テニス メンタル

日々の雑記

話やLINEが長い人は、テニスも何がしたいのかよく分からない

「テニスが上手くなるのは、どんな人ですか?」と、たまに聞かれます。

うーん、すごく難しいんですが・・・。

何となく、逆は分かる気がするんです。

皆さんの周りにも、こういう人いませんか?

 


 

「話やLINEが、やたらと長い人」。

いや、すごく丁寧な人も多いし、個人的に好きな人も多いんですけどね。

傾向として、こういう人は大抵、テニスも何がしたいのかよく分からない場合が多い、です。

テニスって、試合の中では素早い決断力が求められる。

決めて断つ、何かを捨てるように、何かを選択していく。

 

実際の試合では、相手に会話するように、テニスも仕掛けていくじゃないですか。

「ボレーはどう?」

「前は走れる?」

「ストレートケア、してばっかりだよね・・・」という感じで。

悠長に長い質問や会話、をしている時間なんて無い。

パッパッと、相手と素早くやり取りしていくリズム、が試合でも練習でもテニス選手には必要なんです。

もし、アナタが「何が言いたいのか、よく分からないな・・・」と周りから言われたら、黄色信号。

それって、思っても言ってくれていない人がほとんど、ということですからね。

言われなくても、「俺って話、長いかも・・・LINEの文章も・・・」と、気付かないと。

こういう感覚、テニス選手として大事にして欲しいんです、私は。

 

そんな私も、自分はすごく話が長いと・・・思っています。

文章も拙い、だからこそ「短くテンポ良く」を心がけているつもりです。

テニスを通じて、私はちょっとずつ変えていける自分に、出会えてきている。

これが楽しいから、テニスも記事の更新も、止められないんだと思います。

 

テニスって、突き詰めても遊びですし手段、でしかない。

その手段を使って、皆さんはどんな世界を自分で旅したいのか。

「テニスを通じて、こんなに自分が変われた」と思える人が、少しでも増えて欲しい。

そうじゃないと、楽しくないですからね。

試合に勝つためにチャレンジしていくこと、辛く険しい道ですが頑張っていきましょう!

ピックアップ記事

  1. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  2. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  3. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  4. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  5. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選

関連記事

  1. 日々の雑記

    メルマガ配信、登録を開始します!

    いつもT-PRESSをご覧頂き、ありがとう御座います。かねて…

  2. テニス 雑記

    日々の雑記

    「当たり前のことを、何回も言うなよ・・・!」と思ったら

    いつもサイトをご覧頂き、ありがとう御座います!サイトをリニュー…

  3. テニス ポジショニング

    日々の雑記

    久々に試合に出ると感じてしまう、「配球で何とかする」が通じるレベルは限られる

    先日の土曜日に、試合に出て来ました・・・というお話をしたと思うんですが…

  4. 日々の雑記

    インカレ会場で感じた、レベルに関係無く大事なテニスの基本について

    今年のお盆休みは、久々にインカレの試合を岐阜まで観戦に行って来ました。…

  5. テニス サイト

    日々の雑記

    LINEは便利だけど、慣れると怖いんじゃないかという話

    皆さん連休は、いかがお過ごしでしたか・・・?テニスをするには本…

  6. テニス 打点

    日々の雑記

    素人が挑戦しないスポーツの、未来は暗い

    それにしても・・・みなさんのアンケートを読んで頂いていて感じたのですが…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    メンタル

    試合の後には反省だけでなく、「ポイントが獲れたパターン」も客観的に確認して次につ…
  2. ストローク

    「深く打ちましょう」テニスの安定したストロークでの基本はバウンドの高さにあり
  3. テニス メンタル

    ストローク

    「スライスに慣れていない選手」が多い、学生の皆さんこそスライスを身に付けて欲しい…
  4. ダブルス

    センターセオリーは、なぜ試合で使えるのか?
  5. テニス メンタル

    シングルス

    全豪オープンでジョコビッチ選手を苦しめた「センター返球セオリー」は、シングルスで…
PAGE TOP