テニス ボレー

ボレー

「バックボレーが全然分からない!」人は、逆クロスから練習すると感覚掴みやすいです

今回実施させて頂いたアンケートでも、バックボレーに悩んでいる人が多い・・・という印象を受けました。

私自身は、元々バレーボールをやっていたのでどちらかと言えばワンバウンドさせるストロークが苦手でしたが、ボレーについてもたくさん悩んできた経験があります。

皆さんの参考になるかは分かりませんが、少しでもきっかけとなるヒントになれればと思いますので、思い出しながら書いてみたいと思います!

 

「バックボレーが全然分からない!」人は、逆クロスから練習すると感覚掴みやすいです

 


 

■バックボレーを難しくさせているもの・・・は何か?

まず、両手でも片手でも力が入りませんよね、バックハンド側のボレーは。

だからこそ不安になって、よりラケットを振ってしまったり無駄な動きが増えてくる。

力が入るほどボールは飛ばなくなり、飛ばなくなるからより飛ばそうとして無理をして悪循環になっていく。

基本的にはシンプルに、動作は出来るだけ少なく、がバックボレーのポイントです。

 

■逆クロス方向へは、自然の形で打ちやすい

私がオススメするのは、まず「逆クロス方向にしっかり打てる」ようになること。

右利きの方であれば、左方向にしっかりバックハンドボレーを打つこと、出来ますか?

クロス方向にばかり打ちたい・・・という意識が先行している人、特に男性で多いように思います。

逆クロス方向には、「しっかり引き付けて打てる」というメリットと、打つ方向に「目線を運びやすい」という利点があります。

クロス方向はしっかり打点を前にしないといけないのと、身体が回転しやすいので注意が必要です。

 

■逆クロス方向へのバックボレーは、先に身体で横向きを作ろう!

ネットプレーの基本ですが、身体の向きをしっかり作っておくと安定しやすい。

ポイントは、利き腕ではない腕を有効に使うこと。

特にバックハンドボレーの逆クロスは、ラケットの動きではなく身体全体でボールを抑えるようにして打つのが理想。

手首を使ってボールを飛ばす、ような感じにならないように、しっかりグリップを握る小指から出していきましょう。

慣れてきたら、スライス回転をかけるようにボールの下側を触って少しゆっくりと打つ。

バックハンドボレーのスライスを磨くと、ストロークにも応用が効くので便利です!

 

まず、身体の向きをしっかり作って踏み込めるときは、踏み込んでいく。

ボールの少し下側を触って、ボレーを山なりの軌道でイメージして飛ばす、というのを意識してみて下さい。

バックボレーを難しくしているのは、きっとアナタ自身。

逆クロスからシンプルに、一度練習してみませんか?

ピックアップ記事

  1. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  2. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  3. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  4. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  5. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について

関連記事

  1. テニス スマッシュ

    ボレー

    ネットプレーで、「どんなに打ち込まれても壁のように返し続ける!」ことができれば、相手は勝手に崩れてく…

    ネットプレーでは、様々なシチュエーションでのボレーの技術が求められます…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーのコツは、少しラケット面を内側に向けること

    「どうしても、ボレーが出来ません!」というご相談を、よく学生の…

  3. ボレー

    つなぐボレーで攻撃していく、コツは簡単

    つないでいるのに、強い。攻撃的にプレー出来ている人は試合でも強…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    テニスの試合、相手ネットプレイヤーに足元を攻撃されても、「面だけ作るロブボレー」が打てれば反撃できる…

    ダブルスでの試合、前衛にいるときには相手の前衛に攻撃されるケースも多い…

  5. テニス ダブルス

    ボレー

    ポーチは「2本で1セット」で考えれば、攻撃に厚みが出る

    ダブルスの前衛でのポーチ、皆さんは決定力・・・ありますか?私自…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    フォアハンドボレーでもっとパンチ力が欲しい人は、「ラケットを持たない腕の脇の開け閉め」を有効活用しよ…

    フォアハンドボレーを、しっかり決めることが出来ると試合はやりやすい。…

特集記事

  1. ストローク

    ハーフバウンドのストロークは、低い態勢のままフィニッシュ
  2. テニス サーブ

    サーブ

    シングルスの試合でのサーブ&ボレーに、ファーストサーブは要らない
  3. メンタル

    相手の安い挑発に乗って一人相撲、負けますよそりゃ
  4. サーブ

    「1人でも出来るサーブ練習を工夫したい!」よりテニスの試合に近い感覚を養う為の4…
  5. テニス メンタル

    戦術

    アナタにとって、違いを生む技術とは何だろう?
PAGE TOP