テニス セルフジャッジ

ストローク

ラリーでつないだら、やられる・・・と感じたら、試してみたい作戦5つ

試合の中で、苦しい場面。

相手が強いと感じるのは、「つなげない」と感じる時でしょう。

シングルスでもダブルスでも、「つないだら、やられる」と思うと試合は厳しい。

でも、こちらが簡単に攻撃出来そうなボールは、なかなか来ない・・・ような時。

みなさんなら、どうやって試合を戦いますか?

 

ラリーでつないだら、やられる・・・と感じたら、試してみたい作戦5つ

 

1.前に出てネットプレー

お互いが後ろでの打ち合い、で厳しいなら前に出る。

これはシングルスでもダブルスでも、戦術の基本です。

自分が前に出ることで、相手の余裕を少しでも無くす、リズムに変化を付ける。

格上相手だからこそ、アナタ自身に必要なのは先手、です。

 

2.スライスを使う

同じつなぐのでも、スピンではなくスライス。

スライスを使うことで、相手の打点を下げることが出来てリズムも変わる。

「結局、打たれて終わりじゃない・・?」と思う方も多いと思いますが、スライスは独特の変化をするし、返球が苦手な人も多い。

また、アナタ自身の打点が少し後ろでも返球出来ますからね。

当てるだけ、ではなくスライスでもしっかりとラケットを振る。

日ごろからスライスでのつなぎ球も覚えておくと、試合でアナタを助けてくれるでしょう。

 

3.サーブのコースをガラッと変える

アナタ自身のサーブ、が読まれていてそこから劣勢になっている可能性も高い。

ダブルスの試合、結構ワンパターンなサーブで自滅している方は多いですからね。

サーブに自信が無いと、サービスゲーム自体が「つなぎ」みたいになってしまう。

ここは、思い切ってコース勝負。

今までのサーブをガラッと変えてみましょう。

ファーストサーブは捨てて、セカンドサーブ2回、ただしコーナーをしっかりと突く。

こういう姿勢、大事だと思いますよ。

 

4.ボールの軌道を高くする

つないでいるボール、浅く力が無い・・・ような時に、相手は乗って来る。

アナタ自身、アウトが怖くて浅いボールばかりになってはいませんか?

浅く低いボールは、相手にとって怖く無い。

高く深いボールなら、アナタ自身が構え直す時間もあるし大丈夫。

ただつないでいるだけで、やられている時は、大抵がボールが低いと覚悟しましょう。

 

5.つなぎながらも、カウンターを常時狙う

この意識があれば、相手もそう簡単には踏み込めない。

アナタ自身、粘りながらもしっかりカウンターで良い反撃どころを探しておく。

つなぐだけで頭がいっぱい、になってはダメ。

相手が攻撃して来る、なら態勢が崩れるかもしれないし、自分のボールの速さについていけていないような人も多い。

相手をよく見て、予測して、当たればしっかり反撃すること。

ただ粘る、つなぐだけなんて苦し過ぎますから。

 

強い相手との試合は、こういうことを考えないと。

ただつなぐ、ことをなかなか許してくれませんからね。

アナタ自身、しっかり準備しておきましょう。

まず、自分の弱い心に打ち勝たないと。

テニスの試合は、そこからがスタートです。

ピックアップ記事

  1. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します
  2. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  3. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  4. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  5. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム

関連記事

  1. テニス ボレー

    ストローク

    攻撃的なショットでの展開が、「特別なショット」になっては試合で勝てない

    相手と差を生み出すショット、皆さんは何ですか?フォアハンドスト…

  2. ストローク

    どうすれば、格上相手に戦えるのか?

    秋は、テニスの大会のシーズン。みなさんの中にも、勝ちたい試合…

  3. テニス 練習
  4. テニス サーブ

    ストローク

    ウィンブルドンの前に確認しておきたい「テニスにおけるスライスのメリット」5つ

    もうすぐテニスの一大イベント、ウィンブルドンが開幕。男子は錦織…

  5. ストローク

    ネットプレイヤーに対して、ロブ頼みを卒業しないと

    毎年、大事な大会で3回戦止まり。来年こそは、この壁を打破した…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークを力強くしたい人は、テイクバック時に前に出す腕を上げていこう

    ストロークをもっと、力強いものにしていきたい。きっと、学生から…

特集記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    何かを変えることは、過去の自分を否定することとは違う
  2. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュでネットミスが多い人は、「ラケット面下半分」にボールが当たっている可能…
  3. ダブルス

    前衛のポジション、基本に終始してない?
  4. テニス メンタル

    その他

    Q&A「テニスをするには、性格が優し過ぎると言われてしまいます。良いア…
  5. テニス ボレー

    ストローク

    ストロークのラリー戦、基本は「フォアハンドのグリップ」でしっかり構えよう
PAGE TOP