テニス フットワーク

ロブ

前衛の上に上げるのがロブ、だけじゃないですよ

ダブルスの試合でのロブ、って、基本的に「前衛の上」に打ちますよね。

この形が基本だし、打たれる方も慣れているはず。

だから・・・問題なんですよね。

 

前衛の上に上げるのがロブ、だけじゃないですよ

 


 

1.ありきたりのロブなんて、みんな打たれ慣れているから効果は薄い

特に女性のダブルス、ベテランや主婦の皆さんの試合って、ロブ合戦。

打つ方も打たれる方も、すごく慣れているから処理が上手い。

こういう相手、特に試合慣れした相手に普通に前衛の上に打っても、「待ってました!」とばかりに打たれて終わり。

意外と後ろ、上が強い女性は多いですからね・・・。

だからこそ、ロブにも一工夫を凝らしたい。

並行陣相手のロブ、実は前衛の上以外にも狙いどころはあるんです。

 

2.クロスロブだって、効果的!

例えば、クロス方向へのロブ。

並行陣の後衛の選手にロブを上げるのって、あまり発想として無いですよね。

元々、サービスラインくらいにいる後衛の選手ですが、クロス方向はインになる距離が長いからロブを打ちやすい。

だから下がり目のポジションにいる訳ですが、それでもクロス方向のロブってアウトになるくらい大きく打てるから、精神的に打ちやすいんですよね。

相手を下げさせる、「え?前衛じゃなくて、こっち?」と思わせれば、スマッシュミスも誘えるでしょう。

 

3.前衛のカバー大好きな後衛は、自分のロブのケアが出来ていない

並行陣の後衛の選手をロブで攻めると、こういう効果もあります。

よく試合で、前衛のカバーが大好きな選手、いるじゃないですか。

確かに前衛の後ろをカバーするのは後衛の基本ですが、このことの意識が強いと自分の側のロブがケア出来ない。

アナタ自身がロブの雰囲気を醸し出せば、もうカバーに入ることで頭がいっぱいになってくれるかも知れません。

そうなると、こういう「自分へのロブ」が効果的になる。

とにかく、一風変わったコースへのロブは、やっぱり効果的ですよ。

 

「普通、ここには打たないよな・・・」というコース、有りだと思いますよ。

「テニスの基本から逸脱してる!」と言われそうですが、基本に忠実な相手にオーソドックスに攻めても意味が無い。

だったら、後衛の後ろにだってロブを上げる発想、あって良いと思いませんか?

ピックアップ記事

  1. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  2. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  3. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  4. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  5. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品

関連記事

  1. テニス ボレー

    ロブ

    意外と使える、ネット近くからのロブの使い方について

    ロブについて、みなさんどんなイメージですか?きっと、コートの後…

  2. テニス コート

    ロブ

    オムニコートで踏み込みながら滑るボレーは、安定するけどロブには弱い

    皆さんも、経験あるんじゃないでしょうか?オムニコートで、思い切…

  3. ロブ

    ロブ禁止で、ダブルスやってみない?

    これは、特に女子ダブルスのみなさんへの提案です。つい、ロブ頼…

  4. テニス 粘り

    ロブ

    高いバウンドのスライスロブは、バックスピンで戻ることを忘れないように

    高いスライスロブを打たれて、走っていってストロークで返球・・・しようと…

  5. ロブ

    中途半端なロブケア、一番ダメ

    ダブルスの試合をしていて、特に女子ダブルスで感じること。前に…

  6. ロブ

    前に入りながらロブ、が攻撃的なテニスの基本

    ロブを攻撃的に使うこと。これは、ダブルスの試合では必須のテクニ…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ストローク

    ボレー

    「バックのハイボレー強化!」一番力は入らないショットの対策とは?
  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスを成長させていく過程では、実力に実績が付いていかない時期もある
  3. 戦術

    オムニコートとクレーコート、作戦を変えるべき?
  4. テニス ボレー

    ボレー

    「楽ちんボレーは、構えで決まる」プロテニス選手の肘の形を注意して見ると・・・?
  5. ストローク

    シングルスの試合で必要な「ストロークのコースの打ち分け」は、打点2種類で準備して…
PAGE TOP