テニス 環境

日々の雑記

テニスはこれから、「情報格差」の時代へ

数年前までは、情報格差なんてほとんど無かった。

みんなが同じようなテレビを見て、新聞を読み、知識や情報もそこまで差は無かったはず。

でも、そこにインターネットが出て来て、変わりましたよね。

上手く使いこなす人、全く使わない人。

良い悪い、は別として、テニスでもその差は大きくなりつつあります。

大会を探す、エントリーする、練習する場所を探したり、観戦出来そうな大会を見つけることも出来る。

YouTubeやTENNIS TV で動画を観ることも、立派なテニスにおける技術だと私は思いますよ。

「いや、何よりコートでの練習量こそ大事だよ」という声も、確かに一理あります。

でも、私は最近思います。

コート上だけで長時間練習している人は、実は勝負に弱いんじゃないかな、と。

何となく、試合の中で抑揚が無いんですよね。

ずっと同じようなペース、体力はあるし安定感もあるけど、「何かを興す」ようなワクワク感は無い。

それこそ、たまにしか練習は出来ないけど、コート以外でテニスに触れて、自分で考えて主体的に集中してテニスが出来る人の方が、私は試合向きだと思っています。

そして、そうなるには「情報格差」の世界で上の方にいること、が求められている。

何もハードルを上げる訳ではなく、これはテニス以外のどの業界でも起きていることでしょう。

「一人で黙々と、我流で頑張る」という人は結果が出辛いんです。



極端な例かもしれませんが、どんなコーチが指導してもなかなか上達しなかった人が、急に上手くなることだってある。

その人が、何をしたのか。

例えば、生で「本物」の選手のプレーを観たことがきっかけになったのかもしれない。

あるいは、ちょっとしたインタビュー、話すきっかけがあり、そこで感動してテニスに対する姿勢が変わったのかもしれない。

こういう小さいけど大きな刺激、衝撃は、みなさんにとって躍進のきっかけに成り得るんです。

もちろん、その土台となる部分は必要です。

ただ、ほとんどの人は「きっかけ」が無い。

毎日同じような生活で、同じような練習環境、ではテニスに変化が生まれない。

自分から主体的に動いて、差が出る時代なんですよ、今は。

「動画を観たって、上手くなる訳ないじゃないか」と思っている人は、ずっと損をするだけ。

上手くならなくても、何かきっかけが掴めるかもしれないのに、その可能性を放棄しているだけですからね。



何事も、迷ったらやってみる。

それでまた、考えれば良いんです。

やってみたけど、合わないからやらないのと、全く最初からやらないのでは雲泥の差です。

そしてそのスタンスはそのまま、アナタ自身のテニスに反映されます。

大事なことは、何度でも書きます。

一緒に、殻を破っていきましょう。

ピックアップ記事

  1. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  2. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  3. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  4. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  5. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①

関連記事

  1. テニス 客観視

    日々の雑記

    日本のスポーツ中継を観ていて、気持ち悪いと感じるのは私だけでしょうか?

    それにしても、「前からこんなだったっけ?」と、思ってしまう。高…

  2. 日々の雑記

    動画で新しい上達法、を示したい

    最近、YouTube動画チャンネルを開設してみました。まだまだ…

  3. テニス 部活

    日々の雑記

    自分探しの旅、テーマはテニスで

    最近、考えていることがあります。旅に出たい、と。旅と…

  4. テニス メモ

    日々の雑記

    テニスの成長は、点で考えずに線で考えよう

    いよいよ、本格的な夏、ですね。この時期は学生の皆さんはテスト期…

  5. 日々の雑記

    テニスの試合に強くなりたければ、経験に投資しよう

    8月も、もう後半。みなさん、お盆の時期はいかがお過ごしでしたか…

  6. 日々の雑記

    「昔は良かった、今は・・・」って、そんなことない

    この時期は、大学のテニスの試合が一区切り。体育会では公式戦のリ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. 戦術

    男子ダブルスのボレーは、振るより押し込みで
  2. テニス ボレー

    その他

    試合でよく見る、「相手前衛がサーバーを妨害する行為」はどこまで許される?の問題に…
  3. テニス ストローク

    フットワーク

    自分から速い球を打って、「返されると反応出来ない」のは、テニスで一番みっともない…
  4. テニス サーブ

    戦術

    テニスコートの現場から離れて時間が経つと、みんな上から目線になっていく
  5. 戦術

    「練習は試合のように、試合は練習のように」を実践する4つのコツ
PAGE TOP