テニス センス

その他

「テニスはセンスが無いと、上手くなれない」といっている人こそ、考え方のセンスが無いと思う

よく、テニスの上達には「センス」が大事だと言われます。

確かに、センスという言葉で表現出来る部分、感覚の良し悪しや、育った環境や持って生まれた運動神経、というのは大事だと思います。

ですが、ほとんどの人の話を聞いていて感じるのは、「自分が出来ないのを、ただセンスのせい」にしている人が多いということ。

その考え方って、センスが無いと思うんですよね。

 

「テニスはセンスが無いと、上手くなれない」といっている人こそ、考え方のセンスが無いと思う

 


 

■「センスが無い」んだったら、磨けば良いんじゃない?

センスが無いと嘆いている暇があれば、磨いてみる努力をしてみてはどうでしょうか。

そもそも、運動神経が良い人、ジュニアって、遊び感覚で小さいころからボールに戯れて、ボールの扱いが上手くなっていくケースがほとんど。

この世に生まれて、何もしないで才能だけでスポーツをやって結果が出ているような人、私はほとんど知りません。

もしかしたら、そんな人もいるのかも知れませんが、きっとアナタが観てる「センスの良い人」って、本人の努力の賜物なんだと思います。

 

■何でも「センスのせい」にしていく、センスの無さは深刻

センスが良い人、実際にはいます。

タッチ感覚というか、特にボレーやポジショニングで天性の才能を見せてくれる人、一般の方でもいますよね。

ですが、そんな人でもどこかに「特徴」であり「ルーツ」があると私は思っています。

感覚が研ぎ澄まされているなら、その要因は何なのか、きっかけは何かあったのか。

ボレーのタッチが優れているなら、「何」が具体的に優れているのか。

絶対に、試合で倒すチャンスはあるはずです。

 

■センスが良い相手、よりもセンスが無い相手、のほうが試合では対戦したくない

これは私だけでしょうか。

センスのある相手、よりも無い相手、テニスに愚直で試合に対して最後まで諦めないような相手のほうが、対戦していて嫌です。

「下手の横好き」という言葉もありますが、好きこそモノの上手なれ、です。

粘り強いし、テニスに真摯に向き合う相手のほうが、試合していて厄介だし強い。

センスが良い人って、何でも出来る器用貧乏になってしまう傾向にあることも多い。

試合だと、付け込む隙があるはずです。

 

「あの選手、センスが良いなぁ」と感じたら、チャンスだと思うこと。

一つは、そのセンスの良さが試合での弱さに結びついて勝てるチャンスがある、という点。

もう一つは、上手いと思う技術を「具体的に細分化していく」ことが出来る、チャンスがあるということ。

見た目にもキレイなテニス、実は非常に合理的で無駄の無いテニスであることが多い。

見とれているのではなく、何かを盗む癖を付けましょう。

そして試合の本番では、絶対にセンスのある相手を倒しましょう!

ピックアップ記事

  1. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  2. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  3. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  4. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  5. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…

関連記事

  1. その他

    テニスの基本グリップは、小指を余らせるとリラックス出来てショットが伸びる

    テニスラケットを、どう持つのか。これって、意外と難しい問題なの…

  2. テニス 人脈

    その他

    「テニスの人脈作り」よりも、「アナタとテニスがしたい」と言われるようになって下さい

    テニスの試合に強くなるには、なるべく外部で試合を出来る場を設けたい、と…

  3. テニス 準備

    その他

    カウントに疑問を持ったら、必ずクリアしてから入ること

    セルフジャッジの試合、みなさんも絶対経験があるはず。「今、カウ…

  4. テニス 名著

    その他

    テニス部内の練習試合にて「必ず記録して、お互いにコメントを残す」ことで、テニスノートは活かされる

    テニスノートは、アナタ自身で継続して書くことが大切ですが、それだけでは…

  5. その他

    「君はパワーポジション、を知っているか?」テニスの基本となる姿勢を覚えよう!

    テニスには「構え」の態勢がとても大事。良い「構え」こそ、最高の…

  6. その他

    テニス選手として経験した、「海外テニス留学費用」について

    海外に初めて行ったのは22歳の時。アメリカに3ヶ月間行ったんだ…

特集記事

  1. リターン

    ビッグサーバー相手にこそ、リターンはポジションが鍵
  2. テニス 準備

    その他

    「自分の球出しって、もしかしてみんな打ち辛い・・・?」と感じた方は、試して欲しい…
  3. テニス ダブルス

    サーブ

    サーブに苦手意識がある人は、「慌ててセカンドサーブを打ち過ぎ」な傾向が大
  4. サーブ

    サーブ&ボレー用のサーブ、に必要な5つのコツ
  5. フットワーク

    テニスの守備範囲を、劇的に変える基本とは?
PAGE TOP