テニス メンタル

シングルス

「ポワーンとした、つなぐリターン」を許しているから、アナタのシングルスは勝てないのです

シングルスの試合、勝てないしどう戦って良いのか分からない・・・という方へ。

なぜ、勝てないのかといえば、きっとアナタの「攻撃の視点」が曖昧だから。

攻撃って、相手コートにバンバン打っていく、だけじゃない。

相手が「逃げようとするボールを、つぶす」ことだって、立派な攻撃になるはずです。

 

「ポワーンとした、つなぐリターン」を許しているから、アナタのシングルスは勝てないのです

 

1.シングルスの試合、リターンは余裕がある

ダブルスの試合と比較して、そうじゃないですか?

まず、相手前衛がいないですからね。

甘いリターンをバン!と決められることは無い、だからつなぐようなリターンが打てる。

でも・・・本当にそれを、許して良いんですか?

緩いリターン、せっかくアナタが良いサーブを打ったのに、そのつなぎだけで無効化されてしまう。

それって、相手を楽にさせるだけなんです。

 

2.「甘いリターンは、やられる・・・」と思わせないと

私なら、甘いリターンを素早くボレーしたい。

だからシングルスの試合でも、前に出る。

サーブ&ボレーをたまに見せることで、相手のリターンに「つなぐだけなら、仕留めるよ!」というメッセージを送る。

これって、シングルスのように自由にリターン出来るシチュエーションだからこそ、効果があるんです。

ダブルスだと、サーブ&ボレーする人多いですよね。

でも、シングルスだと圧倒的に少ない。

もったいないし、読者の皆さんはぜひチャレンジして欲しいと私は思います。

 

3.サーブ&ボレーを入れることで、何が起きるのか・・・?を想像してみよう

もし、アナタがたまにサーブ&ボレーを入れてみると、何が起きるのか。

相手は、「ポワーンとしたリターン」は打てなくなる。

低く、沈めるようなリターンを打とうと思って、頑張るでしょう。

その結果、ネットミスを誘えるはずです。

アナタ自身、たまにネットプレーを入れるだけで、相手は警戒心MAXになる。

警戒心が高まって、その結果ミスしてくれる・・・のは、アナタが引き出すべきこと。

だからこそ、シングルスの試合でサーブ&ボレー、が必要なんです!

 

シングルスの試合、「リターンは楽だな・・・」と思わせないこと。

それって、サーブだけの威力に頼ってもダメ。

サーブ+その次の動き=アナタ自身のサーブ、なんです。

この意識、ぜひシングルスで強く持ってみて下さい。

きっと相手のリターンミス、激増することでしょう!

ピックアップ記事

  1. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  2. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  3. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  4. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  5. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと

関連記事

  1. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合で、「ストロークで相手の逆を突けたら、迷わずネットへ出る」ことで試合を優位に進められ…

    最近、プロ選手のシングルスの試合を観ていると、特に女子選手でもこういっ…

  2. シングルス

    シングルスの試合で、全くネットに出てこない相手ほど楽な相手はいない

    シングルスの試合で戦っていて、みなさん感じることはありませんか?…

  3. テニス メンタル

    シングルス

    テニスのシングルスの試合を「1日3試合勝ち抜く」為に必要な考え方5つ

    テニスの大会、トーナメントは過酷です。1日に何試合もこなさなけ…

  4. テニス ダブルス

    シングルス

    シングルスの展開方法は、横の動きだけだとワンパターンになるので注意が必要

    テニスのシングルスの試合で、なかなか勝てないと悩んでいる方は、特に学生…

  5. テニス 調子

    シングルス

    今出来るテニスで精一杯戦うことは、アナタが思っている10倍は難しい

    自分が出来るテニスを、やり切ること。言葉では簡単なようで、何と…

  6. テニス ストローク

    シングルス

    意図的に浅いボールを打ってネットダッシュ、はシングルスで超絶使える基本パターン

    オムニコートでの試合、先日のインターハイをネットで観戦していたときに、…

特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーのコツは、少しラケット面を内側に向けること
  2. テニス

    テニススクール

    テニススクール生がセンターケア出来ない、本当の理由
  3. テニス 試合

    練習メニュー

    こだわりを捨てて、「上手い人をどんどん真似る」ことが出来れば、上達は早い
  4. テニス ボレー

    戦術

    テニスの試合では「対極のショットを同じ構えから組み合わせる」ことで、相手を惑わす…
  5. テニス 人脈

    その他

    「テニスの人脈作り」よりも、「アナタとテニスがしたい」と言われるようになって下さ…
PAGE TOP