テニス メンタル

シングルス

シングルスの試合での3球目、絶対に回り込みフォアバンドで攻撃していこう

シングルスの試合での攻めるポイント。

これは、まず基本の形から決めてしまいましょう。

サーブを打って、その次の返球された3球目のボール。

テニスの試合では、このボールを展開していかないといつまで経っても中級者の壁を突破出来ません。

 

シングルスの試合での3球目、絶対に回り込みフォアバンドで攻撃していこう

 

1.サーブを逆算出来るようになる

「でも、自分はサーブが弱いから・・・」と、思っている皆さん、だからこそです。

サーブの次、3球目を攻撃すると考えれば、必要なサーブが見えてくる。

サーブから攻撃していく、のがサービスゲームですからね。

いつまでも甘えている訳にはいきません。

しっかり、3球目で本気で攻撃しようと思ったら、必要なサーブってなんでしょう?

浅いリターンを引き出す、リターンのコースを限定させるようなサーブ、だと思いませんか?

 

2.セカンドサーブになると、当然苦しくなる

当たり前ですが、これも私がずっと書いてきていること。

でも、どこかで「セカンドが入れば、まぁ良いか・・・」と思っている人も多いでしょう。

シングルスの試合で、セカンドサーブになるとこういった3球目攻撃も一気にやりにくくなりますよね。

だからこそ、ファーストサーブが大事なんです。

3球目に攻撃しよう、と決めていれば、おのずとファーストサーブの確率が上がるはず。

メンタルって、そういうモノです。

 

3.いかにサーブで無理しないで良いか、が分かるはず

この形でポイントが獲れるようになると、すごく楽。

まずサーブで無理しないで良い、チャンスを引き出すくらいで良いと思えるようになる。

ダブルスでも、前衛に決めてもらえば良い、という感覚になりますからね。

当然、厳しいリターンが返ってくるときは攻撃が難しいときもあるでしょう。

でも、作戦を決めて臨めばその対応策も自分で考えられるはず。

シングルスの試合で、一番シンプルで実行しやすい作戦。

として、3球目から展開していくことは必ず、頭に置いておいて下さい。

 

対戦相手に、「この選手はリターンの次のボールで攻撃して来るな・・・」と思わせておく。

そうすると、リターンでもミスが増えるようになるんですよ。

深く、厳しく返球しないと・・・と自分にプレッシャーをかけてくれますからね。

この段階までもっていければ、効果を実感出来ると思いますよ。

ぜひ、試してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  2. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  3. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  4. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  5. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+

関連記事

  1. テニス フットワーク

    シングルス

    「走れないからシングルスには出ない」人ほど、ダブルスの試合も走れてない

    社会人、特に40代以上の方はほとんどがダブルスプレイヤー。試合…

  2. シングルス

    シングルスの試合でストローク戦を優位に展開する、「バックハンドの前後揺さぶり」攻撃について

    シングルスの試合で、ストロークから相手を揺さぶる。色々と相手の…

  3. シングルス

    相手を恐れていては、シングルスは勝負出来ない

    戦う前から、相手が怖い。すごく、分かります。試合では…

  4. テニス ダブルス

    シングルス

    対戦相手がテニスのギアを上げてきたときに、実践出来る効果的な対策4つ

    対戦相手が、急にペースを上げてくる。試合の終盤には、きっとそう…

  5. シングルス

    シングルスでのネットフォルト、とことん自分が損するだけ

    シングルスの試合で、セルフジャッジ。そんなときに、何気なく打っ…

  6. テニス ポジショニング

    シングルス

    シングルスで絶対絶命のピンチ!の場面では・・・どうする?

    相手のストロークで左右に振られる、追い付くのがやっとな場面。も…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス トレーニング

    戦術

    テニスの試合、戦い方を変えることを恐れては前に進めない
  2. テニス ストローク

    ボレー

    ボレーで身体が開く人は、ラケットを持たない手のひらを使おう!
  3. テニス トレーニング

    日々の雑記

    大事なことは、何度でも書きます
  4. シングルス

    「シングルスの相手が格上過ぎて、手立てが無い…」ときに粘る為に、必要なセンター返…
  5. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合でのサーブ、ファーストもセカンドも、「スウィングスピードは同じ」だか…
PAGE TOP