テニス メンタル

シングルス

テニスのシングルスの試合で、「ただひたすら、後ろで粘るだけの相手」に負けたくなければ、必要な4つの技術

シングルスの試合、勝ち上がるには必ず超えないといけない壁が「シコラー相手に勝つ」ということ。

具体的な対策を立てることで、アナタの今のテニスでしっかり勝ち切ることができるはず。

長い戦いは覚悟しつつ、具体的な作戦を持って挑みましょう!

 

テニスのシングルスの試合で、「ただひたすら、後ろで粘るだけの相手」に負けたくなければ、必要な4つの技術

 


 

1.手堅いネットプレー

まず序盤にネットプレーを見せておきましょう。

大事なのは、「厳しくないパッシングは、しっかり止める」というプレー。

決して決め急がず、ボレーでの手堅さをアピールして下さい。

ネットに近付き過ぎずに、サービスライン付近から1~2回つなぐイメージでOKです。

それだけで、粘る相手は嫌なものです。

 

2.ドロップショットを使う

相手を前に出して、主戦場を移しましょう。

バックハンド側に、多少甘いボールになっても問題ありません。

相手は攻撃自体を苦手にしているかも知れません。

もし「穴」を見つめることができれば、大事なポイントでドロップからのこの展開にもっていきましょう。

 

3.高い弾道とバウンド後に弾むストローク

ベースライン上にいれば、いくら粘りが身上の相手も浅いボールは攻撃してくる可能性がある。

であれば、ベースラインよりさらに後ろに下げておけば一安心。

ストロークの弾道を高くして、バウンド後に威力が落ちないストロークを身に付けておきたいところ。

しっかり骨盤を使った、厚いグリップのスィングを練習しておきましょう。

速いフラットのボールは、ミスが増えるだけですのでいりません。

 

4.ベースとなる体力

最初に書いたように、まずは長い戦いは覚悟しなければなりません。

1ポイントのラリーも、もちろん長い。

そんな中で落とす、獲るに対して一喜一憂しないこと。

体力に自信があれば、持久戦に対しても積極的になれますのでメンタル的に優位に進められます。

体力だけは、テニスの調子に左右されない、アナタの重要な武器になります。

 

粘る相手に対する「苦手意識」は、若い頃に付いてしまうとなかなか払拭できません。

しかし落ち着いて武器を確認して組み合わせれば、試合時間は長くなっても「組み立ててポイントが獲れる」という感覚も出てくるはず。

大抵、こういった相手には根負けしてしまうことが多いのが実際の試合。

まずは、長い戦いをしっかりプランを立てて戦い抜く。

成功経験を積んで、強くなっていきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  2. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  3. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  4. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  5. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい

関連記事

  1. テニス 言葉

    シングルス

    「ボールに勢いがない対戦相手」に苦労する、のは何でだろう?

    ポワーン、ポワーンとつないでくるだけのような相手。「勝ったな・…

  2. テニス ボレー

    シングルス

    今すぐ、シングルスで強くなる秘策とは?

    シングルスの試合で、勝ちたいけど策が無い。そんな方に、今日は…

  3. テニス メンタル

    シングルス

    格上相手に、なぜ序盤が大事なのか?

    格上相手の選手との試合、厳しくなるのは・・・アナタ次第。序盤を…

  4. テニス リターン

    シングルス

    シングルスには、前衛がいないという事実

    シングルスの試合で、ストロークのミスが多い人。どこかで、ダブル…

  5. シングルス

    攻撃でも守備でも無い、その質は?

    現在、YouTubeで実施している企画、岩井選手の全日本への挑戦。…

  6. テニス 打点

    シングルス

    テニスの練習で簡単に諦める人が、試合でボールを追える訳が無い

    試合は練習のように、練習は試合のように。と思っていても、なかな…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. フットワーク

    ファーストボレーが安定している人は、何を考えてる?
  2. テニス ボレー

    ボレー

    ネットに近付けば近付くだけ、動作がシンプルでコンパクトになる
  3. メンタル

    「恥ずかしい」という殻を、今こそ破るべき
  4. テニス トレーニング

    日々の雑記

    大事なことは、何度でも書きます
  5. テニス フットワーク

    ストローク

    「バウンドの高さに合わせたテイクバック」で、テニスのストロークはより正確になる!…
PAGE TOP