テニス 前衛

ロブ

ロブが上手い人は、相手の反応を見るのが上手いんです

繰り返し書いてきましたが、特にダブルスの試合はロブが大事。

この精度が、試合の勝敗を分けると言っても過言ではないでしょう。

でも、その精度って、「どこに落とすか」だけじゃないんですよね。

それだと、アウトと紙一重。

そうじゃない精度、が大事なんですよ。

 

ロブが上手い人は、相手の反応を見るのが上手いんです

 

1.触るのか、触らないのか

これを見極めて、素早く反応する。

相手が、自分のロブにどう反応するのか、を考えておく。

ロブが上手い人って、この相手の見極めが正確で速い。

触る!と思ったら構えるし、抜ける!と思ったら自分が前に出る。

この動きが早い人って、ロブを使いこなしていると思いませんか?

ダブルスでも、どんどん仕掛けて相手を崩していく。

相手からすると、「触っても地獄、落としても地獄」な状態になってしまう。

これを、アナタも目指すべきなんです。

 

2.相手の反応を、しっかり予測しよう

まず、性格からですね。

初見の相手でも、すぐに相手に任せるタイプなのか、自分で下がって打つタイプなのか。

これは、早めに一回ロブを入れて見極めておきましょう。

そこから、自分の打ったボールを素早く見極めて予測する、自分の次の動きも入れていく。

ロブって、前後の動きとセットで使うから、試合で効果的なんです。

自分がポーンと打って、それで抜けて崩していく・・・なんて、格下相手の試合だけですよ。

 

3.ロブを打った最初の軌道、の反応で判断しよう

相手が、自分のロブを読んでいるかも知れない。

その心で、打った後の反応を見る。

以前にも書きましたが、アナタ自身が最高のロブを打っても相手が先回りしていたら、それはスマッシュで打たれる。

これがテニス、です。

だからこそ、最初のロブの打ち初め、で相手の反応を見ることが大事。

ビックリしているのか、待ち構えているのか、任せようとしているのか・・・。

0.2秒で判断して、アナタは次のアクションを起こしていかないといけないのですから。

 

4.1ゲーム目にロブを入れる、から相手の素の部分が見える

私はいつも、1ゲーム目にロブを入れます。

試合の最初って、その人の「素」の部分が見えますからね。

ここでの反応が、後々も使える。

ロブへの反応って、その人のテニス観そのもの、だと思いますよ。

しっかり自分で打つ人は責任感が強いし、すぐに任せる人はずっと頼りっぱなし。

こういう見極め、を試合の序盤にしておかないと。

テニスの試合、勝負は後半。

前半のうちに、布石を打っておきましょうね。

 

ロブへの相手の反応、これは面白い。

本当に人によって、大きく変わります。

アナタ自身は、どうでしょうか?

いつもロブにやられてしまう、ということは、何かを変えていかないといけないということ。

相手の先を読んで、先回りしないと、ずっと上を使われて終わり、ですよ。

ピックアップ記事

  1. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  2. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  3. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  4. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  5. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を

関連記事

  1. テニス ストローク

    ロブ

    「取らせるロブ」を身に付けることで、ネットプレイヤーに対してショットの幅が拡がる!

    毎日色んなショットを練習しているだろうが、ロブの練習はどれくらいやって…

  2. テニス ボレー

    ロブ

    強そうな相手ほど、実はロブが効く

    見るからに強そう、体格も良い。そんな相手が対戦相手になると、ち…

  3. テニス ダブルス

    ロブ

    ダブルスの試合、クロスロブが有効な場面とは?

    ダブルスの試合で、ロブは基本ストレート?確かに、前衛が正面にい…

  4. テニス ボレー

    ロブ

    ロブは上に打ち上げるのではなく、前に押し込んでいこう!

    ダブルスの試合が強い人は、ロブが本当に上手い。攻撃でも守備でも…

  5. テニス ストローク

    ロブ

    テニスの試合で、「ロブで逃げる」という発想を卒業しよう

    試合に慣れて来ると、「ロブ」を皆さん意識して使うようになりますね。…

  6. テニス 粘り

    ロブ

    高いバウンドのスライスロブは、バックスピンで戻ることを忘れないように

    高いスライスロブを打たれて、走っていってストロークで返球・・・しようと…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    スマッシュ

    スマッシュ練習で必要な奥に深く打つ意識は、まずは「アウトを怖がらない姿勢」から養…
  2. テニス ストローク

    ボレー

    フワッとしたネット際のボールは、前に詰めながら狙うコースを素早く決断しよう
  3. テニス ストローク

    ストローク

    浅いボールの処理は、「スライスで変幻自在にコントロール」出来るようになろう
  4. その他

    「第90回全日本テニス選手権」本戦出場選手リストが発表!今年は面白いです
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスの試合において、「ダブルスでペアの連携力を高める」ことができるオンコートで…
PAGE TOP