニス ストローク

    ロブ

    深いボレーをトップスピンロブで返したいときには、「後ろ足で後ろにジャンプ!」をやってみましょう

    深いボレ―をどうストロークで処理するか・・・は難しい問題です。…

  6. テニス ロブ

    ロブ

    攻撃的なトップスピンロブを打つなら、腰の高さくらいの打点がベスト

    試合の中で、しっかりトップスピンロブで攻撃していくとき。もしか…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 指導

    練習メニュー

    練習中に「ごめん」は、卒業しよう
  2. テニス メンタル

    メンタル

    試合で落ち込むレベル、は確実に上がっているはず
  3. テニス サーブ

    フットワーク

    サーブ&ボレー、アプローチ、もっと「早く」に止まって待って良いと思う
  4. テニス 観察

    戦術

    スローボールを混ぜるだけで、アナタの最速球速は上がり続ける
  5. テニス ストローク

    メンタル

    ビビった時のスピンストローク、ラケット面は下を向く
PAGE TOP