テニス 客観視

フットワーク

「テニスの試合で、手抜きは悪いこと?」自分の体力をコントロールするには意識改革が必要です

テニスは常に一生懸命、全力を尽くすスポーツ。

もちろんそれは大前提ではありますが、アナタ自身の体力には限界があります。

一生懸命走り回るだけでは、試合に勝つのは難しいですし、何よりトーナメントを勝ち抜いて試合数をこなすのはより難しくなります。

そこで今回はあえて、「手抜き」という言葉を用いて、テニスの試合での考え方を模索してみたいと思います。

 

「テニスの試合で、手抜きは悪いこと?」自分の体力をコントロールするには意識改革が必要です

 


 

1.「セカンドサーブ」をなるべく打たない

当たり前の話からで恐縮ですが、セカンドサーブを打つ回数はコントロールできます。

セカンドサーブは動作で体力を、緊張感でメンタルを削られてしまう、できるだけ避けたい過程です。

なるべくセカンドサーブを打たない、これも立派で有効な手抜きの1つです。

精神的な疲れが、かなり違ってくるはずです。

 

2.「スライスで崩せる相手は」遠慮無くスライスで体力温存

ストロークで体力を温存したいなら、お勧めはスライスショットです。

なぜならスライスはラケットを上から下に動かす動作なので、重力とラケットの重さでボールを飛ばすことができます。

意外と女性はスライスの返球を苦手にしている人が多いので、練習しておけばシングルスの試合でもとても役立ちます!

この後の項目にも繋がりますが、相手を前後に振り回すのにも、スライスは必須の技術です。

スピンだけのベースラインプレイヤーは、体力的に効率が悪い場合も多いので、特にベテランのプレイヤーの方は早めにスライスを身につけましょう。

 

3.打点を前、&ライジングでストロークに「無駄なパワー」は使わない

試合で最も多く使うであろうショット、ストローク。

スライスだけで無く打点を前にして、相手のボールの勢いを利用して返球しましょう。

その為には早い準備と、ライジングショットの意識を高く持つこと。

前でボールをさばけるようになれば、下がってストロークをする必要が無くなり走る距離も短縮できます。

錦織選手が、まさにこれのお手本ですね。

 

4.ネット際に走らされる前に、「相手を前後」に振り回す

テニスというスポーツは、前後に走ると異常に疲れるスポーツです。

アナタも経験があるかも知れませんが、特に試合では緊張感もあり、また走らされたあげくポイントを落とすとより、疲労感も蓄積されますよね。

手抜きをしながら相手の体力を奪うには、このパターンを使わない手はありません。

ドロップショットで前に出して、ロブで後ろに追いかけさせる流れを、練習から試合をイメージして反復練習しておきましょう。

 

5.自分自身の「ギアの上げ下げ」を意識し、プレーに幅を持っておく

手抜きの作法が理解できたら、あとは試合の中でどんなタイミングで使っていくかです。

ファーストサーブを入れていく、だけでは打ち込まれてしまいますし、スライスばかり多用しては相手も気付いてネットに詰めてくるかも知れません。

テニスは試合慣れした相手ほど、この駆け引きが試合の勝敗を大きく左右します。

あえて「手抜き」の姿勢を相手にアピールすることで、感情を煽ったりリズムを崩すこともできます。

 

動作はどんなに手抜き=体力を温存しても、頭はフル稼働。

テニスって、そんな競技です。

本当に良い試合を戦った後は、身体よりも頭が疲れているはず。

そんな試合をたくさん経験できるよう、テニスにおける神経戦に強くなりましょう。

このサイトも、「読んでいると疲れる・・・」というお声を頂くことが多くなりました。

一緒に頑張っていきましょう!

ピックアップ記事

  1. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  2. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  3. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  4. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  5. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…

関連記事

  1. テニス ストローク

    フットワーク

    「遅れてないか?軸足の使い分け判断」テニスの試合、フットワークは判断のスピードが大事!

    ストロークやボレー、スマッシュを打つ時に軸足が重要となる。例え…

  2. テニス サーブ

    フットワーク

    サーブ&ボレー、アプローチ、もっと「早く」に止まって待って良いと思う

    サーブ&ボレーや、アプローチショット、リターンダッシュ。テニス…

  3. フットワーク

    速いボールをボレー、スプリットステップのコツ

    相手の速い攻撃に、押されてしまう。反応出来ないし、いつも後手後…

  4. テニス ボレー

    フットワーク

    怖くても、相手が打ち込んで来るときには足下ケアで反撃の芽を作ろう

    ダブルスの試合で、自分が前衛にいる時に相手前衛が打ち込んで来る・・・。…

  5. テニス ポーチ

    フットワーク

    テニスにおいてダブルスが上手い前衛の選手は、「ポーチの後の動き」を観ればすぐに分かる

    ダブルスが上手い選手と聞いて、アナタはどんなプレイヤーを思い浮かべます…

  6. テニス ボレー

    フットワーク

    アレーにしっかりコントロールしたければ、横向きを徹底してボールに入ろう

    レベルが高い試合になってくると、当然ダブルスでも「アレー」に打つ機会が…

特集記事

  1. シングルス

    シングルスの試合で、「低い打点のストローク」はクロスに来る
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    ずるずる下がる並行陣、どうやって強くしていく?
  3. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーに苦手意識がある人は、「無意識のうちに、身体が逃げていっている」ことに早く…
  4. ダブルス

    意志は大胆な行動で、見せる
  5. テニス メンタル

    その他

    テニスで勝てる相手を増やすには、「例題をたくさん解いていく」つもりで、経験を積み…
PAGE TOP