テニス ボレー

フットワーク

テニスのラリーの中で重要な、「打った後にポジショニングを戻す」という基本は見落とされがちです

テニスでは、打った後の構え直しが重要。

ゴルフのように打って終わり、というスポーツでは無いので、必ず相手の返球に対して準備しないといけない。

「ちゃんと構えてるよ!」という人も、実は打った後にその場所で構えているだけで、ポジションを戻せていないケースが多々あります。

まずは自分が打った後に、どういう意識と具体的な行動が必要か・・・。

それは、何度も練習して身体に染み込ませなければなりません。

 

テニスのラリーの中で重要な、「打った後にポジショニングを戻す」という基本は見落とされがちです

 


 

1.自分のボールに自信が無いと、行方が気になる

ストロークでもボレーでもサーブでも、自分の打ったボールに自信が無いと次への反応が遅くなる。

「入るかな・・・?」と思っても、もう打った後には何かを変えることは出来ないのです。

であれば、ラケットからボールが離れた瞬間に「構え直しながら、ポジションを元に戻す」ということを意識しましょう。

テニスは常にコート上を動いては戻り、を繰り返すスポーツ。

相手が打つ時に自分がいる場所は、イメージ通りのポジションですか?

常にこの問いかけを、自分にしてみて下さい。

 

2.速いボールばかり打っていると、ポジションを戻せない

自分が打って、「よし戻るぞ!」と思っても、相手が打つ時にはスプリットステップで止まらないと反応出来ない。

速いボールで攻撃するのは良いですが、自分のポジションを戻す時間が無いと、カウンターが上手い相手から反撃を喰らってしまうだけ。

特に自分が大きく左右に振られた時は、ポジションを戻す為にも遅いボールが必要になります。

こういったポジショングのミスは、意識次第で限りなく0に出来る。

対戦相手がつないでくるときも、この意識は大事。

ポジションを戻そうとして、後ろからフワっとした繋ぎのボールを打ってくるときには、あえてボレーでカットして時間を奪うテニスも必要。

勝つ為には、相手に「ポジションを戻す」時間を与えてはいけないのです。

 

3.「自分のテニスがしやすい場所」を探してみよう!

シングルスにせよダブルスにせよ、アナタが自分のテニスをしやすい場所を探してみましょう。

私であれば、シングルスは少し左に寄ってフォアハンドを空ける、そしてダブルスは並行陣が得意なのでサービスラインより1歩前、外側を空けてセンターを絞ります。

このポジションを基本に置いて、後は相手によって少し変えていく。

アナタ自身も、ぜひ自分のテニスを元に「基本となる場所」を考えてみて下さい。

好きなプロ選手から参考にしても良いと思います。

出来るだけその場所からプレーできるように、常に打ったらポジションを戻す、ということを意識してみましょう!

 

テニスコート、俯瞰して客観的に見ると結構広く感じます。

この広さを1人で、2人で守るには、相手が打つ瞬間にどの場所にいるかはとても大事。

自分のベースとなる居場所を作ると、観ている景色も安定しますので、ショットにも安定感が出る。

サッカーでもバスケでも、「この場所からのシュートは得意!」っていう選手いますよね。

テニスだって例外ではありません。

アナタ自身のポジションから、得意なショット、磨いていきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  2. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  3. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  4. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  5. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選

関連記事

  1. テニス メンタル

    フットワーク

    走力自体に対しては、テニス選手に大差は無い

    「なぜ、あの人はあんなに走れるのか・・・」「どこに打っても、拾…

  2. フットワーク

    試合でミスを減らすには、動き出しを早くするのが一番効果的

    ミスが多い、と試合で感じたら。まず、何をどう変えるべきかを準備…

  3. テニス ダブルス

    フットワーク

    最後のネットイン、まで信じて走れる選手になれてるだろうか?

    テニスの試合、ちょっとした場面でその人の強さが出る。私が観るの…

  4. テニス ボレー

    フットワーク

    「踏み込む着地は踵から」を意識するとテニスは劇的に上達する!

    ボールを打つのはラケットだけど、パワーを生むのは足である。腕力…

  5. テニス ストローク

    フットワーク

    西岡選手は自分の武器であるフットワークを、「小さなテイクバック」で活かしている

    「フットワークは、自分の武器です!」と、言い切れる人はきっと足…

  6. テニス メンタル

特集記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの前衛は、ネットに詰めてアングルボレーが基本です
  2. サーブ

    西岡選手おめでとう!でも、エルベ―ル選手も凄かった
  3. テニス ボレー

    ストローク

    両手バックハンドのストロークを振り切れない人は、テイクバックから更に肩を入れよう…
  4. サーブ

    サーブのトスは上げるんじゃなくて、自然に「上がる」感じで
  5. テニス 試合

    その他

    「知らないうちに、やってるかも・・・」テニスの試合会場で見かける、マナー違反な行…
PAGE TOP