テニス ストローク

ストローク

「両手バックハンドストロークのダウンザライン」をテニスの試合で打てるようになるポイント4つ

ジョコビッチ選手にマレー選手、ナダル選手、そして錦織選手。

トッププロ選手のバックハンドストロークは、その展開力にも優れ強力なダウンザラインでエースも獲れる。

ですが、実際に一般プレイヤー、特に社会人からテニスを始めた方にはダウンザラインへのストロークの展開を苦手にしている方も多いようです。

ちょっとしたコツを掴めば、両手の良さを活かしたバックハンドストロークが身に付きます。

 

「両手バックハンドストロークのダウンザライン」をテニスの試合で打てるようになるポイント4つ

 


 

1.「細かいフットワーク」を駆使してしっかりボールの後ろに入る

両手のストロークはリーチが短い。

だからこそ、細かいフットワークと早い準備は必須事項になります。

早くボールの後ろに入り、構えを相手に見せることでコースを隠して相手を惑わすことが大切。

意識して早く、ラケットを引いた状態でボールの後ろに入るようにしましょう。

 

2.「身体の開きを抑える為」に、必ず打点に目線を1.0秒残す

ダウンザラインへのショットは、ネットも高くつい打ったボールを気にして目線を早く前に移しがち。

ここはしっかり我慢して、打った後にボールを見ない=打点に目線を残すようにしましょう。

しっかりと、1.0秒、自分の中で時間を持つようにしてください。

「次の準備をしなきゃ!」と思った方、その通りです。

ですがまずフォームをしっかり固める為には、「バランスの良い打ち終わり」を身に付ける必要があります。

 

3.「今、自分が打っている位置」を正確に把握する

シングルスならシングルスのサイドライン、ダブルスならダブルスのサイドラインより内側にいるのか、外側にいるのか。

それによって打つコースが逆クロス気味にもなるケースもあります。

ダウンザライン=必ずベースラインと垂直な直線、ではないのです。

初中級者の方は、とにかく逆クロスの方向(右利きのバックハンドであれば左方向)にいかないように、少し甘くクロス気味に入っても最初はOK。

狙い過ぎてのサイドアウトのミスはもったいないので、注意しましょう。

 

4.「打点を落とさない」で、ライジングショットが打てるとより効果的

錦織選手の得意ショット、ダウンザライン方向へのバックハンドのライジングショット。

これは難しい技術ですが、アナタがテニスの試合で勝ちたいのであれば、身に付けておくべきショットです。

左利きのサーブのリターンにも有効ですし、早いタイミングで捕えることで、相手から時間を奪ってエースにすることができます。

決して、パワーは必要ありません。

高い打点で、しっかりと前で捕えることを意識して練習しましょう。

 

ストロークのラリーを展開するうえで大切なのは、「ストレートアピール」です。

クロスラリーをしていても、「いつかストレートに打って来そうだな・・・」という空気を、相手に感じさせること。

強い対戦相手から、そんな雰囲気を感じたことはありませんか?

しっかり練習してこの「ストレートへの展開アピール」ができるようになると、面白いことにクロスラリーでも相手が警戒することで主導権を握りやすくなります。

もちろん、アピールだけではなく、実際に打ててこそ相手にダメージを与えられるショット。

試合で勝ちたいなら、必須のこのダウンザラインの武器を磨いておきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合、急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  2. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  3. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  4. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  5. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう

関連記事

  1. ストローク

    ストロークの準備に苦手意識がある人は、「ラケットダウンスタートストローク」を試してみよう!

    トップスピン系のストロークを打つ時、フォアもバックもしっかりとラケット…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    力強いストロークで押して行きたい!人は、「打ち終わりでの肩の入れ替え」を意識すると、ボールに伸びが出…

    しっかり安定したグランドストロークは、ジュニアの頃からしっかり練習量を…

  3. テニス スライス

    ストローク

    横に走ってストローク、を少し膨らませたフットワークにして攻撃的に

    左右に走ってストローク、特にシングルスでは多いシチュエーションですよね…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    スライスのストロークの返球が苦手な人は、「膝の落とす位置」がまだまだ高い

    スライスのストローク、を打たれると急に崩れる人。男性のスライス…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で「スライスの山なりなボール」は、意外とストロークの返球で苦戦する

    テニスの難しいところ、それは「遅い」ボールのほうがなぜか、打ち返すのが…

  6. テニス 錦織圭

    ストローク

    シングルスの試合で有効な「相手を深く、えぐるストローク」を身に付けるためには…?

    テニスが上手い人のボールのイメージは、低くて速い・・・そんなイメージが…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ストローク

    ロブ

    前に出てロブで抜かれたときに、「後ろ向きのままロブで返球する」ための秘策とは?
  2. テニス ストローク

    ストローク

    「スタンスの使い分け」テニスのストロークのスタンスは、結局どれが良いの?
  3. テニス サーブ

    サーブ

    自分でコントロール出来ていないファーストサーブ、入ってもポイントにつなげられます…
  4. テニス ロブ

    テニススクール

    中級者から先のステップに、「自分中心を卒業する」という視点は欠かせない
  5. テニス メンタル

    戦術

    テニスはなぜ、技術だけでは勝てないのだろう?
PAGE TOP