ダブルス

サービスゲームをキープに導く、前衛の基本ステップ

ダブルスの前衛、みなさんの動きはどうか。

ちょっとしたステップで、かなり試合では変わると思いますよ。

大事なのは、いかに相手にプレッシャーをかけるのか。

しっかり、パートナーのサービスゲームをキープ出来るかどうか。

もっともっと、サーブのコースに応じてハッキリ前衛は動いて良い。

今回は、その基本を見直していきましょう。

 

サービスゲームをキープに導く、前衛の基本ステップ

 


 

1.前衛って、動いてなんぼ

それは、ただポーチに動くだけじゃない。

例え触れなくても、どんどん動いて、相手に動いている感を出す。

リターンの選手に気にしてもらう、ところから全てはスタートですから。

赤側のペア、がアナタ側のペア。

その前衛の気持ちになって、見ていきましょう。

サーブを打ったと同時に前に詰めるので、少しだけ↓前に出る余剰のスペースを残しておく。

私なら、1メートルくらいですかね。

その1メートルは、サーブを打つ打球音を聞いてから前に詰める。

↓のように、ボールと同じようなタイミングで前に詰める。

これだけで、リターンの選手の印象はかなり変わると思いますよ。

 

2.コースも揃えて、前に詰めよう

ある程度、サーブがコントロール出来るパートナーなら、詰めるコースを揃える。

ワイドならワイド、の方向に詰めることで、相手のリターン選手のコースを消すことが出来ます。

ワイドに打てばストレートをケアしながら、寄って詰めるのが基本。

相手のリターンのコース、打てるコースの中心に立つようなイメージですね。

ボールは、1つですから。

そのボールが来る可能性が高い場所、に立つのが基本です。

当然、センターなら↓センターに寄って詰める。

これが一番、ダブルスでは多いケースですかね。

せっかくセンターに良いサーブが入っても、この前衛の動きが無いとリターンがクロスに通ってしまう。

サーブ側のペアがかみ合わない、もったいない感じになってしまいます。

打つコース、をあらかじめ前衛と共有する。

最悪、入らなくても良いんです。

コースをコミットしているうちに、サーブ側の選手にも責任感が生まれる。

あとは、↓のようにしっかりと詰めるコースを揃えるだけですね。

これだけで、かなりダブルスは変わります。

サーブが弱くても、リターンが来やすいコースに先回りしているから、ポーチで攻めることが出来る。

ダブルスの前衛の、基本のフットワークです。

 

3.プレッシャーを、前衛とボールセットで!

改めて、私はこの点を強調したい。

前衛と、ボール、その両方がリターンの選手に向かっていく。

だから↓のように、プレッシャーが凄いんですよ。

サーブだけだと、それがどんなに速く良いサーブでも、ダメ。

前衛とセットになって、その人のサーブが完成するんです。

更に、並行陣のようなサーブ&ボレー、だと・・・どうでしょう?

サーブの選手まで、前に詰める勢い、でプレッシャーがかけられる。

つまり、リターン側の選手は、3つの要素で詰められている、ということになります。

だから、ダブルスでは並行陣で攻めることが出来るとミスを誘える。

ボールも飛んで来るし、相手2人も自分に向かって来るし・・・という、焦りを生むことが出来るんですよね。

当たり前のようにプレーしている人、もいると思いますが、改めて図にしてみるとその威力が分かると思います。

 

ポジショニングで、テニスは変わる。

ダブルスは変わります。

前衛の、ほんの1メートルの動きが、相手へかけるプレッシャーは計り知れない。

汗をかいていきましょうよ、前衛は。

サービスゲームがキープ出来ないのは、前衛の責任。

私はこれからも、そのスタンスで研究していきます。

ピックアップ記事

  1. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  2. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  3. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  4. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  5. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず

関連記事

  1. テニス ボレー

    ダブルス

    「ペアと仲良く」テニスのダブルスの試合で分担する為に、基本的な優先権を確認する

    ダブルスの試合中、パートナーと声を掛け合っている?もちろんポイ…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの並行陣、「ストレートロブを落としてしまうペア」は、前にいる意味が無いのでは?

    ダブルスの試合で、2人でネットプレーに挑む並行陣。なかなか学生…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    「これは絶対、ダブルスでやっちゃダメ!」自分が前衛のとき、後衛が打つ瞬間を見ること

    「えっ、これってダメなの?」と聞かれることがよくありますが、基本的にダ…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で前衛は、「センターラインを超えたらそのままチェンジ」でハッキリさせよう

    ダブルスの試合で前衛がポーチに動く、その後の動きは曖昧になりがち。…

  5. テニス スマッシュ

    ダブルス

    ダブルスで前衛にいるときに、パートナーの後衛から「前に行くね」と言われたら・・・?

    ダブルスの試合、パートナーとの打ち合わせで「前にいく」作戦を実行したい…

  6. テニス ダブルス

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    ストレス無く試合に勝つなんて、最初から考えない方が良い
  2. テニス ストローク

    ロブ

    「スライスロブとトップスピンロブ」は、両方使えてこそ威力を発揮する
  3. テニス ダブルス

    ボレー

    「ココに飛んだら、GO!」というサイン
  4. テニス ストローク

    リターン

    遅いサーブにリターンで身体が泳いでしまう人は、「自分の間で引き付ける」意識を強く…
  5. テニス 準備

    メンタル

    テニスの試合で、「一度リードして、さらに相手を引き離す」ために必要な考え方とは?…
PAGE TOP