シングルス

シングルスのネットプレーに必要な、基本ポジショニングの意識

シングルスの試合でも、ネットプレーが必要なのは分かった・・・けど・・・。

どうしても、相手に抜かれてしまうようなイメージしか湧かない、というみなさん。

良いポジショニングとアプローチショット、をしっかり組み合わせれば大丈夫!

相手だって、こちらのコートに入れないと失点な訳ですから。

コツは、しっかりと守備すべきテリトリーの真ん中を意識して前に出ること、です。

 

シングルスのネットプレーに必要な、基本ポジショニングの意識

 


 

1.シングルスの試合、は1対1の試合

ある意味、相手も一人ですから。

その人だけを動かして、その人だけに集中すれば良い。

いきなり前衛が出て来る、とかないですからね。

いつも通り、赤側がアナタ側だと思って、考えてみましょう。

青い相手に向かってサーブを打つ。

そのサーブ、まずまず深くて良い感じ、になって相手のボールが浅くなる。

これもしっかり想定して、どこのコースにアプローチを打つのか、は事前に考えておきましょう。

今回は青側の選手が右利きと仮定して、バックハンド側に展開していくことに。

右側、にアプローチショットを打って前に出ます。

と、まずここまではみなさんも試合で実践する、よくあるパターンですよね。

問題はこの後、の赤側=アナタ側のポジショニングです。

 

2.コートの真ん中、に立って本当に効果的?

結構試合を見ていると、こういうポジションに立ってしまう方、多いんですよね。

まぁ、気持ちは分からなくもないんですが・・・。

コートの真ん中、に立つことが、自分のコートを守ることになる。

これってちょっと、違います。

相手が打つコース、に応じてもっとポジションは柔軟に変えていかないとまずいでしょう。

今回のケースですと・・・。

まず相手のバック側にボールを運んで、前に出てネットプレー。

相手はバックハンド側に動かされるので、かなり厳しい状況でしょう。

ここから意識したいのは、テニスの基本は「ボールを打った方向に詰めていく」ということ。

なぜなら、ボールがある場所からしか、次のボールは放たれないからです。

ボールは1つ、だから、そのボールを打った方向に詰めることで、相手の打つコースを絞ることが出来る、触りやすくなることが出来る。

こういう感じで、右寄りに詰めていく方が実は試合で効果的。

ボールが右にあるので、この形だとダウンザラインも守りやすくなります。

真ん中で守っていると・・・このボール、触れますか?

実際に、バックハンドのダウンザラインのショットは得意な選手も多い。

それに、しっかり追いつかれたらクロスへの返球、パッシングショットだってあるかも知れないですしね。

その両方が守れる、テリトリーの真ん中、を意識しないといけません。

黄色のコース、青色のコース、両方をバランスよく触れる、のはこのポジションでしょう。

自分が打った方向に走って、ネットを取る。

そうすると、自然に左右どちらかに寄るケースが多いと思いますよ。

 

3.一般プレイヤーは、よりロブ警戒強めで!

プロ選手の試合ですと、パッシングショットが常套手段。

身長も高く身体能力が高いので、なかなかロブは使えないみたいですね。

でも、私たちの試合なら、もっとロブが来ると思っておいて良い。

追い詰められたら、パッシングショットよりもロブ、という選手が多いですからね。

ですので、そこは縦のポジションを調整する。

この斜線部分が触れる場所、でしっかり守る必要がありますね。

多少前に詰め過ぎてしまった、と思ったら少し下がるのも良いでしょう。

ただ、下がると今度はパッシングショットは触り辛くなりますから。

あくまで相手の特性を見ながら、ここは調整していきましょう。

 

シングルスのネットプレー、触れないのはポジショニングの問題、です。

技術的な問題、よりもまずは立ち位置の工夫でまだまだ試合は戦えます。

自分が打った方向に詰めて、相手が打てるコースの真ん中に立てるように。

ぜひ、意識してシングルスの試合でも、どんどん前に出ましょう!

ピックアップ記事

  1. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  2. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  3. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  4. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  5. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…

関連記事

  1. テニス ダブルス

    シングルス

    諦めずにボールを追えば、空のコートに打つ難しさを味合わせることが出来る

    最後まで諦めずに、ボールを追う。これって、本当に難しいし、特に…

  2. シングルス

    ジョコビッチ選手に見る「シングルスでのコートカバーリング」の技術4つ

    今年のグランドスラム、男子シングルスはまさにジョコビッチ選手の独壇場で…

  3. テニス ストローク

    シングルス

    シングルス試合での実践的なネットプレーは、「ゆっくりな速度のアプローチとフェイント」を混ぜていこう

    学生の皆さんやジュニアの選手の試合を見ていると、ネットプレーがほとんど…

  4. テニス シングルス

    シングルス

    アナタのシングルスの試合を勝利に導く、30のポイント

    シングルスの試合、自分一人の孤独の戦い。だからこそ、勝っても負…

  5. テニス ダブルス

    シングルス

    テニスのシングルスの試合では、「これでもか」という粘りを見せて初めて、相手は崩れていく

    粘り強い相手に、シングルスで負けてしまう。皆さんも何度か、経験…

  6. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合で、「ポイント間に自分と会話する」ことが出来ると、メンタル面が安定します

    シングルスの試合について、よく「メンタルが弱いのですが、何か対策はあり…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス 錦織圭

    その他

    私が改めて考えてみる、「錦織選手の強さは何か?」を紐解く7つのポイント
  2. テニス メンタル

    戦術

    アナタ自身の中で、「相手の粘り対策」をどの程度具体化出来てますか?
  3. テニス サーブ

    サーブ

    「サーブを打つポジション」で実力がある程度分かってしまう、その理由とは?
  4. 練習メニュー

    「初心者にまず何を教えよう??」最初のテニスの練習に、実は最適なアノ練習メニュー…
  5. テニス メンタル

    その他

    テニスコーチからよりも、本気の試合相手から受けるレッスンが一番
PAGE TOP