テニス メンタル

シングルス

「ポワーンとした、つなぐリターン」を許しているから、勝てない

シングルスの試合、勝てないしどう戦って良いのか分からない・・・という方へ。

なぜ、勝てないのかといえば、きっとアナタの「攻撃の視点」が曖昧だから。

攻撃って、相手コートにバンバン打っていく、だけじゃない。

相手が「逃げようとするボールを、つぶす」ことだって、立派な攻撃になるはずです。

 

「ポワーンとした、つなぐリターン」を許しているから、勝てない

 


 

1.シングルスの試合、リターンは余裕がある

ダブルスの試合と比較して、そうじゃないですか?

まず、相手前衛がいないですからね。

甘いリターンをバン!と決められることは無い、だからつなぐようなリターンが打てる。

でも・・・本当にそれを、許して良いんですか?

緩いリターン、せっかくアナタが良いサーブを打ったのに、そのつなぎだけで無効化されてしまう。

それって、相手を楽にさせるだけなんです。

 

2.「甘いリターンは、やられる・・・」と思わせないと

私なら、甘いリターンを素早くボレーしたい。

だからシングルスの試合でも、前に出る。

サーブ&ボレーをたまに見せることで、相手のリターンに「つなぐだけなら、仕留めるよ!」というメッセージを送る。

これって、シングルスのように自由にリターン出来るシチュエーションだからこそ、効果があるんです。

ダブルスだと、サーブ&ボレーする人多いですよね。

でも、シングルスだと圧倒的に少ない。

もったいないし、読者の皆さんはぜひチャレンジして欲しいと私は思います。

 

3.サーブ&ボレーを入れることで、何が起きるのか・・・?を想像してみよう

もし、アナタがたまにサーブ&ボレーを入れてみると、何が起きるのか。

相手は、「ポワーンとしたリターン」は打てなくなる。

低く、沈めるようなリターンを打とうと思って、頑張るでしょう。

その結果、ネットミスを誘えるはずです。

アナタ自身、たまにネットプレーを入れるだけで、相手は警戒心MAXになる。

警戒心が高まって、その結果ミスしてくれる・・・のは、アナタが引き出すべきこと。

だからこそ、シングルスの試合でサーブ&ボレー、が必要なんです!

 

シングルスの試合、「リターンは楽だな・・・」と思わせないこと。

それって、サーブだけの威力に頼ってもダメ。

サーブ+その次の動き=アナタ自身のサーブ、なんです。

この意識、ぜひシングルスで強く持ってみて下さい。

きっと相手のリターンミス、激増することでしょう!

ピックアップ記事

  1. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  2. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  3. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  4. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  5. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム

関連記事

  1. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合でネットに出るアプローチショットは、打った後のポジショニングが大事

    シングルスの試合、私は何度も「ネットに出よう!」と書いてきました。…

  2. テニス 錦織圭

    シングルス

    「全米オープン 錦織選手の敗退」に考える、シングルスでのシード選手との戦い方

    全米オープンでの錦織選手の初戦敗退。ショッキングなニュースが日…

  3. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合は「攻撃をしかけるタイミングが大事!」攻め急いでも自滅するだけ

    ジョコビッチ選手、またマレー選手に代表されるように、テニスのシングルス…

  4. テニス 準備

    シングルス

    シングルスの試合、例えば「4-4 30-30」のように絶対に獲りたいポイントのときは・・・?

    少し、イメージしてみて下さい。勝てばアナタは優勝、シングルスチ…

  5. テニス ダブルス

    シングルス

    シングルスの展開方法は、横の動きだけだとワンパターンになるので注意が必要

    テニスのシングルスの試合で、なかなか勝てないと悩んでいる方は、特に学生…

特集記事

  1. テニス ストローク

    リターン

    逆クロス方向へのリターン、を磨けば試合で強くなる
  2. テニス メンタル

    メンタル

    セルフジャッジの試合では、相手を納得させる「演技」が必要
  3. テニス トレーニング

    その他

    青山学院大学の箱根駅伝での強さを紐解けば、テニスに必要な要素も見えてくる!
  4. テニス サーブ

    サーブ

    「浅いスライスサーブ」が試合では必要な理由
  5. テニス 居場所

    リターン

    サーブがなかなか入らない相手ほど、実はリターンは難しい
PAGE TOP