テニス センス

その他

「テニスはセンスが無いと、上手くなれない」といっている人こそ、考え方のセンスが無いと思う

よく、テニスの上達には「センス」が大事だと言われます。

確かに、センスという言葉で表現出来る部分、感覚の良し悪しや、育った環境や持って生まれた運動神経、というのは大事だと思います。

ですが、ほとんどの人の話を聞いていて感じるのは、「自分が出来ないのを、ただセンスのせい」にしている人が多いということ。

その考え方って、センスが無いと思うんですよね。

 

「テニスはセンスが無いと、上手くなれない」といっている人こそ、考え方のセンスが無いと思う

 


 

■「センスが無い」んだったら、磨けば良いんじゃない?

センスが無いと嘆いている暇があれば、磨いてみる努力をしてみてはどうでしょうか。

そもそも、運動神経が良い人、ジュニアって、遊び感覚で小さいころからボールに戯れて、ボールの扱いが上手くなっていくケースがほとんど。

この世に生まれて、何もしないで才能だけでスポーツをやって結果が出ているような人、私はほとんど知りません。

もしかしたら、そんな人もいるのかも知れませんが、きっとアナタが観てる「センスの良い人」って、本人の努力の賜物なんだと思います。

 

■何でも「センスのせい」にしていく、センスの無さは深刻

センスが良い人、実際にはいます。

タッチ感覚というか、特にボレーやポジショニングで天性の才能を見せてくれる人、一般の方でもいますよね。

ですが、そんな人でもどこかに「特徴」であり「ルーツ」があると私は思っています。

感覚が研ぎ澄まされているなら、その要因は何なのか、きっかけは何かあったのか。

ボレーのタッチが優れているなら、「何」が具体的に優れているのか。

絶対に、試合で倒すチャンスはあるはずです。

 

■センスが良い相手、よりもセンスが無い相手、のほうが試合では対戦したくない

これは私だけでしょうか。

センスのある相手、よりも無い相手、テニスに愚直で試合に対して最後まで諦めないような相手のほうが、対戦していて嫌です。

「下手の横好き」という言葉もありますが、好きこそモノの上手なれ、です。

粘り強いし、テニスに真摯に向き合う相手のほうが、試合していて厄介だし強い。

センスが良い人って、何でも出来る器用貧乏になってしまう傾向にあることも多い。

試合だと、付け込む隙があるはずです。

 

「あの選手、センスが良いなぁ」と感じたら、チャンスだと思うこと。

一つは、そのセンスの良さが試合での弱さに結びついて勝てるチャンスがある、という点。

もう一つは、上手いと思う技術を「具体的に細分化していく」ことが出来る、チャンスがあるということ。

見た目にもキレイなテニス、実は非常に合理的で無駄の無いテニスであることが多い。

見とれているのではなく、何かを盗む癖を付けましょう。

そして試合の本番では、絶対にセンスのある相手を倒しましょう!

ピックアップ記事

  1. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  2. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  3. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします
  4. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  5. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選

関連記事

  1. テニス 雪

    その他

    テニスにおいて、「自分はこういうプレースタイル」と決めつけてしまうのは、本当に怖いことです

    アナタは自分のプレースタイル、どう思っていますか?どう思うか・…

  2. テニス ボレー

    その他

    テニストーナメント大会は、「強いシード選手」が優位に作られている

    テニスの試合、大会は、誰もが平等に扱われる真剣勝負。本当に、そ…

  3. テニス メンタル

    その他

    テニスコーチからよりも、本気の試合相手から受けるレッスンが一番

    優れたコーチから、指導してもらいたい。社会人になっても、自分に…

  4. その他

    数試合だけ良いプレーをして、満足してしてない?

    これは、昔の私自身です。今回は、その戒めも込めて、しっかり書…

  5. その他

    相手の声に、惑わされるな

    テニスの試合に出ていると、とにかく色々な人がいます。男女、年齢…

  6. テニス 練習

    その他

    テニス部で頑張る皆さんは、「準備運動だけじゃなく、整理運動」も行って団結心を高めよう

    部活やサークルでテニスを頑張っている皆さん、このサイトをご覧になってい…

特集記事

  1. テニス メンタル

    その他

    テニスコーチからよりも、本気の試合相手から受けるレッスンが一番
  2. テニス スライス

    ストローク

    「スライス練習での注意点」試合で実際に使えるようにする為には?
  3. メンタル

    試合に負けることが出来るのも、試合に出ている人だけ
  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合に勝ち続ける人が実践している、「当たり前だけど難しい習慣」4つ
  5. テニス ストローク

    リターン

    ウィンブルドンの試合、徹底して「リターン側」を参考にしよう
PAGE TOP