テニス メンタル

シングルス

テニスのシングルスの試合で、「ただひたすら、後ろで粘るだけの相手」に負けたくなければ、必要な4つの技術

シングルスの試合、勝ち上がるには必ず超えないといけない壁が「シコラー相手に勝つ」ということ。

具体的な対策を立てることで、アナタの今のテニスでしっかり勝ち切ることができるはず。

長い戦いは覚悟しつつ、具体的な作戦を持って挑みましょう!

 

テニスのシングルスの試合で、「ただひたすら、後ろで粘るだけの相手」に負けたくなければ、必要な4つの技術

 


 

1.手堅いネットプレー

まず序盤にネットプレーを見せておきましょう。

大事なのは、「厳しくないパッシングは、しっかり止める」というプレー。

決して決め急がず、ボレーでの手堅さをアピールして下さい。

ネットに近付き過ぎずに、サービスライン付近から1~2回つなぐイメージでOKです。

それだけで、粘る相手は嫌なものです。

 

2.ドロップショットを使う

相手を前に出して、主戦場を移しましょう。

バックハンド側に、多少甘いボールになっても問題ありません。

相手は攻撃自体を苦手にしているかも知れません。

もし「穴」を見つめることができれば、大事なポイントでドロップからのこの展開にもっていきましょう。

 

3.高い弾道とバウンド後に弾むストローク

ベースライン上にいれば、いくら粘りが身上の相手も浅いボールは攻撃してくる可能性がある。

であれば、ベースラインよりさらに後ろに下げておけば一安心。

ストロークの弾道を高くして、バウンド後に威力が落ちないストロークを身に付けておきたいところ。

しっかり骨盤を使った、厚いグリップのスィングを練習しておきましょう。

速いフラットのボールは、ミスが増えるだけですのでいりません。

 

4.ベースとなる体力

最初に書いたように、まずは長い戦いは覚悟しなければなりません。

1ポイントのラリーも、もちろん長い。

そんな中で落とす、獲るに対して一喜一憂しないこと。

体力に自信があれば、持久戦に対しても積極的になれますのでメンタル的に優位に進められます。

体力だけは、テニスの調子に左右されない、アナタの重要な武器になります。

 

粘る相手に対する「苦手意識」は、若い頃に付いてしまうとなかなか払拭できません。

しかし落ち着いて武器を確認して組み合わせれば、試合時間は長くなっても「組み立ててポイントが獲れる」という感覚も出てくるはず。

大抵、こういった相手には根負けしてしまうことが多いのが実際の試合。

まずは、長い戦いをしっかりプランを立てて戦い抜く。

成功経験を積んで、強くなっていきましょう!

ピックアップ記事

  1. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  2. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  3. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  4. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  5. 【応募受付完了しました】佐藤プロ&土居コーチ 無料レッスン 9/1(火) 15~…

関連記事

  1. テニス 言葉

    シングルス

    「ボールに勢いがない対戦相手」に苦労する、のは何でだろう?

    ポワーン、ポワーンとつないでくるだけのような相手。「勝ったな・…

  2. シングルス

    攻撃的なプレイヤーならあえて、「粘るイメージ」でシングルスの試合に入るのも悪くない作戦です

    アナタ自身、どんなプレーでシングルスの試合に入っているのか。意…

  3. シングルス

    シングルスでのリターンで、確実に優位に立つには?

    シングルスの試合で、リターンから攻撃していきたい。でも、サイド…

  4. テニス サーブ

    シングルス

    シングルスの試合では、「相手は簡単にミスしない」の精神で試合に入ること

    私は何度も、「相手からミスをもらうこと」の重要性を書いて来ました。…

  5. シングルス

    シングルスの試合でストローク戦を優位に展開する、「バックハンドの前後揺さぶり」攻撃について

    シングルスの試合で、ストロークから相手を揺さぶる。色々と相手の…

  6. シングルス

    「相手の逆を突ける」選手になれないと、シングルスの試合は勝てない

    もうすぐ全豪オープンも本戦開幕。いよいよ、今年もテニスシーズン…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ボレー

    シングルスの試合で上手くスライスを使ってくる相手には、早めにネットプレーを見せて…
  2. テニス フェデラー

    ストローク

    「今年流行のSABRにトライしたけど、やっぱり上手くいかない・・・」人は、ハーフ…
  3. ダブルス

    ダブルスの試合、セカンドサーブこそポーチチャンス
  4. テニス メンタル

    日々の雑記

    一番テニスをやりたい時期に、出来ないという試練が人を強くする
  5. テニス トレーニング

    テニス知識

    一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
PAGE TOP